(写真=Ollyy/Shutterstock.com)

バツイチの彼は優良?それとも地雷?!結婚前に知っておきたいお金の話

リスクだけじゃない。バツイチ男性だからこその魅力も解説!

好きな男性に離婚歴があったとしても、それだけで結婚をあきらめることはありません。ただし、バツイチ男性との結婚には、ある特有のお金の問題がついてまわることをあらかじめ理解しておく必要があります。

今回は、バツイチ男性が抱えるさまざまなお金の事情について解説します。

バツイチ男性のフトコロ事情。三大金欠要因とは?

バツイチ, 結婚, お金 (写真=Nicoleta Ionescu/Shutterstock.com)

離婚歴も人生経験のうちではありますが、特に男性側は経済的なダメージを受けやすいことは否定できません。まずは、バツイチ男性の財布を軽くしてしまう三大要因を確認しておきましょう。

1.財産分与

婚姻期間中に夫婦が協力して築いた財産を、離婚時に分配することを「財産分与」といいます。財産分与の対象は、結婚後に購入した不動産や車、預貯金など。元妻が専業主婦であっても、原則的に共有財産の1/2を受け取る権利が元妻にはあるのです。

財産分与を請求できる時効は2年となっています。離婚時に共有財産の分割について取り決めをしなかった場合、あとになって元妻から請求が来る可能性もあります。

プラスの財産だけでなく、ローンなどの負債も財産分与の対象です。結婚期間にマイホームを購入して、離婚時にもまだ住宅ローンが残っている場合、夫側が慰謝料代わりにローンを負担し続けるよう取り決めをしていることもあります。

ローンの支払いを元妻がすることになっていても、彼が連帯保証人になっている場合は要注意です。債務者が債務を履行できなくなった場合、連帯保証人が代わって返済の義務を負うことになります。連帯保証はあくまで金融機関との契約。離婚しても連帯保証人としての義務はなくなりません。なんらかの事情によって元妻がローンを支払えなくなった場合には、彼に請求が来ることを考慮しておきましょう。

基本的に、連帯保証人としての責任はローンが完済されるまで消えません。完済前に連帯保証人を外れることは非常に難しいので、離婚時にどのように財産分与の取り決めをしたのか、あらかじめしっかり確認しておく必要があります。

また、マイホームだけでなく賃貸の場合でも安心はできません。元妻が物件を借りる際に彼が連帯保証人になっていれば、元妻が家賃の支払いを滞らせれば彼に請求が来ます。

2.慰謝料

とはいえ、バツイチの男性全員が慰謝料の支払い義務を負っているわけではありません。慰謝料は浮気やDVなどの有責行為があった場合、相手が受けた精神的苦痛に対する賠償として支払われるもの。有責行為がなく円満に離婚が成立したのであれば、基本的に発生しません。

慰謝料の額は一律ではなく、婚姻期間の長さや子どもの有無、お互いの年齢、有責行為の悪質性などを考慮して算定されます。

まず考えられる慰謝料の発生原因の代表といえば浮気ですね。どちらかの浮気によって離婚に至った場合、浮気した側に請求される慰謝料の相場は、およそ100万~300万円程度とされています。慰謝料の時効は、配偶者の浮気や浮気相手のことを知ってから3年、もしくは、浮気が始まってから20年です。

ということは、再婚してから慰謝料の請求が来る可能性もあるので要注意。

高額な慰謝料は、再婚してからの生活に大きな影響を及ぼすことは言うまでもありません。慰謝料持ちのバツイチ男性を選んでしまったなら、それ相応の覚悟が必要。離婚原因は必ず確認しておきましょう。

自らの浮気やDVを素直に白状するとは限らないので、相手の人間性や倫理性をしっかり見きわめる目が求められます。

3.養育費

「養育費」とは子どもが一人前になるまでにかかる費用のことで、具体的には生活費や教育費、医療費などです。離婚しても、親として子どもを扶養する義務は消えません。子どもと同居していない親は、養育費を支払うことで離婚後も扶養義務を果たすことになるのです。

