(写真=AJR_photo/Shutterstock.com)

出世とともに態度も大きくなる「高年収夫あるある」

オトコの悲しい生態です

こんにちは、婚活FP(ファイナンシャル・プランナー)山本です。

女性としては、結婚相手となる男性にはそれなりの年収があってほしいものですよね。近頃では男性でも稼ぎにくいとも言われますから、なおさら安定的に稼げる男性と結婚できた女性は勝ち組気分を味わえるでしょう。

でも……そういう男性と結婚できても、幸せになれるとは限りません。そこで今回は、「年収が上がるにつれ横柄になる旦那に悩んでいたが、あるきっかけで幸せになれた女性」の実話をお伝えします。

あなたの婚活、そして人生にお役立て下さいませ。

結婚3年目で態度が横柄になってきた年収800万円の夫

結婚, 年収 (写真=buritora/Shutterstock.com)

あるところに、30代前半の既婚女性、恵美さん(仮名)がいました。恵美さんは中堅企業に勤める年収約400万円の女性です。3年ほど前に同い年の一部上場企業に勤める圭一さん(仮名)と結婚しました。

結婚当初は普通に仲良し夫婦だったのですが、最近の恵美さんは少しずつ、圭一さんに不満を感じるようになってきました。なぜなら、少しずつ圭一さんの恵美さんに対する態度が横柄になっていったから。

そしてどうやら、その理由は圭一さんの年収にあるようでした。

年収アップ、多忙になり、そして家にいなくなる

結婚, 年収 (写真=Ivanko80/Shutterstock.com)

結婚当時の圭一さんの年収は約600万円で、ここ3年で200万円も上昇していたのです。この不況のご時世で、さすがは一部上場企業でしょうか。もちろんそれは、恵美さんにとっても喜ばしいことではありましたが、セットで態度が悪くなるようでは困りものです。

しかも最近では、仕事上の付き合いという名目で、遊び歩いて帰ってくることも増えました。同時に休日でも仕事が入ることも増え、段々と圭一さんとの仲が薄れていったのです。

年収が上がり、仕事が忙しくなり、そうなれば家にいなくなる……これは、婚活FPの立場から言うと「高年収夫あるある」です。

突然の退職!そして予想外の就職難

結婚, 年収 (写真=Panumas Yanuthai/Shutterstock.com)

そろそろ子供も欲しいなと思う一方で、本当にこのままずっと圭一さんとやっていけるのだろうか……恵美さんは、そんな悩みを抱えるようになりました。

しかし、そんな恵美さんの悩みは、ある日予想外の事から解消されることになります。なんと圭一さん、ある日突然会社を辞めてきました!どうやら上司とケンカになり、口論の末の退職のようです。圭一さんは特に後悔しておらず、「自分ならすぐに次の良い会社が見つかるだろう」と自信満々でした。

正直、恵美さんとしてはちょっと呆れていたのですが、少なくとも恵美さんも普通に働いており、しかも恵美さんの年収だけでも当面は食べていけたので、不安はなかったといいます。

退職して数日後から、圭一さんの再就職活動が始まりました。しかし、履歴書を送っても送っても、時には転職エージェントに相談をしても、圭一さんの転職先は一向に見つかりません。就職難を経験した方なら分かるでしょうが、圭一さんはどんどん塞ぎ込むようになってしまいました。

就職したいのにできない、働きたいのに働けない……ツラいでしょうね。

最終的に圭一さんは、年収約500万円で中堅企業に勤めることが決まりました。ちなみに退職してからここまで、一年近くかかったとの事です。年収が一気に300万円も下がってしまいました。

年収とともにプライドも……大歓迎した妻

結婚, 年収 (写真=MIA Studio/Shutterstock.com)

もしかしたら、普通の女性なら激怒するような出来事かもしれません。あるいはヒドく落胆し、離婚問題にまで発展してもおかしくないのかもしれません。

でも……恵美さんは違いました。今回の一連の流れと夫の大幅な年収下落を、喜んで歓迎しました。なぜなら、就職活動を始めて少しした頃から、段々と圭一さんの態度が変わっていったからです。

恵美さん自身は特に何も変わっていなかったのですが、おそらく圭一さんとしては、働いておらずに妻に養ってもらっているような状態に、申し訳なく思ったのでしょう。再就職が決まる頃には、本当に恵美さんに対して低姿勢になっていました。

