(写真=mythja/Shutterstock.com)

タオルソムリエ、妖怪…知って楽しい変わり種「ご当地検定」4選

あなたの知識も大切な財産。国内旅行へ行くにしても、その土地の歴史や文化を知っているのと知らないのとでは楽しみの奥行きが違ってくるでしょう。

知っておくと日常がほんのちょっぴり楽しくなりそうな、ユニークな「ご当地検定」を紹介します。

境港妖怪検定 (鳥取県)

境港妖怪検定は、人気妖怪漫画作家水木しげる氏の出身地である、境港商工会議所と境港市観光協会が主催するご当地検定です。

日本各地に伝わる妖怪や伝承についての知識を問うもので、初級・中級・上級があります。各級の合格者には、合格証書と「妖怪博士」ピンバッジが授与されます。鳥取県境港市だけでなく、東京都調布市でも試験を受けることができますよ。直近では2017年10月22日に試験が行われました。

北国のガーデニング知識検定 (北海道)

札幌商工会議所が主催するご当地検定で、北海道という積雪寒冷地での庭づくりについての知識と技能を高める検定です。北海道に適した品種や栽培方法などを学ぶことで、植物への愛着を深めることも目的としています。

合格すると、「北海道ガーデニングマイスター」に認定され、会議所から研修やセミナー、ガーデニングに関するイベントの情報が届くようになります。直近の開催は2018年3月17日でした。

ナマハゲ伝導士認定試験 (秋田県)

男鹿観光協会が実施している「ナマハゲ伝導士認定試験」は、秋田県の伝統文化であるナマハゲの作法やしきたりを知ることができます。試験に向けた研修会や講義も実施されていて、専門家からナマハゲについて学ぶことができます。直近の開催は2017年11月19日でした。

タオルソムリエ資格試験 (愛媛県)

タオルにはどのような種類があるのか、種類によって何が違うのか、どのように使い分けたらよいのかを知り、人やシーンに合うタオルを選ぶことができる専門アドバイザーがタオルソムリエです。直近の試験は2017年9月14日に実施されました。今治タオル工業組合が主催しています。

あなたのふるさとのご当地検定は?

新しい知識を身に着けることで、日常生活が一段と楽しくなることでしょう。

もしかしたら、あなたのふるさとにも実は意外な検定があるかも?

文・矢尾ともこ(ファイナンシャル・プランナー)

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集