(写真=筆者撮影)

この夏、マルイで「つみたてNISA」ができるようになる理由

日本初、クレカで「積み立て投資」

この夏から、マルイのエポスカードで「つみたてNISA」を使った積み立て投資ができるようになります。そうです、あのファッションビルのマルイが展開するクレジットカードです。店舗では、初心者向けの投資セミナーも開催されるそうですよ。

マルイが証券事業に参入? 頭の中に「?」が思い浮かびそうになりますが、聞いてみると「なるほど」と納得できる理由がありました。記者発表されたばかりの内容を詳しくリポートします。

「投資のやりかたがわからない」を解決

丸井, マルイ, つみたてNISA (写真=筆者撮影)

5月10日に行われた2018年3月期決算発表の席で、丸井グループの証券事業への参入が正式発表されました。

「私たちは、これまでごく一部の富裕層向けに提供されてきた金融サービスを、収入や年代に関わりなく、すべての人に提供します。その第一弾として、昨年から在日外国人や留学生向けのクレジットカードの発行をスタートしていますが、この夏、本命ともいうべき 事業に参入いたします」と、丸井グループ代表取締役社長の青井浩さん(以下、カッコ内はすべて青井社長の発言)。

証券事業参入の背景は「若者の将来不安」です。

丸井, マルイ, つみたてNISA (写真=筆者撮影)

「調査では6割近くの若者がお金の不安を抱えています。貯蓄や節約などには取り組んでいますが、投資による資産形成は『やりかたがわからない、怖い』といった理由で、進んでいません」

こうした課題の解決を目指す新事業とは、マルイの「エポスカード」によるクレジット払いで「つみたてNISA」ができるサービス。クレジットカードで投資信託が購入できるのは、日本で初めての試みです。

目指すは「資産残高1兆円、利用者100万人」

「私たちは、月々の分割払いで購入していただく『月賦(げっぷ)販売』でビジネスをしてきました。若いお客様にもカードを発行して、分割払いでも購入いただくという意味での若者向けの金融を提供してきたという自負があります」

マルイといえば「赤いカード」の愛称で親しまれたクレジットカード「マルイカード」。いわゆる「DCブランド」の流行とともに、1980年のバブル期に一世を風靡した赤いカードは事業譲受され、2006年に「エポスカード」と名前が変わっています。現在も、エポスカード利用者の55%が30歳未満と、ユーザーは若者中心です。

「これまでクレジットカードを通じて提供してきた金融サービスというものを、もっと広げたいと思っていました。何ができるだろうという中で、若者が抱えている将来への不安に対して何かできないか、それなら資産形成がいいのではないかという結論に至りました」

新証券会社は、まず「つみたてNISA」に特化。10年後には資産残高1兆円、利用者100万人を目指すといいます。

取り扱い金融商品を3、4本に絞りこむ

つみたてNISAは、2018年1月から始まった、長期、積立、分散投資を少額から行う非課税制度で、対象商品は金融庁が「長期・積立・分散投資に適している」とした公募株式投資信託と上場株式投資信託(ETF)のラインナップから選んで積み立てで投資します。

ネット証券なども多い現在、マルイが作る証券会社で「つみたてNISA」を始めることに、どんなメリットがあるのでしょう。

すでに金融庁と協議を始め、準備会社も設立しているという新会社のターゲットは、投資になじみのない若い世代です。

主な特徴は3つ。1つ目は、「つみたてNISA」に指定されている投資信託からさらに金融商品を厳選し、3本、4本といった品揃えにまで絞り込むこと。

2つ目は、金融教育と相談受付です。資産形成についてわかりやすく学ぶ金融教育をマルイの店舗で提供し、非課税口座を開設するときにありがちな「書類記入でつまずいてしまう」が起きないようにサポートもします。サービスはウェブ(スマホアプリ)中心ですが、マルイ店内にあるエポスカードのカードセンターに相談センターを設けるなどして、対面でも相談が可能になります。

3つ目は、積み立ての支払いはエポスカードのみ。ポイントも付きます。

最低投資金額は3000円か5000円で調整中

今は、証券会社によっては、投資信託の買い付けが100円からできるといったサービスもあります。

「最低の積み立て金額を3000円にしようか5000円にしようかで、現在迷っています。お客様にも直接座談会等を通じ、意見を伺いながら検討しているところです」

気軽に始められるという意味ではもっと思い切って下げてもいいのかもしれませんが、少額だと手軽な反面、まとまった資産形成にはなりません。

「少額投資は、長い目でみるとお客様のためにならないということもありますので、その辺のバランスを 考えていきたいと思います」

また巷では、ポイント投資、おつり投資といった新しい少額投資を提供するサービスも増えています。

「ファイナンシャルインクルージョンという点で、素晴らしい取り組みだと思います。エポスカードでポイントを貯めているお客様は多いので、ポイントで投資できるようにはしていきたいですね。システム開発などを始めたところですので、サービス開始には間に合わなかったとしても、年内くらいには可能になるように考えています」

「つみたてNISA」でマルイはどうやって儲けるの?

