(写真=lenetstan/Shutterstock.com)

結婚を決めたカップル、家を買う時期はいつがベスト?

結婚前・新婚・出産後。それぞれのメリット・デメリットとは?

結婚に向かって毎日ハッピーな日々を過ごすカップルにとって、「ところで新居はどうする?」という話題がでてくることもありますよね。

とりあえずは賃貸にする?
それとも、いっそのこと家を買う?
などと選択肢があるなかで、家を買うとしたらタイミングはいつがよいのでしょうか。

そこで今回は、カップルが家を買うときに想定されるさまざまなタイミングを挙げ、それぞれのメリットやデメリットを紹介します。

結婚する前に家を買ったらどうなる?

家を買う, 時期, 新婚 (写真=Sergey Peterman/Shutterstock.com)

お互いの両親にも会ったし、結婚することは本格的に決まったけれど、現時点では「婚約中」。そんな、書類上ではまだ夫婦となっていないタイミングで家を買うということは、少ないケースかもしれません。

しかし、実際にはもう何年も一緒に住んでいる「同棲カップル」であれば、結婚の約束を機に「もう少し広い家に住みたいし、どうせなら買ってしまおうか」という流れになることも。

そんなタイミングで家を買う場合のメリット・デメリットを見ていきましょう。

・結婚前に買うメリット

カップルの年齢にもよりますが、例えば、2人が20代後半から30歳くらいだとすると、住宅ローンの返済が早い年齢から始まるため、完済する年齢が早く到来する点はメリットとなるでしょう。

新しい家を購入するための資金として、婚約中であっても住宅ローンの申し込みは可能であり、カップルの収入を合算することもできます。

また、多くの金融機関で住宅ローン完済時の年齢上限は80歳となっていますので、45歳までなら住宅ローンの返済期間最長である35年ローンを利用できます。返済期間の長い住宅ローンを利用すれば、その分、月々の返済額を減らすことも検討できますね。

もし30歳前後のカップルなら、35年の住宅ローンを利用しても完済年齢は65歳頃。住宅ローンの存在は、老後の生活設計を考えるうえでも大きく影響します。

・結婚前に買うデメリット

結婚前に家を買うことのデメリットは、ズバリ「婚約解消になるリスク」でしょう。そのときは幸せの真っただ中であっても、結婚目前になって残念ながらうまくいかなくなるケースもあるのは事実です。

万一このようなことになったら、いったいどうなるのでしょうか。

仮に、家を買う資金として住宅ローンを利用していたら、もちろんその住宅ローンが消えることはありません。婚約中に申し込む住宅ローンはカップルのどちらも債務者になっている場合が多く、もし婚約を解消したとしても、住宅ローンは2人それぞれに残ることになります。

どちらかが相手の住宅ローンを引き受けることもできますが、その場合、引き受けた金額を合算したうえで、あらためて住宅ローンの審査を受けなければなりません。

そもそもカップルが若ければ、収入面から言っても相手の住宅ローンを引き受けるのは簡単でないでしょう。そのため、婚約解消したカップルの多くは、その家を売るという方法を選択することが多いようです。

もちろん、買った価格で売れることは期待できません。結婚前の不動産所有は少々リスクがありそうですね。

新婚の時に家を買ったらどうなる?

家を買う, 時期, 新婚 (写真=Syda Productions/Shutterstock.com)

めでたく結婚したばかりのカップルなら、最初はとりあえず賃貸マンションやアパートに住むというケースも多いでしょう。最初は同居生活を育んでいくことも重要ですよね。

暮らしに慣れてきて、「なんとなく部屋も手狭な感じになってきたかも……」という頃にマイホームの購入を検討し始める夫婦は少なくなさそうです。夫婦2人暮らしであれば引っ越しもしやすく、かえって計画しやすいかもしれません。

では、新婚のタイミングで家を買うとどんなことが想定されるか見てみましょう。

・新婚の時に買うメリット

夫婦2人生活のタイミングで家を買えば、「人生の大きなイベントを1つクリアした」という将来設計を早めに経験することになります。

結婚し、子どもができて、家を買って……と、人生のイベントは数多くありますが、マイホームの購入はひとつ資産を築くということ。責任を伴うとともに、夫婦の土台もしっかりと固められるでしょう。

早い年齢から住宅ローンの返済がスタートすれば、ローンの完済も早い時期に訪れます。子育てが始まれば教育費と住宅ローンが重複することになりますが、それはどこの家庭も同じこと。それよりも、高齢になったときに住宅ローンが残っているか、完済しているかの差は大きいものです。

