(写真=PHOTOCREO Michal Bednarek/Shutterstock.com)

夫が独立に失敗。借金400万円を前に妻が差し出した「あるもの」とは?

女性の自立心の問題なのかもしれません。

こんにちは、婚活FP(ファイナンシャル・プランナー)山本です。

まだまだ不況の終わりが見えない昨今の日本ですが、だからこそ就労環境が悪化する中、最近では「起業・独立」を目指す方も比較的よく聞くようになりました。ただ、やはり失敗する方も多いですし、結婚後に夫が独立を言い出したら、妻としてはどうすべきなのでしょうか。

今回は、「独立に失敗した夫を助けた女性」の実話をお伝えします。

あなたの夫婦生活に、そして人生にお役立て下さいませ。

激務に耐えかね、夫が独立を決意

結婚, お金, 独立 (写真=Motortion Films/Shutterstock.com)

あるところに、30代前半の既婚女性、陽子さん(仮名)がいました。陽子さんは4歳になる娘の花梨ちゃん(仮名)を育てながら、近所のスーパーでパート勤務をしています。

陽子さんは20代後半で結婚しました。夫は同じく30代前半の男性、雄二さん(仮名)。現在は中堅企業に勤め年収は約500万円です。

ある日、突然雄二さんが会社を辞め、独立したいと言い出しました。

雄二さんは、会社の業績が芳しくなく、かなりの長時間労働になっていました。その結果、会社内の空気も相当悪くなってしまっていたようで、雄二さんはドンドン元気を失っていたのです。そんな中で、雄二さんが出した結論が「独立」でした。

陽子さんは、すごく不安だった一方、雄二さんの変化を間近で見ていただけに、強く反対できませんでした。

結局雄二さんは独立を決心し退職。家の貯金500万円と融資500万円、合わせて1000万円を元手に開業しました。

鳴かず飛ばずで独立後3年以内にアッサリ倒産

結婚, お金, 独立 (写真=gpointstudio/Shutterstock.com)

少なくとも当初、雄二さんは希望に満ち溢れ、すっかり元気を取り戻すことができたそうです。そしてこの点だけは、本当に陽子さんも嬉しかったといいます。よっぽど勤め先には、窮屈感が漂っていたのでしょうね……。

雄二さんは本当にがんばりました。当時の得意先や関係者など、これまで培ってきた人脈を片っ端から当たり、さらに名刺交換会などにも顔を出し、ホームページも開設し、考え付く限りの行動を起こしたそうです。このあたりは、独立した方なら誰もが通る道ですね。

ですが、やはり独立は簡単ではありませんでした。そもそも業界自体が不況なのですから、ある意味で当然かもしれません。

しかも残念なことに、これまで雄二さんが立派に仕事をできたのは、会社の看板があったから。社員だったからこそ、だったのです。何をしても、一向に売り上げは上がりませんでした。

余談ですが、一般的な創業では当初3年間は売上ゼロでも当たり前なので、3年分以上の回転資金がないと厳しいと、筆者の知り合いの税理士は言っていました。

結局、雄二さんは3年を持たずに倒産。残ったのは400万円の借金でした。

現実は厳しく残酷なものですね……。そしてこうなって初めて、雄二さんは陽子さんと花梨ちゃんのことを考え、反省と後悔の念でいっぱいになったといいます。

落ち込む夫に妻が差し出したものは……

結婚, お金, 独立 (写真=Yulia Grigoryeva/Shutterstock.com)

雄二さんは、本当に見ていられない程に落ち込んだと陽子さんはいいました。放っておくと、自殺しかねないほどの落ち込みようだったとのことです。

そんな落ち込む雄二さんに、陽子さんはあるものを差し出しました。

それは……なんと「公務員試験の合格証」です。実は陽子さん、雄二さんの独立が失敗することも見越して、雄二さんの独立直後から勉強を重ね、そしてこの度、合格していました。

さらに、それだけではありません。残った借金400万円を清算するために、陽子さんが結婚前に貯めていた貯金すら、差し出してきたのです。

陽子さんは言いました。「これからまた、2人で一からがんばりましょう」

再就職し、世帯年収800万円に

結婚, お金, 独立 (写真=Antonio Guillem/Shutterstock.com)