再就職が決まった時も恵美さんは本当に嬉しかったそうです。年収が下がった事で夫婦仲も改善でき、さらに以前のように休日には二人で出かける機会も増えたのですから。

ようやく夫婦仲に安心できた恵美さんは、この頃から子作りに励むことができ、30代後半となった今では一児の母となられています。

圭一さんの年収は当時とさほど変わっていませんが、むしろ恵美さんは年収が上がらないことを希望されているそうです。

男性は年収で自信とプライドを保つもの

結婚, 年収 (写真=nito/Shutterstock.com)

女性の中には不思議に思う方もいるかもしれませんが、男性の中には、自分の年収が高まるほどにプライドまで高くなってしまい、横柄な態度になる方が少なからずおられます。

とりわけ、夫婦間で年収に格差が出てくると、つい「自分の方が偉い」と考えて圭一さんのようになってしまう傾向にあるようです。

悲しいかな、男性は(もちろん全員ではありませんが)年収で自信とプライドを保つ生き物なのです。

高年収と横柄な態度はセット

結婚, 年収 (写真=Lipik Stock Media/Shutterstock.com)

そして女性なら冒頭通り、結婚相手には高い年収を求めたいでしょうが、セットで横柄な態度を取ってくるのであれば……いかがでしょうか。

お金があれば大丈夫、と考えるかもしれませんが案外、夫婦関係が対等でないのはツラいものです。 過去にもこんな話がありました。

参考:専業主婦になったからこそ夫が横柄になり、苦しんだ女性

もちろん、女性が男性に年収を求めるのが悪いわけではありませんし、繰り返しですが全ての男性が圭一さんのようになる訳でもありません。

ただ、年収にばかり目がくらんで結婚し、そして不幸になった数々の女性を見てきた筆者は、その心理を本当に危険だと考えます。

大体の転職は年収減!横柄な夫に転職を促すのもアリ?

結婚, 年収 (写真=WAYHOME studio/Shutterstock.com)

ところで今回の話は、横柄な態度を取ってくる夫に対する、一つの解決策のようにも思えます。つまり横柄な夫を持つ女性は、いっそ夫に転職を促すのもアリではないか、ということです。転職は必ずしも年収が上がるわけではなく、むしろ下がる可能性の方が高いです。

もし、あなたの夫が長時間労働の高年収タイプであれば、「そこまでムリして働かなくても大丈夫よ、あなたの事が心配なの。カラダの事を優先して……」と声を掛けてみては。

もちろん夫が通常モードなら難しいでしょうが、時には疲れていたり、不満やグチをこぼしてしまう時も、あるでしょう。夫の体を気遣うことで、中には同意して転職しようと考える可能性があります。

繰り返しますが、必ずしも男性の年収とプライドはリンクしている訳ではありません。そして中には、年収が下がっても、妻と年収が同じでも、横柄な態度の男性はいます。そのような例はこの記事で紹介しました。

参考:年収が同じ男性と結婚したのに失敗した女性

とはいえ、どちらかと言えば多くの男性の年収とプライドは、リンクしているといえます。

その上で、あなたが普段の夫婦生活を通して、旦那には年収よりも優しさを求めたくなったのなら、転職を促してみるのもアリといえるのではないでしょうか。

年収減を受け入れられる?倹約生活が大事

結婚, 年収 (写真=jesterpop/Shutterstock.com)

今回のお話にはもう一つ、特筆すべきポイントがあります。

それは、恵美さんが一部上場企業に勤める当時年収600万円の男性と結婚したにも関わらず、結婚後の生活で贅沢を求めなかった点です。転職活動時、恵美さんは自分の年収だけで充分生活できていました。なぜ恵美さんは圭一さんと結婚したのでしょうか……。きっと、本当に圭一さんのことが好きだったからなのでしょう。

一般的に高年収な男性と結婚した女性は、つい金銭感覚が緩み、浪費と思わずに浪費しがちです。もし恵美さんも同様の行動をとっていたら……圭一さんの退職時や再就職時、家計も夫婦関係も、どうなっていたでしょうか。

望みの結婚生活をイメージできていますか?

結婚, 年収 (写真=baranq/Shutterstock.com)

あなたは結婚したら、どんな夫婦関係を築きたいと考えていますか。そして結婚した今、それは思い描いていた通りの関係になっているでしょうか。

無いものねだりをするとキリがありませんし、つい隣の芝生が青く見えることもあるでしょうが、自分が本当に欲しいものは何かを考え、その上でそれを実現できるよう働きかけていきましょう。

【こちらの記事もおすすめ】
賞与カットで家庭崩壊寸前!優しい夫を守るために妻がした3つのこと
バラ色人生のハズが…高年収男性と結婚して失敗した残念な女性とは?
「予期せぬ亭主関白」で離婚。慎重な女性が見落としていたこと

▲最新記事はTOPページから

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集