・新婚で買うデメリット

「子どもは1人と決めている」などと、家族構成をある程度思い描いて家を買ったものの、実は子どもが2人になった、3人になった……というケースは十分にあり得ます。また、双子だったなど想定外の状況になるかもしれません。場合によっては、将来的に部屋数が足りなくなるということも。

また、夫婦2人での暮らしと家族が増えたときの暮らしでは、家計の状況も変わってきます。夫婦共働きであれば、初めは家計にゆとりを感じられるかもしれませんが、その流れで住宅ローンを組んだ場合、家族が増えたら想像以上に出費が重なり、ローンが負担になってしまった、というケースもあるでしょう。

将来的といえば、子どもの学区問題で失敗するケースもあり得ます。夫婦だけなら、家を選ぶ基準は駅に近い、通勤に支障がないといったことだけで済むかもしれません。しかし、子どもがいる場合は、子どもが通う学校の評判や通学のしやすさなど、教育の環境として適しているかなども含めて考えるべきことが増えます。

新婚時に家を買う場合、家の存在が将来の子育てにおける方針を左右する可能性もあることを自覚しておかなければなりません。

子どもが生まれてから家を買ったらどうなる?

家を買う, 時期, 新婚 (写真=Romanova Anna/Shutterstock.com)

子どもが生まれてから家の購入を検討する夫婦がもっとも多いのではないでしょうか。子どもの誕生、小学校入学など、タイミングによってもメリット・デメリットが変わってきます。

・子どもが生まれてから買うメリット

結婚し、子どもが生まれてから家を買うメリットは、マイホームでの生活をより現実的にイメージできる点です。子どもがいる暮らしは、当然に夫婦2人のときとは違ってきます。今までは不便とも思っていなかった家具の配置や設備が、急に使いにくくなることも考えられます。

現実的に子どものいる生活を体験したうえで、理想とする家をイメージできれば、購入後の満足度は確実に高まるのではないでしょうか。また、住宅ローンや教育費など家計の面でも、現実的な計画を立てやすくなります。

・子どもが生まれてから買うデメリット

子どもの年齢次第では、デメリットに変わってしまうこともあります。子どもが小学生から中学生ぐらいの間に家を買った場合、家族構成に大きな変化は当面訪れません。

しかし、子どもが高校生以上となれば、数年後には県外の大学に入学し、一人暮らしをするかもしれません。また、自宅から通える範囲の会社に就職するという保証もありません。

子どもがある程度の年齢となったタイミングで家を買うことは、数年後に家族構成が変わる可能性もあることを考えておく必要があります。

転勤があると家は買えない?

家を買う, 時期, 新婚 (写真=Elnur/Shutterstock.com)

婚約中や新婚、子育て中において、一番気になるのは「転勤があったらどうしよう……」ということかもしれません。

転勤の可能性がある、または転勤が多い仕事に就いているならば、家を買うタイミングに迷ってしまいますね。「家を買うと転勤になる」という話が昔から都市伝説のように語られているほど、マイホームと転勤は心配の種になっているようです。

転勤が多い企業で働いているなら、子どもが義務教育の間は家を買わないケースが多いようです。単身赴任などで二重生活になったときに家計が圧迫されれば、住宅ローンの返済は大きな負担となります。確かに、教育費がたっぷりとかかる時期に二重生活となれば、ゆとりを持った計画は難しいでしょう。

そのため、転勤族の場合は子どもの高校入学のタイミング、子育てが一段落したとき、または、退職後の夫婦2人で暮らす家として検討されることが多いようです。環境の変化に対応できるか、綿密に検討を重ねる必要があります。

将来を視野に入れてベストタイミングを検討しよう

家を買う, 時期, 新婚 (写真=Antonio Guillem/Shutterstock.com)

予期できない事態もあるなかで、家の購入時期を見きわめるのは難しいもの。子どもの学校、転勤、家族構成によっても適したタイミングは異なります。友人や職場の先輩など、身近な先人たちの成功・失敗談もヒントになります。自分たちの暮らしに合うベストタイミングをじっくり検討してみてください。

【こちらの記事もおすすめ】
家を買う2つのタイミングと注意点とは?
マンション購入費「だけ」じゃない!?知らないと怖いお金の話
世帯年収800万円の共働き夫婦が4000万円のマイホーム購入を断念した理由

▲最新記事はTOPページから

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集