左から、mirai talk取締役の秋山さん、横山さん(写真=森口新太郎撮影)

「まっすぐな人」ほど危ない!?人気FPに聞いた初心者の投資のコツ

mirai talk ✕ DAILY ANDS対談(下)

お金のパーソナルトレーニングを提供している「mirai talk」の取締役を務める横山光昭さんと秋山芳生さん(お二人ともファイナンシャル・プランナー)に、DAILY ANDS編集長のくすいともこが凸撃し、アラサーの女性向けに「いいお金の使い方」「悪いお金の使い方」を聞きに行きました。

最終回となる今回は、「投資」をテーマにお話を伺います。

【前回の記事はこちら】
prev<大金を持つと不幸になる人、ならない人。20代で2億円当たった友人の話から

投資ってまず何をしたらいい?

投資, 初心者, コツ (写真=森口新太郎撮影)

くすい:よく友人に聞かれるのが「投資ってまず何をやったらいいの?」っていうところなんですけど、おふたりはどう答えていますか?

横山:投資商品っていろいろあるんだけど、それよりもまず「自分にとって投資の目的は何なのかを考えること」が重要です。当然、投資は増やすこと、儲けを出すことが目的ではあるけれども、例えば、独立して個人投資家として生きていく人は、まとまった資本を用意して、投資先選びやら何やらたくさんやらなければならない。一方で、30年かけて700万〜800万円積み立てた貯金にさらに300万〜400万円上乗せしようっていう目標の人は、コツコツ積み立てるものがいいでしょう。何を目的にするかによって、やることって全然違うんですよ。自分はどうしたらいいかっていうことを一回きちんと見つけてから始めるというのが大事です。

理由がわかると面白くなるのが資産運用。まずは小さな一歩から

投資, 初心者, コツ (写真=森口新太郎撮影)

くすい:投資の目的を決めることから、ですね。では、秋山さん、実際に投資を始めるときのポイントってありますか?

秋山:まず、少額でいいから、いろんなものを買ってみるといいと思います。例えば、投資信託から始めて、ちょっとずつ知識を広げながら、痛くない範囲でETFとか色々つまみ食いしてみるとか。あと、ロボアドバイザーも選択肢としてはありますね。ロボアドバイザーは複数の投資商品をバランス良く買ってくれるので、分散投資というものが少しずつわかってくると思います。金融商品はこんな風に値動きするのか、ということが感覚としてわかってきたら次のステップとして、値動きの理由を追いかけられるようになると、投資がすごく面白くなりますよ。

横山:投資信託など、何かの指標に連動して値動きするタイプの金融商品でも、日本のものと、外国のものを買ってみるとか、外国でも先進国と途上国のものを買ってみるなどして、それぞれの指標がどんな風に動いたかを意識してみるといいかもしれないですね。いま秋山さんがおっしゃったように、「アメリカの指数が下がると結構、(世界)全体の指数が下がるんだ」とか、「新興国だけ上がることもあるんだ」とか、値動きの理由が見えてくるようになると、自然と経済にも目がいくようになります。

金融の知識って必要ですか?

くすい:逆に気をつけておいたほうが良いことはありますか?

秋山:今まで家計診断をしたお客さんの中で、すごく惜しいなと思う人もいっぱいいるんですよ。例えば、とにかく安心したいと思って、貯金が全然できないのに保険だけいっぱい入ってて大変なことになっている人がいたりとか。その一方で、「高額療養費制度があるから、医療保険やがん保険には加入しなくていいですよね」「遺族年金があるから生命保険もいらないですよね」と言って、ちゃんと貯蓄ができているわけじゃないのに、保険を全否定しちゃってる人もいます。貯蓄があるなら一理あると思いますが、貯蓄も少なく保険もゼロで子どもが2人いたりすると、本当に大丈夫かな?と思います。

投資, 初心者, コツ (写真=森口新太郎撮影)

くすい:それは結構怖いですね。

秋山:ちゃんと体系だった知識を身につけてから最初の一歩を踏み始めるのが大事だなと思います。正しく学んで正しくステップを進めていけば間違いにも気付けるけど、間違えてることに気づけないまま突き進んじゃうと危ない。行動しているのに、結果そのお金は浪費ということになりかねないんですよ。

横山:正しい知識をつけるというのはありますよね。あと、お金に対してのリテラシーがあまり高くなくて、情報の取捨選択が苦手な人も結構いると思います。実はそういう人はまっすぐだったりするので、誰かがこうだと言ったらそれを信じちゃったりする。でも、世の中にはトラップがいっぱいあるから、気をつけないといけないですよね。私たちも、まずは情報をきちんと伝えたいなという思いがあってmirai talkを始めたというのもあります。金融リテラシーがまだ高くない人は、変な癖がついていないぶん、吸収力も高いんですよ。私はそういう人だからこそ頑張って勉強するべきだと思うし、みんなが自分で自分を守っていくことができるように、支援していきたいと思います。

ライフプランニングは未来に進むための第一歩

投資, 初心者, コツ 左から、mirai talk取締役の秋山さんと横山さん、DAILY ANDS編集長のくすい(写真=森口新太郎撮影)

くすい:今日はありがとうございました。最後に、読者に伝えたいことがあればお願いします。

秋山:相談を受けていていつも嬉しいなと思うんですけど、ライフプランニングをやって、自分の人生がスカッと見えて将来の対策がわかると、皆さん本当に良い笑顔で帰ってくれるんですよ。ライフプランニング自体、本気でやったことある人って少ないと思うんですけど、きっと人生が変わるのでやってみてほしいなと思います。

横山:お金のことってすごい難しく考えちゃう人が多いんですけど、いろいろ考えているより、ほんの少しでいいので行動することが重要です。例えば口座開くだけとか、本当にちょっとしたことをやってみる。そういうちょっとしたことの延長線上で将来が出来上がっていくんですよね。頑張って節約して、例えば月2万円3万円でも差が出るとするじゃないですか。ひと月たった数万円でも、将来60歳で尽きちゃう予定だった貯金が、80歳、90歳まで大丈夫になって、さらにそのお金を運用していくことで100歳まで安心できるようになる。そんな未来をつくるために、ライフプランを立てて実行に移すんです。ライフプランニングの重要性を理解してくれる人はたくさん増えてきたし、これからも伝えていかなければならないところだなと思います。

くすい:ライフプランニングの大切さがよくわかりました。秋山さん、横山さん、ありがとうございました!

(mirai talk✕DAILY ANDS対談、おわり)

【mirai talk✕DAILY ANDS対談の記事はこちら】
上:「30過ぎたら女の年収上がらない問題」解決策を人気FPに聞いてみた
中:大金を持つと不幸になる人、ならない人。20代で2億円当たった友人の話から
下:「まっすぐな人」ほど危ない!?人気FPに聞いた初心者の投資のコツ

▲最新記事はTOPページから

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集