(写真=Natee Meepian/Shutterstock.com)

伊勢海老、懐石…週末トリップにおすすめグルメ観光列車5選

春のおでかけに「観光列車」はいかが?

地域の四季や伝統工芸の魅力を感じられる観光列車5つを紹介します。

千葉・いすみ鉄道「レストラン・キハ」

「レストラン・キハ」は、昭和の国鉄形気動車「キハ28」やムーミン列車の車内テーブル席で、伊勢海老を使った食事を味わえるレストランです。千葉県のいすみ鉄道が運行しており、昭和の名残を感じる趣ある列車の車内には、木目調のテーブルなどが配置され、落ち着きのあるレストランへと生まれ変わりました。

運行日:土・日曜 ※詳しくは旅行会社や公式サイト参照
出発駅:大多喜
料 金:6,800円~
問い合わせ:0470-82-2161
公式サイト:http://www.isumirail.co.jp/restaurant-kiha

京都・北近畿タンゴ鉄道「丹後くろまつ号」

別名「海の京都」とも呼ばれる丹後半島は、素晴らしい海の景色と情緒ある美しい街並みが自慢の地域です。そんな美しい景色のなかで漆黒の車体を光らせて走るのが「丹後くろまつ号」です。

金曜、土曜、日曜祝日の運行で、コースは「ブランチコース」、「ランチコース」、「スイーツコース」の3種類。地元のホテルやカフェの料理人たちが腕を奮った特別メニューを味わうことができます。

運行日:金~日曜・祝日 ※詳しくは旅行会社や公式サイト参照
出発駅:福知山
料 金:4,800円~
問い合わせ:0772-25-2323
公式サイト:http://trains.willer.co.jp/?r=1

岐阜・明知鉄道「寒天列車」

岐阜県の明知鉄道沿線にある岐阜県恵那市山岡町は、細寒天の生産量日本一の町です。その名物である細寒天を車内で味わえるのが、明知鉄道の「寒天列車」です。寒天を懐石料理にアレンジして提供しています。

寒天は低カロリーで食物繊維を多く含み、血圧やコレステロール・血糖値を下げる効果も期待されています。一度、味わってみては?

運行日:4~9月の火~日曜 ※詳しくは旅行会社や公式サイト参照
出発駅:恵那
料 金:5,000円
問い合わせ:0573-54-4101
公式サイト:http://www.aketetsu.co.jp/

愛媛・JR四国「伊予灘ものがたり」

愛媛県の「伊予灘ものがたり」は、夕日をイメージした茜色ベースの1号車と、太陽と特産品の柑橘類の輝きをイメージさせる黄金色の2号車とで編成される観光列車です。

1日4便の運行があり、それぞれ「大洲編」「双海編」「八幡浜編」「道後編」と名付けられ提供されるお食事は異なっています。レトロモダンな車内で四国・愛媛ならではのおいしい食事を味わいながらゆっくりくつろぐことができるでしょう。

運行日:火、木、土、日曜日と休日 ※詳しくは旅行会社や公式サイト参照
出発駅:松山
料 金:4,430円~
問い合わせ:087-825-1662
公式サイト:http://iyonadamonogatari.com/

長崎・JR九州「或る列車」

1906年に九州の鉄道会社が発注したものの、ほとんど日の目を浴びることのなかったアメリカ製の幻の豪華列車、通称「或る列車」を再現したのがこの観光列車。クルーズトレイン「ななつ星 in九州」に次ぐ、豪華な空間の中で地元食材を用いた「スイーツコース」が提供されています。スイーツコースとは言え、九州の肉や魚、魚を使った「小箱」やスープなどから始まり、スイーツが3品、最後にミニャルディーズ(お茶菓子)を楽しむことができます。

運行日:金~月曜を中心に運行 ※詳しくは旅行会社や公式サイト参照
出発駅:佐世保、長崎駅
料 金:基本プラン 1人2万4,000円~
問い合わせ:092-289-1537
公式サイト:http://www.jrkyushu-aruressha.jp/

時間を贅沢に使う「列車の旅」はいかが

新幹線や飛行機を使えばスピーディーに移動できる現代、あえて観光列車でゆっくり過ごすのは、ある意味贅沢かもしれません。週末のプチ旅行の選択肢に入れてみては。

文・矢尾ともこ(ファイナンシャル・プランナー)

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集