その後、雄二さんは再就職し年収約400万円、陽子さんは公務員となって年収約400万円、世帯年収800万円となりました。

現在、共に30代後半の二人は、独立当時のことを振り返る度に、後悔しつつも「良い思い出」と捉えておられます。

またあれ以来、雄二さんは恩返しのつもりなのか、陽子さんが困るほどに尽くしているそうですから、本当に「終わり良ければ全て良し」かもしれません。

失ってはじめて気付く、会社のありがたみ

結婚, お金, 独立 (写真=ESB Professional/Shutterstock.com)

あなたの夫が突然「会社を辞めて独立したい」などと言いだしたら、あなたならどうしますか?意外と最近、独立する方の中には「会社がイヤだから」を理由にする方がおられます。

本当に夫が独立を強く決心したら、中々引き留めるのは難しいかもしれません。

特に夫の方が妻よりも年収が高い場合、なかなか夫の決断には口を挟みづらくなるかもしれません。

ですが……ハッキリいって、独立は甘くありません。

一昔前なら「10社創業して、3年生き残るのは2社程度」と言われていましたが、法改正で、資本金ゼロで創業できるようになった今は創業者が増えたものの、10年生き残るのは全体の6%程度とされています。

また、筆者も経験者だからこそ分かるのですが、どうしても会社に勤めていると、給料や休日は、あって当たり前ですから、それらの価値が分からないのです。そして、失ってはじめて会社のありがたみを理解し、出戻る方も本当に多いのが独立開業の基本といえます。

「年収を上げる努力」は常に大事

結婚, お金, 独立 (写真=AimPix/Shutterstock.com)

陽子さん曰く「離婚?考えもしませんでした。だって結婚式で苦楽を共にすると誓い合ったのですから」との事でした。

陽子さんとしては、仮に夫の独立が成功していたとしても、子育てが一段落したら正社員に戻りたいと思っていたので資格を取っておいたそうです。

以前、夫の賞与カットで家庭崩壊の危機を迎えた女性がパート時間を倍にして夫を助けた話もご紹介しましたが、あなたなら夫がピンチの時どうしますか?

今は正社員でも、大手企業勤めであっても、いつリストラや倒産があるか分からない時代です。もはや今は、ただ仕事をがんばっていれば生涯の安心が約束されているわけではない時代に突入しています。

常に未来に備えるためにも、結婚後も年収を上げることを諦めず、努力し続けることをおすすめします。

苦楽を共にする覚悟が婚活をラクにする

結婚, お金, 独立 (写真=lzf/Shutterstock.com)

ところで、あなたが婚活中の身であるなら、独立する可能性のある男性、または独立している男性は結婚相手候補になりえますか?

すでに十分な成功を収めている男性なら当然OKかもしれませんが、まだ独立直後などの先が見えない段階で、結婚相手としてふさわしいかどうか……悩まれる方もいるかもしれません。

そんな時は独立云々はいったん置いておいて、「苦楽を共にする覚悟ができるかどうか」という思いで婚活に臨むと、一気に気持ちがラクになるかもしれません。

婚活が難しい理由の一つは、相手に求めるハードルを下げられないから。そして下げられない理由は「結婚して苦労したくないから」ではありませんか。

「苦労したくない」。その考えで、不安定が当たり前になってしまったこの時代をしなやかに生きてゆくことができるでしょうか。

むしろ苦労を乗り越えられるパワーを手に入れた方が、自分のやりたいことをやれる自由は増えるでしょう。まさに投資と同じで、闇雲にリスクを避けたい、苦労したくない心理は、かえってリスクや苦労をもたらしてしまうことが多々あります。

もし陽子さんが雄二さんに頼りっきりの性格だったら、この夫婦はどうなっていたのでしょうか……。おそらくは、夫婦揃って共倒れだったでしょうね。

頼りたい気持ちはよしとして、その上で自分の努力も欠かさないようにしましょう。

【こちらの記事もおすすめ】
ラブストーリーは「必然」に。年収2000万円の男性と出会えた場所とは?
パートナーを探しながら銘柄探し♪ 婚活関連銘柄7選
独身・既婚それぞれどんな所得控除が使える?ケース別で考える

▲最新記事はTOPページから

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集