(写真=stockfour/Shutterstock.com)

老後まで安心できる「つよい家計」には何が必要?

つよい家計を作るために働く女性がしていること

日本ファイナンシャル・プランナーズ協会(以下、日本FP協会)は、20〜50代の働く女性を対象に、2016年に続いて2回目となる「くらしとお金に関する調査2018」を実施しました。

今回のテーマは家計。老後まで安心できるような「つよい家計」にするために、女性たちはどんなことが必要だと考えているのか。また、実際にどんな工夫をしているのか、1200人のアンケート結果をまとめました。
(参照:日本FP協会 調べ「働く女性のくらしとお金に関する調査2018」)

新年度の目標は1位「美容・ダイエット」

アンケートでは、働く女性のくらしやお金に関する意識について調査しました。新年度のスタートにあたってはこんな質問項目も。

▽「2018年度に行いたいこと」
第1位 美容・ダイエット(体重を落とすなど)37.4%
第2位 健康維持・増進(運動を続けるなど)34.4%
第3位 趣味の充実(〜を見にいく、大会に出る、記録更新など)29.5%
第4位 家計の見直し 20.0%

この上位4位まで、実は2017年度のアンケート結果と全く同じでした。新年度のスタートに毎年考えることは同じなのに、なかなか実行できない……というのが、女性たちの本音なのかもしれません。

また、同じ質問を小学生の子供をもつ女性(75人)に限ってみると、

第1位 家計の見直し 40.0%
第2位 健康維持・増進 34.7%

と、1位と2位の順位が入れ替わります。小学生の子供がいる女性にとっては、美容やダイエットよりも家計の見直しこそ優先して取り組みたいことだというわけですね。子供の進学を考えると、将来を見据えて「つよい家計」を作っていくことが最も大事だと考えている女性は多そうです。

つよい家計にするためには何が必要?

▽「老老後まで安心できるような『つよい家計』にするために必要だと思うこと」
●全体平均(1200人)
第7位 ファイナンシャル・プランナーなどの専門家に相談する 4.3%
第6位 NISAやiDeCoなどを活用して資産運用に取り組んでいる 12.3%
第5位 将来の収支の見通しが立っている 17.6%
第4位 定期的に家計を見直す 28.1%
第3位 お金の知識を身につける 28.3%
第2位 できるだけ支出を減らす 45.2%
第1位 できるだけ収入を増やす 49.2%

収入を増やすことで積極的に家計をつよくしていこうと考えている女性が、最も多いという結果になりました。また、税制や社会保障制度など、お金の知識を身につけて賢く家計を改善したいという女性も多くいます。

つよい家計をつくるためにみんなが工夫していること

くらしとお金に関する調査, 働く女性 (写真=zimmytws/Shutterstock.com)

では、実際に家計をつよくするために、働く女性たちがどんな工夫をしているのか見てみましょう。

▽「生活の余裕や貯蓄を増やすために行っていること」
●全体平均 (1200人)
第8位 キャリアアップをはかる 7.2%
第7位 仕事を始める・仕事に打ち込む 12.9%
第6位 節税・税金対策をする 13.0%
第5位 資産運用する 15.4%
第4位 副業で収入を増やす 19.4%
第3位 固定費を節約する 23.0%
第2位 変動費を節約する 31.3%
第1位 家計簿をつける 33.8%

お金の流れを把握することで、つよい家計を目指している女性が最も多く、3人に1人が家計簿をつけていることが分かりました。

また、先ほどの質問では収入アップが大事だと思っている女性が多数派だったものの、実際のところ2位・3位にランクインしているのは支出カットであることからも分かるように、節約を実施している女性が多いという結果でした。

食費を減らす、娯楽を我慢するといった変動費の節約。保険や電気料金プランの見直しといった固定費の節約。こういったことが、すぐにできる現実的な対策ということなのかもしれませんね。

派遣・契約社員は「副業」、専門職は「節税」

次に、雇用形態別の特徴を取り上げて、全体平均との違いを見てみましょう。全体比と5pt以上の差がある項目をピックアップしました。

●雇用形態別
▽派遣社員・契約社員(160人)
副業で収入を増やす 28.8% (+9.4%)

「副業で収入アップ」を実施している割合が最も多いのが派遣・契約社員でした。

▽役員・事業主(59人)
固定費を節約する 33.9% (+10.9%)
仕事を始める・仕事に打ち込む 28.8% (+15.9%)
節税・税金対策をする 23.7% (+10.7%)

役員・事業主で特に多かったのがこの3項目です。経営者らしい対策傾向がよく表れていますね。

▽その他(専門職など) (37人)
家計簿をつける 24.3% (-9.5%)
副業で収入を増やす 8.1% (-11.3%)
節税・税金対策をする 24.3% (+11.3%)
資産運用する 21.6% (+6.2%)

専門職では、家計簿をつけている人や、副業で収入アップを考えている人が平均よりも少ないという結果が出ました。一方で、資産運用にもっとも積極的なのも専門職でした。

貯蓄を増やすために頑張りたいこと

くらしとお金に関する調査, 働く女性 (写真=ShutterOK/Shutterstock.com)

▽「(生活の余裕や貯蓄を増やすために)これから(引き続き/新しく・今以上に)取り組みたいこと」
第8位 仕事を始める・仕事に打ち込む 10.8%
第7位 キャリアアップをはかる 11.1%
第6位 節税・税金対策をする 14.3%
第5位 資産運用をする 16.0%
第4位 副業で収入を増やす 22.9%
第3位 家計簿をつける 24.9%
第2位 固定費を節約する 25.7%
第1位 変動費を節約する 27.6%

生活の余裕を得るためにさらに取り組みたいことの上位を占めたのは「支出カット」でした。資格の取得や高級職への転職など、キャリアアップをはかるという積極的な取り組みは、なんと8位。その他の収入アップにつながる対策も4位・7位と出遅れています。

老後まで安心できるような「つよい家計」にするには、積極的な収入アップが大事だと考えている女性が半数近かったのに比べて、実際のところ収入増加は難しく、支出を減らして対策すると考えている、という現実が見えてきました。

次回は、女性たちの副業収入は実際いくらぐらいあるのか、詳しくお伝えします。

【こちらの記事もおすすめ】
「共有口座」はキケン!? 弁護士がすすめる夫婦の家計管理法
ベビーができたら考えておきたい子どものお金のこと
共稼ぎ世帯は年収1000万が当たり前!? 年収平均と貯金額を調べてみた

▲最新記事はTOPページから

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集