左から、mirai talk取締役の秋山さんと横山さん、DAILY ANDS編集長のくすい(写真=森口新太郎撮影)

大金を持つと不幸になる人、ならない人。20代で2億円当たった友人の話から

mirai talk ✕ DAILY ANDS対談(中)

お金のパーソナルトレーニングを提供している「mirai talk」取締役を務める横山光昭さんと秋山芳生さん(お二人ともファイナンシャル・プランナー)に、DAILY ANDS編集長のくすいともこが凸撃し、アラサーの女性向けに「いいお金の使い方」「悪いお金の使い方」を聞きに行きました。

第2回となる今回は、「支出」をテーマにお話を伺います。

秋山さんには20代の頃、宝くじで2億円が当たったご友人がいらっしゃるのだそうです。また、著書が大ヒットした横山さんはきっと大金を手にしているに違いないはず。

「人は急に大金を手にすると不幸になる」と聞いたことがありますが、実際のところどうなのでしょうか。「不幸になるお金の使い方」、「幸せになるお金の使い方」はあるのでしょうか?

【前回の記事はこちら】
prev<「30過ぎたら女の年収上がらない問題」解決策を人気FPに聞いてみた

今しかできないこともある

宝くじ, 不幸 (写真=森口新太郎撮影)

くすい:実は私、金融メディアの編集長をしているくせになかなかお金を貯められません。お酒を飲みに行くことが好きですし、新しいサービスを使うのも好きで、本もすぐにAmazonで買ってしまいます。最近は洋服やドレスのレンタルサービスにハマっていて、そこそこの金額を月額課金していまして……。これってムダ使いでしょうか?将来のための貯金って、何歳くらいから始めなきゃいけないですか?

秋山:もちろん、貯金を始める年齢は、計算上は早ければ早いほどいいです。でも、将来のことを考え始める時期って人それぞれですよね。しかも20代、30代にしかできないことってあると思うんですよ。節約ばかりしていたら人生つまらなくなってしまいますから、お金はかかってもちゃんと楽しむ時間を取るっていうのはすごく有意義なことですよ。年をとっていくにつれてそのバランスが自然と変わってくるんじゃないかな。

横山:今は欲しいものがたくさんあっていいと思いますよ。若い人で物欲がない人がいると、むしろ「大丈夫?」と思うときもあります。

使ったお金は「投資」か「浪費」か

宝くじ, 不幸 (写真=森口新太郎撮影)

くすい:秋山さんは、大手の広告代理店に勤められていた頃、散財していた時代があったとか?

秋山:そうですね。リボ払いとかすごかったですよ。

くすい:何に使っていたんですか?

秋山:人におごるのは当たり前で、あとは洋服もすごくたくさん買っていたし、趣味の漫画とかも買えるだけ買ったりして。あまりよく考えずにお金を使っていましたね。でも、いま思うと半分は投資になっていて、半分は浪費になっているかなと。

くすい:半分は投資で半分は浪費ですか?

秋山:人脈や、人から教えてもらったことは財産になっています。でも、ただカッコつけて、見栄を張るために使って、その結果消えていったお金もいっぱいあって、それは浪費だったなって思います。まあ、いい話をしているようで、散財していただけなんですけど(笑)。

真剣に人生について考える時間を持つ

くすい:あはは。でも、その散財時代から支出を減らしていくのって結構大変だと思うんですけど、秋山さんはどのタイミングで方向転換したんですか?

秋山:30代後半の頃、当時付き合っていた彼女と結婚したいと思ったんですけど、全然貯金がなくて、このままだと結婚できないかもしれないって思ったんです。そこでライフプランニングというものを初めてやってみて、そこから節約を開始することになりました。数千冊あった漫画も洋服も、あとは昔バンドやっていたので楽器も、とにかくどうやったら一番高く売れるかを考えてお金に変えていきました。それ自体もすごいストレスでしたけど、彼女にバレないようにやるのがまた大変で(笑)。彼女の前ではケチになれないじゃないですか。

くすい:(笑)。それは辛いですね。

秋山:でも、そういう気づきがなかったら多分結婚もしなかったし、人生変わらなかったなと思うと、努力してよかったなと思います。

宝くじ, 不幸 (写真=森口新太郎撮影)