社会的・経済的に自立して暮らしていくことができない状態にある子どもを「未成熟子」と言います。親は未成熟子に対して扶養義務があり、離婚後もそれは変わりません。注意したいのは、未成熟子=未成年ではないこと。例えば、障害があるなど、自力での生活が難しいとされる子どもの場合は、成年に達しても未成熟子に含まれます。

一般的に養育費は成人になるまでというケースが多いものですが、高校卒業まで、あるいは大学卒業までのような取り決めをすることもあります。

養育費として月々にいくら、いつまで支払うのか。さらに、進学時など特に大きなお金がかかるときの負担はどうするかなど、養育費に関する条件は離婚時にきちんと取り決めておくべきでしょう。

養育費の額や期間、支払い方法については夫婦間で自由に決めることができます。話し合いで合意に至らない場合は、家庭裁判所での調停・審判で「養育費・婚姻費用算定表」などをもとに養育費を算出します。

バツイチ男性にとって、養育費は大きな経済的負担になります。実際、再婚して新しい家庭を築き生活していくためにまとまったお金が必要になると、養育費の支払いが滞ってしまうケースは少なくありません。養育費についての取り決めを公正証書にしている場合、勝手に支払いをやめたりすると、強制執行を受けて給与や預貯金を抑えられてしまう可能性も。

ただし、再婚や転職などによって養育費による経済的負担が重くなった場合は、家庭裁判所の調停・審判で減額を申し出ることもできます。

そして、離婚時に妻側から「自分1人で育てられるから養育費はいらない」「養育費なしで面会もなし」と言われていても、あとになって事情が変わることは十分考えられます。

時効のある慰謝料や財産分与と異なり、養育費の請求はいつでもできるもの。「やっぱり養育費を支払って」と請求してくる可能性もあるということです。

結婚後の経済的リスクとは?

バツイチ, 結婚, お金 (写真=stable/Shutterstock.com)

現時点での経済的負担はそれほど大きくなくても、油断は禁物です。バツイチ男性との結婚では、将来的な経済的負担が生じる可能性もあることを頭に入れておかなければなりません。

・年金分割

「年金分割」とは、婚姻期間中の保険料の納付記録を分け合うことで、将来受け取る年金の額が再計算されます。年金分割をすると、収入の多い側は将来受け取れる年金額が減り、収入の少ない側は逆に増えることになります。

年金分割の対象は厚生年金(2015年10月1日より前の共済年金も含む)で、離婚後2年以内に請求の手続きを行う必要があります。慰謝料や財産分与だけでなく、つい忘れがちな年金についてもきちんと確認しておきましょう。

実際に年金分割を受けられるのは年金の受給が始まってから。まさに忘れた頃にやってくるのが怖いところですね。

・前妻の子どもへの相続

離婚すれば元妻とは他人同士に戻りますが、法律上の親子関係は離婚しても変わりません。養育費の支払いは子どもが社会的・経済的に自立すれば終了しますが、将来的に相続の問題が生じる可能性があることは、頭に入れておいたほうがよいでしょう。バツイチ男性との結婚を考えるうえで、これは非常に重要なポイントです。

彼が先に亡くなった場合、再婚相手であるあなたや、彼との間に生まれた子どもたちと同じように、前妻との子も法定相続人として相続権が発生します。たとえ、彼が「前妻との子どもには一銭も残さない」と遺言していたとしても、子どもには「遺留分」として法定相続財産の半分までを請求する権利があるのです。

法定相続人である子の協力が得られないと、不動産の名義変更など遺産分割もスムーズに進まないのが現実です。相続についてきちんと取り決めをしておかなかった場合、再婚相手であるあなた自身と前妻の子が遺産をめぐって争うことにもなりかねません。

では、養育費なし、面会交流なしで長年にわたって親子の縁が切れているような場合はどうでしょう。

それでも法律上の親子関係は消えないため、子どもには父親の財産を相続する権利があります。将来、前妻との子どもにコンタクトを取らねばならない可能性もあることは、あらかじめ覚悟しておいたほうがよいでしょう。

逆に、前妻側に万一のことがあった場合は、彼が子どもを引き取って養育することになる可能性もあります。

バツイチ男性ならではの魅力とは?

