(写真=Elnur/Shutterstock.com)

あなたは専業主夫を認めますか?一家の大黒柱になれますか?

妻が外で働き、夫が専業主夫という時代が普通になる?

日本フィナンシャル・プランナーズ協会は、20〜50代の働く女性を対象に、昨年に続いて2回目となる、「働く女性とくらしとお金に関する調査2018」を実施しました。1200名の働く女性たちへのアンケート結果から、今回は、彼女たちが専業主夫についてどのように思っているのかを探っていきます。

(参照:日本 FP 協会 調べ「働く女性のくらしとお金に関する調査2018」)

あなたは専業主夫を認めますか?

専業主夫は映画やCMの中では珍しくなくなってきました。

例えば、2015年公開の映画『マイ・インターン』では、アン・ハサウェイ演じる主人公、NYファッションサイトの社長の夫は専業主夫。

社長として超多忙な主人公の仕事と生活を支えているのは、間違いなく、夫が専業主夫として、家事やまだ小さい娘の世話をしてくれているからなのですが……そんな主人公の人生の危機の一つに、専業主夫である夫の、ある行動が関係してきます……

また、2013年から放映開始された洗剤のCMでは、俳優の西島秀俊さんが、家事や子育てなど、普通の主夫の日常生活を送る様子が描かれていました。

そんな映画やCMを見ながら、「夫が専業主夫だったらどんな生活になるのかな?」と想像してしまいます。日本の働く女性たちは、専業主夫をどのように捉えているのでしょうか?

▽専業主夫を「アリ」と回答した女性
アリ…32.2%
ナシ…67.8%

2017年の調査結果で「アリ」と回答した人は24.5%だったので、1年で7.7%増えています。一方で未だ、否定派がの割合が67.8%と、肯定派の2倍以上いるという事実もあります。

あなたは一家の大黒柱になれますか?

専業主夫, 働く女性 (写真=Evgeny Atamanenko/Shutterstock.com)

3割強の女性は、夫が専業主夫になることに肯定的でしたが、次に、その理由を聞いていきます。

夫が専業主夫になるということは、裏を返せば、妻が全面的に家計を支えるということになります。「一家の大黒柱」になる覚悟のある女性が、それほどまでに多いのか、気になるところです。

▽「夫が専業主夫になってもいい」と回答した理由

第8位 自分の方が収入が多いから 4.7%
第8位 夫の方が家事・育児が得意だから 4.7%
第7位 自分の収入だけで暮らせばいいと思うから 5.4%
第6位 自分が仕事に専念できるから 11.7%
第5位 自分は家事・育児が苦手だから 13.7%
第4位 夫の希望は叶えてあげたいから 15.0%
第3位 夫は仕事・妻は家庭という時代ではないと思うから 27.7%
第2位 家事・育児も立派な仕事だと思うから 28.0%
第1位 いろいろな家庭があってもいいと思うから 54.7%

過半数という圧倒的な支持を得て1位になったのは、 「いろいろな家庭があってもいいと思うから」 でした。これには、一つの枠や価値観にはハマらない、相手を許容できる柔軟な現代女性の考え方が反映されているのではないでしょうか。2位や3位の結果も、それぞれ3割近くの支持を得ており、多くの女性が共感しています。

一方で、「自分が仕事に専念できるから」は1割強が支持。

「自分の収入だけで暮らせばいいと思うから」 は、1割未満の支持にとどまり、自分が「一家の大黒柱」になってもいいという覚悟まではできていない、という女性が多いのかもしれません。

専業主夫を任せられる芸能人は?

では、働く女性たちが、安心して専業主夫を任せられるのは、どのような男性なのでしょうか。

洗剤のCMで理想の主夫・理想の夫のイメージができた西島秀俊さんは、もちろん合格!だと思いますが、果たしてランキングには入っているでしょうか?

▽「家事も育児も家計管理もできそうで専業主夫をお願いしたい男性」のイメージあてはまる男性有名人
第10位 堺雅人 11人
第10位 星野源 11人
第9位 西島秀俊 12人
第7位 阿部寛 14人
第7位 谷原章介 14人
第6位 高橋一生 15人
第4位 向井理 19人
第4位 杉浦太陽 19人
第3位 家事えもん(松橋周太呂) 20人
第2位 速水もこみち 43人
第1位 つるの剛士 56人

洗剤のCMで専業主夫を演じた西島秀俊さんは、堂々の9位にランクイン。1位には、5人の子どものパパであり、度々育休を取るなど「イクメン」のイメージが定着している、つるの剛士さんでした。2位には、朝の情報番組で、プロ顔負けの料理を披露する姿が印象的な速水もこみちさん。3位には、掃除などさまざま様々な家事を器用にこなし、お笑いタレントでありながら家事テクの達人としてテレビ番組で活躍する家事えもんさんが選ばれました。洗剤のCMで専業主夫を演じた西島秀俊さんは、堂々の9位にランクイン。

専業主夫はアリだけど、大黒柱になるのは不安

専業主夫, 働く女性 (写真=Sergey Mironov/Shutterstock.com)

約3人に1人の女性が、「結婚後に(夫が望むなら)夫が専業主夫になってもいい」と回答し、昨年の4人に1人からは増加しました。

結果として、専業主夫という価値観にも寛容で、柔軟な思考をもっている現代女性の姿が浮かび上がりました。一方で、自分自身が収入のすべてを担うのは、ちょっと荷が重いと感じているようです。

次回は、働く女性が憧れるビジネスウーマンとはどのような女性で、理想のパートナーとはどのような男性なのか、調査結果をご紹介します。(続く)

【こちらの記事もおすすめ】
働く女性の7割「優先したいのは夫との生活」
出産よりも高リスク!「夫が転勤したら会社を辞める」が女性の7割
「ゆるく働きたい」が6割。正社員でも「バリバリ働きたい」は半数未満
▲最新記事はTOPページから

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集