丸井, マルイ, つみたてNISA (写真=筆者撮影)

ところで、手数料が割安な「つみたてNISA」は、手数料収入こそが収入源である金融機関にとっては「儲からない商品」です。そんなジャンルに特化して新会社を作って、大丈夫なのでしょうか。

カード会社の儲けといえば、手数料収入。でも、金融商品を買い付ける際のカード払いのときの支払いは「分割払いは不可」とのことで、分割払いの手数料で儲けるわけでもないようです。

どこで儲けるのか? カギは「定額引き落とし」にあるといいます。

「『つみたてNISA』は水道光熱費、電話代などのように、定期的に引き落とされる支払いです。クレジットカードを使って定期的に支払いをする人は、ゴールドカード会員といった『ロイヤルカスタマー』になっていただける確率が、一般の会員に比べて5倍になるといわれています」

もし、エポスカードを使って「つみたてNISA」を始めた人がゴールドカード会員になれば、ショッピング枠も増え、エポスカードを使った買い物の機会も増えるでしょう。結果、「カード会社としての手数料収入」の収益は大きくなり、つみたてNISAで投資した投資信託の信託報酬から得られる収益の3倍程度の収益が見込まれるといいます。

金融商品の手数料(信託報酬)を得られるだけでなく、エポスカードのロイヤルカスタマーが結果的に増えるというのがポイントです。マルイグループ全体の収益でみると、小さな投資で大きなリターンが得られるという読みのようです。

「事業展開にあたっては、650万人のカード会員、年間2億人が来店する店舗、そしてプラットフォームとしてのウェブという、グループ全体の三位一体のビジネスモデルを考えています。クレジットカードや店舗の人員も、専任ではなくて合同でやろうと思っています」

「金融」もお店で扱うサービスのひとつ

丸井, マルイ, つみたてNISA (写真=筆者撮影)

近年、少子化による小売りの低迷であるとか、「もの消費」から「コト消費」とよく言われています。業界の状況を含めた話を聞いているうちに、だんだん「なるほど」と思えてきました。

マルイといえば若者向けのアパレル中心のお店がずらり、というのは10年くらい前までの話で、今は雑貨ショップや、カフェ、レストランなど、ものだけでなくサービスも多く売られています。

「地下1階から地上8階まで、ものだけを売っているお店は10年後もあるのだろうか? これは非常に大きな問題だと考えてきました。現在は、今まで取り扱いが少し多すぎたアパレルを減らし、お客様から要望が非常に強い飲食やサービスを増やしています。これによって来店客数も、取扱高売上高も増えてきています」

5年後、10年後の姿については、多種多様なサービスの取り扱いを増やすことによって「もの」を買いに行くだけではなく、色々な「体験」「サービス」を買いに行く商業施設になっていかなければならない、と実感しているそうです。

「テナントさんも誘致しているのですが、自分たち自身でも、そういう取り組みをやっていこうと」

証券事業も、マルイが売る「サービス」のひとつということなのですね。

「小売り」業界出身のFPがいたっていい

グループを挙げての証券事業を成功させるため、昨年から準備も始めています。

「当社にファイナンシャル・プランナーが300名近くいるのですが、有志に集まってもらって、信頼できるファイナンシャル・プランナーから特別な教育をしていただきました。お客様に向けた初心者向けのセミナー、グループでお金の相談に乗る、そういった人材の育成を目指しています」

発表の中では、現在の金融を取り巻く世界について、異業種から見たときの違和感や、素朴な疑問も語られていました。

「投資、運用のサービスは、富裕層といったお金持ちと、お金を持っている高齢者に集中していて、まだ若いのでそれほどお金を持っていないという人たちが取り残されている。私たちの視点からは、そう見えるところがあります」

異業種目線のこんな発言も、そういえばそうだなと感じました。

「金融出身のファイナンシャル・プランナーとはちょっと違う、小売出身のファイナンシャル・プランナー、お客様に寄り添うようなより親しみが持てるファイナンシャル・プランナー、素人っぽいファイナンシャル・プランナーという役割も必要なのではないでしょうか」

服に多種多様なデザインやサイズがあるように、金融のサービスも、その人にぴったり合うものがあると楽しいですね。

サービス内容は徐々に明らかに

マルイが大好きなおしゃれな若者たちが、マルイのカードで資産運用を始めるなんて、バブル時代には思いもよらなかったことでしょう。

サービスは「2018年夏開始」とのことで、新会社の名前も含めて発表待ちの状態がしばらく続きます。この試み、どんな風に展開していくのか、目が離せません。

【こちらの記事もおすすめ】
新宿マルイで「ビットコイン決済」を体験してみた!
知識ゼロでもわかる「つみたてNISA」3つの特徴。そもそもなんで登場したの?
結局「つみたてNISA」と「iDeCo」どっちが自分に合ってるの?

▲最新記事はTOPページから

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集