バツイチ, 結婚, お金 (写真=AnnaElizabeth photography/Shutterstock.com)

結婚後は家計を共にするわけですから、相手が抱えるお金の問題が他人事でないのは言うまでもありません。あとからもめないよう、事前に納得したうえで再婚を進めてくださいね。

ここまで、バツイチ男性のデメリットを挙げてきましたが、決してメリットがないわけではありません。バツイチ男性の長所も合わせて見てみましょう。

・女性に幻想を持っていない

女性経験の少ない男性ほど、女性に対して妙な憧れや幻想を抱いているものです。勝手に幻想を持たれた揚げ句、勝手に幻滅されてはたまりません。

その点、バツイチ男性は夫婦生活を経験していますから、生身の女性がどんなものかよく分かっているぶん、一緒に暮らすという面では、初婚の男性より楽な相手といえるでしょう。

・今度こそ相手を幸せにする!という覚悟がある

結婚に1回失敗したことを負い目に感じているバツイチ男性は少なくありません。次にチャンスがめぐってきたら、バツイチの自分を受け入れてくれた相手を必ず幸せにしようと心に誓っているかもしれません。

多少のことがあっても、2度目の結婚生活を守るために耐えてくれるという男性も多いのでは。

・同じ失敗をしないように努力している

離婚の原因が、よく言われる「性格の不一致」だったのならば、どちらか一方だけが悪いとは言い切れません。最初の結婚がうまくいかなかった原因を冷静に分析し、自分の至らなかった点を改善しようと努力している男性なら、2度目の結婚はきっとうまくいくでしょう。

離婚に至った原因は人それぞれ。バツイチ男性が結婚相手として好ましいかは一概に言えません。少なくとも、浮気やDV、金銭問題が離婚原因だった場合は要注意です。実際、同じ過ちを繰り返す可能性は低くありません。安易に結婚するのは避けるべきでしょう。

・養育費を払っているバツイチ男性は優良物件?

養育費は総額で少なく見積もっても数百万円、年数によっては1000万円以上に上ります。それなら養育費を支払っていないバツイチ男性のほうが好ましいかとも思えますが、必ずしもそうとはいえません。

厚生労働省の「平成28(2016)年度 全国ひとり親世帯等調査」によると、離婚時に養育費の取り決めをしなかった母側の理由としては「相手と関わりたくない」が31.4%ともっとも多く、「相手に支払う能力がないと思った(20.8%)」「相手に支払う意思がないと思った(17.8%)」が続きます。かつてのパートナーからこんなふうに思われてしまう男性はちょっと問題がありともいえそうです。

夫婦がどれだけもめて別れたとしても、子どもに罪はありません。親としての義務をきちんと果たしているバツイチ男性こそ、本当にいい男・いい親といえるのではないでしょうか。

優良?それとも地雷?見きわめる目を養って

バツイチ, 結婚, お金 (写真=Martinina/Shutterstock.com)

最近の婚活市場において、バツイチ男性は結婚経験があるという実績を評価される風潮があります。女性の扱いに不慣れな婚歴ナシ男性より、むしろ人気があるとさえ言われているとか。

バツイチ男性にもいろいろな人がいますし、離婚に至った経緯も人それぞれです。優良なバツイチか地雷のバツイチか、しっかり見きわめて良縁をつかんでくださいね。

【こちらの記事もおすすめ】
#26 バツイチ彼の「養育費」。負担を軽減してもらう方法ってあるの?
婚活市場「モテにくい女性」が「モテやすい彼」を射止めた一つの理由
なぜバツイチ子持ちのシンママは上質な男性をゲットできたのか?

▲最新記事はTOPページから

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集