(写真=Zoom Team/Shutterstock.com)

20代独身、借金あり貯蓄ゼロからの脱出法

FP Cafe「みんなのマネー相談」

今回、FP Cafe「みんなのマネー相談」に投稿された相談は、「貯蓄をしたいのですが、借金があり中々貯蓄が出来ません。 どうしたら良いでしょうか。」というもの。

ファイナンシャルプランナーの中村芳子さんが、借金の返済ステップ、お金の使い方についてアドバイスしています。一緒に相談内容を見ていきましょう。

※ FP Cafeとは、あなたの思いに共感し、理想とする人生を実現するまで、共に歩んでくれる「伴走者」が見つかるサービスです。数十名の女性ファイナンシャルプランナーが在籍しています。

▼相談者プロフィール

年齢:29歳(独身)
職業:正社員(事務)
住居:賃貸(マンション)
貯金:0円
借金:55万円
年収:350万円
月収:22万円
月の支出:18〜20万円
[内訳] 家賃8.5万円、光熱費約1万円、食費約2万円、交通費1.6万円、携帯代1.5万円、美容(脱毛)2万円、借金(アイフル1.3万円とエポスカード5千円)
希望:早めに借金を返済し、貯蓄を早く出来るようになりたい。年に1回は旅行に行きたいし、免許も取りに行きたい。

ファイナンシャルプランナー中村芳子さんのアドバイス

●無理せず借金を返す3つのステップ

こんにちは、ファイナンシャルプランナーの中村芳子です。

貯金をしたいが借金があるので、なかなかできない。どうしたらいいか、というご相談ですね。後に引けません。

もうすぐ30歳。旅行をしたり自分らしい人生を楽しんだりするためにも、早く借金を返してしまい、貯金をして、夢を実現したいですね。 お気付きの通り、借金がある限りは貯金ができません。1日も早く借金を返してしまうべきです。

無理せず借金を返すステップは次のとおりです。

(1) 日々の生活を見直し、月5000円でも1万円でも節約をして、その分を借金返済にあてる(現在の返済月1.8 万円を、2.3万円や2.8万円に)
(2) ローンの返済方法は、残高が減ると返済額も減る「残高連動方式」になっていることが多い(なかなか減らない)が、残高が減っても返済は同額(月2.3万円など)をキープすること。ATMなどで「増額払い」してください。
(3) ボーナスから、できる範囲で返済すること。

●ボーナスは「買い物」から「借金返済」へ

手取り月収22万円、年収350万円とのことなので、年86万円ほどのボーナスがあることになります。

次回のボーナスでエポスカードの残高(現在25万円)を全額返済してしまいましょう。そしてすぐカードを解約!

ただしボーナスを返済に充てるには、クレジットカードで「ボーナス払い」の買い物をしていてはできません。今後、いっさい「ボーナス払い」を利用しないよう決心を。

●脱毛への支出もパーツは最小限に

毎月の支出を拝見して、大きな無駄遣いは見当たりません。脱毛の2万円は小さくありませんが、女子ですもの必要経費ですよね。ただ、これトータルでいくらかかりますか?

昨今の脱毛サロンや施術は、格安キャンペーンをやっていますが、実際に申し込むと別の高額な部位を勧誘されて、トータル1万円以下のつもりでお店に行ったのに、30万円の契約をしてしまった、ということが多くあります。

いまは、借金返済が第一です。脱毛するパーツは最小限にして費用を抑えてください。

●クレジットカードを使わない。支出をきちんとつける

当面の目標は、月22万円の収入から最低月2万円(できれば3万円)のローンを返済して、赤字を出さないことです。 そのためには、クレジットカードを使わない。支出をきちんとつける(家計簿アプリが便利)。この2つをまず実行してください。

上記を実行すれば、冬のボーナスで残額を完済でき、そこから貯金ができるようになるはずです。

絶対にしてはいけないのが、残高が少し減って油断して、またキャッシングやカードローンを使ってしまうこと。これをやると、一生、借金漬けになり、貯金ゼロの人生を送ることになります。

借金を返し終えるまでは、ほしいものもぐっと我慢。お金をかけない楽しみを見つけて、ストレスをためない工夫もしてください。 そして借金のない明るい30歳をむかえ、30代をたっぷり楽しみましょう。

自分一人で頑張る自信がない、やってみたけどうまくいかない、というときはご相談ください。一緒に解決しましょう。お手伝いします。必ず解決できますから。

中村 芳子
(有)アルファアンドアソシエイツ代表
日本の女性ファイナンシャルプランナーの第1号。お金の著書20冊以上。むずかしいお金のことをやさしく解説するのが得意。辛口だが優しいアドバイスに定評がある。現在は、女性とカップル、外国人のお金の相談に力を入れている。証券会社、銀行などのアドバイザーもつとめる。著書は「いま、働く女子がやっておくべきお金のこと」(青春出版社)「結婚したら、やっておくべきお金のこと」「20代のいま、やっておくべきお金のこと」(ダイヤモンド社)、「いま、働く女子がやっておくべきお金のこと」(青春出版社)など多数。FP Cafe登録パートナー

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集