(写真=Syda Productions/Shutterstock.com)

絶対にリバウンドしない家計をつくるたった一つのコツ

自動家計簿・資産管理サービス「マネーフォワード」を提供する株式会社マネーフォワードのグループ会社が2018年3月、「mirai talk お金の体質改善アプリ」の提供をスタートしました。

家計の悩みを相談できるお店「mirai talk」でお金のパーソナルトレーニングというサービスを利用する方限定のアプリです。「お金の体質改善」ということで、家計の収支改善はもちろんですが、その後も一生きちんとお金をコントロールできる力を身に付けるためのサポートをしてくれます。

このサービスをよく見てみると、家計を改善するために最も大切なことがわかりました。

どうやって「お金の体質改善」をするの?

このアプリが他の家計簿アプリと大きく違うのは、お金のパーソナルトレーニングとセットになっているという点です。

このお金のパーソナルトレーニングでは、実際にお店に行って、ファイナンシャル・プランナーと定期的に面談をすることになります。将来やりたいことや現在のライフスタイルなどを話して、それを踏まえて一緒に目標設定をして、ひとりひとりに合わせた家計改善アドバイスをもらいながら、お金を管理する力を1年間かけて身に付けていくことができます。

お金の体質改善の肝は「お金の価値観」

そのトレーニングの中で、特に重要視されているのが「お金の価値観」を形成するということです。「お金の価値観」がはっきりしていると、自分にとって今必要な支出とそうでない支出を見極めて判断することができます。満足いくお金の使い方ができるようになり、無駄遣いが減って、収支が改善するというわけですね。

このサービスでは他にも、ライフプラン診断や保険の見直し、資産運用のサポートなども一緒に受けられます。手厚いフォローがある中で、1年という時間をかけて、じっくり自分やお金に向き合っていくことが、貯金力を高める「お金の体質改善」に繋がるのですね。

お金も「敵を知り己を知れば百戦危うからず」

孫子が遺した兵法の一説で「敵を知り己を知れば百戦危うからず」という言葉がありますが、戦ではなくお金でも同じことが言えます。自分とお金のことをきちんと理解してさえいれば、失敗はしなくなります。

お金に振り回されないように、まずは自分のことをよく知ることが大切です。自分は何があれば満足なのか、何を目指しているのか、それにはいくら必要なのか、など、自分のお金に対する考え方をきちんと把握しておきましょう。ブレない軸を持っている人は、周りに流されることなく、メリハリをつけてお金を使っていくことができるので、節約がストレスになることなく自然と貯金ができます。

お金のことを知る方法

次に、お金のことを知っておきましょう。どんなものがいくらで手に入るのか、どうすればコストを下げられるのか、これからの経済や金融のことなど、知っておきたいことはたくさんあります。

「お金の勉強力」をアップするためにまず女性におすすめしたいのが、気になったことがあった時に「まずは検索してみる癖」を付けることです。保険でも格安スマホでも何でもいいのですが、興味が湧いた単語があればすかさず、ネットの検索窓に入力します。どんなサービスなのか?利用者の評判はどうか?など、スマホがあればその場ですぐにチェックできますよね。

教科書のような難しい説明よりも、その業界で働いた経験がある人がこっそり話す裏話のようなものの方が役に立つこともあります。

そういった話を気軽に聞ける人が身近にいればいいのですが、そうでない場合は、インターネットで検索したり、ファイナンシャル・プランナーなど客観的なアドバイスをくれるプロに相談してみてもいいでしょう。 

自分とお金を知ることから始めよう

ひとりひとり体質が違うように、お金の価値観も最適な向き合い方も人それぞれです。自分とお金のことをよく知り、それを見極めるのが家計改善のコツですよ。

文・馬場愛梨(ファイナンシャル・プランナー、心理カウンセラー)

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集