横山:人生を振り返った時、秋山さんみたいに「無駄だったお金があったな」って気付くことができれば、それはそれでひとつの経験ですよね。普段に会話をしていても、この人深いなと思う人は、昔ちょっとした失敗をしていたりしますから。逆に失敗を失敗だと思わない状態で過ごしちゃって、そのまま年をとっていってしまった人は残念ですよね。

秋山:そうですね。例えば、せっかく稼いだ給料を使い切ったとするじゃないですか。若いうちは投資になった部分も結構あったけど、ずっと若いときのままの感覚で30代後半に突入すると、同じお金の使い方をしていても浪費に変わることがあるんですよ。だから、どこかのタイミングで自分の人生を考える時間を持った方がいいんじゃないかと思います。

宝くじで2億円当たった友人の話

くすい:秋山さんには、20代の若い頃に宝くじを当てたご友人がいると聞きました。ぜひその方のお話も聞かせてください。

秋山:はい。22、23歳ぐらいの時、大学のバンド仲間が宝くじで2億円当たったことがあったんです。びっくりしたのが、いきなりロレックスの時計をするようになって、彼女にもヴィトンとか買って、車はBMWのオープンカーになって。

横山:わかりやすい(笑)。お前どうしたんだ!?っていう。

くすい:ご友人はお仕事を辞めたんですか?

秋山:辞めずに働いていましたよ。職場の人には宝くじのことは言ってないんじゃないですかね。彼は半年で5000万円使ったと言っていました。使えるものなんですよね。でも、その中で実家のローンを返してあげたりもしていたみたいです。

くすい:それは偉いですね。その後、その方の人生はどうなりましたか?

秋山:当時付き合っていた彼女と結婚して、家を買って、子供を3人育てています。今はもうそのお金はほとんどないと言っていましたけど、幸せに暮らしていますよ。

急に大金を持って不幸になる人・ならない人

宝くじ, 不幸 (写真=森口新太郎撮影)

横山:今の話はいいですよね。急に大金を持つとおかしくなる人もいるじゃないですか。あんまり変なことに使うのはもったいないな〜って思いますよね。

くすい:そうそう。「末路本」が一時流行ったりもしましたけど、私、普通の人が急に大金を持つと不幸になるって聞いたことがあるんです。実際のところ、どうなんでしょう?

横山:なる人はなっちゃいますよね。お金の使い方の軸を持っていない人にお金渡しても、幸せにはならないでしょう。

秋山:大金によって価値観が壊されちゃうと、かなり危ないですよね。何が大事で何が大事じゃないかっていう価値観を持てないままいっちゃうと、ブレたところから戻れなくなってしまうんじゃないかな。例えば、大金を持った時に銀座で飲み続けることが楽しくて習慣になったとします。その後、お金を使い切ってもなかなか感覚を戻せない。そうすると借金するしかないですよね。横山さんが言うように、お金を持ったから不幸になるんじゃなくて、お金を持った時に、お金の使い方の軸を持っていないから不幸になるんだと思います。

横山さん、印税で何か買いました?

くすい:なるほど〜。ちなみに、横山さんは著書『はじめての人のための3000円投資生活』が売れましたよね。ぶっちゃけ、いくらぐらい儲かったんですか?

横山:えーとあれは200万部以上売れたので……あとはご想像におまかせします(笑)。

くすい:やばい、すごい金額になりそうです(笑)。それはパーっと使ったりしないんですか?

横山:いや、そんなに何か買おうとかはないですね。子供が6人いるので、教育費とか、自分の老後のためにとっておかなければならないっていうのもありますし。あとは、今後新しい事業を始めたいと思った時に、やれる選択肢を残しておきたいので、そのためにとっておくというのはあります。

くすい:なるほど。自分のやりたいことのために取っておけるというのは素敵です。逆に、その人に「やりたいこと」がないと、お金がたくさんあってもしょうがないのかな。

最終回は、「お金に働いてもらうには?」投資初心者のための資産運用のお話です!(続く)

prev<「30過ぎたら女の年収上がらない問題」解決策を人気FPに聞いてみた

next>「まっすぐな人」ほど危ない!?人気FPに聞いた初心者の投資のコツ

【こちらの記事もおすすめ】
あえてFPに聞いてみた「お金と愛、ぶっちゃけどっちが大事ですか?」
お金を増やしたい人へ。専門家がおすすめするベスト3の方法とは?
「実はお金がない」男性はこう見極めろ。5つのチェックポイントをFPが伝授!

▲最新記事はTOPページから

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集