(写真=DAILY ANDS編集部)

沢村一樹さん「ミニカー落札したい」新CM発表会で資産運用の目標語る

ウェルスナビ新CM発表会リポート

「もし資産運用がうまくいったら、ミニカーを落札したいです」

俳優の沢村一樹さんが、ロボアドバイザー「ウェルスナビ」の新CM発表会にて、資産運用がうまくいった時のお金の使い道を語りました。

発表会では沢村さんが、記者団に向かって「貯金1000万円ある人いますか?」と呼びかけるシーンも。沢村さんとウェルスナビの柴山和久CEOとのやりとりを全公開します。沢村さんが思う資産運用とは?

※本記事は2018年4月25日、都内で開かれたウェルスナビ新CM発表会の内容をまとめたものです

断食直後の沢村さん、グレーのスーツで登場

画像縮小,沢村一樹, ウェルスナビ, CM (写真=DAILY ANDS編集部)

ウェルスナビの新CMは5月1日から首都圏などで順次、放映されます。「遊んでいるうちに」篇、「国際分散投資」篇、「はじめて」篇の3篇があり、沢村さんがリビングで猫とじゃれ合いながらロボアドバイザー「ウェルスナビ」を操作するシーンなどが描かれています。

発表会で沢村さんはグレーのスーツ姿で登場しました。

司会:一言、ご挨拶いただいてよろしいでしょうか。

沢村:どうして僕が今回のCMに選ばれたのか実はよくわかっていません。僕は資産運用のプロではありませんが、逆に僕みたいな何もわからない人間だからこそ選ばれたのかな、という風に思っております。まだ新しい分野のものなので、皆様と力を合わせて一生懸命宣伝したいと思います。

司会:4月になりまして、新しい生活始まる方たくさんいらっしゃいます。

沢村:僕はロケで外に出ますので、季節を感じる機会多いと思うんですけれど、春って新しいことをしたくなる空気がありますよね。僕、3日間断食したんですよ、昨日まで。前日の夜8時に食事を終えて、朝起きてから(断食を始めて)今日の朝、やっと解禁しました。今までこういうのやったことないんですけど、やりたくなるのは春だからかなぁ。

司会:どうでしたか?何か変わりましたか?

沢村:変わった気がします。目がよくなった気がします。みなさんがよく見えます。あと、体が軽いです。すごくスッキリした気持ちです。

沢村さん、CM撮影で苦労したことは?

沢村一樹, ウェルスナビ, CM (写真=DAILY ANDS編集部)

司会:CM撮影時のエピソードや資産運用について伺っていきます。新テレビCMですが、撮影の時、大変だったことはありますか?

沢村:にゃんこと一緒だったので、それがうまくいくかなぁという不安は少しありました。あと、イメージをつけたくないという撮影時の意向で、ものすごく見たことのないくらいホリゾントのスタジオだったんです。ホリゾントって奥行きが出ないように角がない、全部真っ白につくられていて、近づけば近づくほど自分がどこに立っているかわからないんですよ。(現場にいないと)わかりにくいですよね。何もない真っ白な空間に立たされた時、すごく不思議な感覚になる。初めてだったので、楽しい現場でした。

司会:演技で意識したところや見どころはありますか?

沢村:演技ですか……猫に完全に負けています(笑)。わりと現場が和気あいあいとした雰囲気だったので、いつもどおりでいてくださいと。大げさなリアクションも要らないですし、スマホの画面を見て感じた通りにやってくださいと言われたので、そのリアクションはそのままです。

少しでも好感度を上げたくて頑張りました

司会:では、CMの表情は本当に自然のままだと。

沢村:はい。実際にシミュレーションをしてみたんですけど、やっぱり、ああいう風に(驚いた顔に)なりますよね。

<メイキング映像が流れる>

沢村一樹, ウェルスナビ, CM 新CMのメイキング映像を眺める沢村さん(写真=DAILY ANDS編集部)

司会:メイキング映像をご覧いただきましたが、猫ちゃんと接している時の笑顔が素敵ですね。

沢村:少しでも好感度を上げたくて頑張りました(笑)。

司会:本当ですか?

沢村:すごく人懐っこい猫で。メス猫だったんですけど、可愛かったですね。僕も猫飼っているんですけど、やっぱり違いますね。性格も。顔もすごくキレイで。抱っこしていても全然離れないんですよ。かわいかったー。

司会:猫ちゃんも安心できたんでしょうね。

沢村:メス猫でよかったな、っていうくらい言っておいた方がいいですか?(笑)

司会:「はじめて編」ではリビングでくつろいでいる姿がありましたが、普段オフの時はどんな感じなんでしょうか?

沢村:最近だと、何もやることがないときは、僕が気に入って座っている椅子があるんですけれども、その周りにミニカーがあるんですね。それをずーっと眺めています(笑)。ため息付きながら、一台一台を愛でるように眺めています。スイッチがオフになったのを感じるのはその瞬間です。

沢村さん「資産運用は個人ではできないイメージ」

沢村一樹, ウェルスナビ, CM (写真=DAILY ANDS編集部)

司会:ありがとうございます。さあ、ここからは沢村さんご自身の資産運用についても伺っていきたいと思います。柴山CEOも一緒にお話を伺いたいと思います。よろしくお願い致します。

柴山:よろしくお願いします。

司会:沢村さんに質問です。もともと、ロボアドバイザーはご存知でしたか?

沢村:いえ、知りませんでした。CMを通じて知りました。でも、今までなかったんだな、こんなのがあったんだな、どちらも感じる不思議な体験でした。

司会:ロボアドバイザーは資産運用を自動で行ってくれるサービスですが、これまでに資産運用をされたことはありますか?

沢村:資産……どのくらいから資産というのかが分からないし、運用という形のものはしたことがないです。

司会:資産運用にはどんなイメージがありますか?

沢村:僕のイメージでいいんですよね。やっぱり個人ではできないイメージです。プロのアドバイスが必要だし、どのくらいの金額から始められるのか?っていうのがわからない。資産というと大きなイメージがあるので、なかなか手を出せない敷居の高いイメージがあります。

司会:沢村さんと同じように感じている人たくさんいらっしゃると思います。では、その資産運用をなかなか始められない人にとって、ロボアドバイザーは強い味方になってくれるサービスですよね。では柴山さん、ここで簡単にどんなサービスなのか説明をお願いします。

柴山:そもそも資産運用はどう行うべきかといいますと、欧米では長期・積み立て・分散が王道となっています。

沢村:長期、積み立て、分散。

柴山:これを自動で実現することによって、資産運用に詳しくない、忙しい方、誰でも利用できるようにしたのがロボアドバイザー、ウェルスナビです。早速みてみましょう。まずは無料診断というのがありまして5つ、あるいは6つのの質問に答えていただくと一人ひとりに最適なプランが示されます。

沢村:それは無料でできるんですね!

柴山:はい。例えば、年齢、年収、金融資産の額、毎月どのくらい積み立てをしていきたいか、資産運用の目的。株価が1カ月に20%下落したらどうしますか?そうした質問に答えていただくと、最適な資産運用のプランが示されるという仕組みになっています。

沢村さんの資産運用シミュレーション結果は?

司会:さあ、そして今回。なんと、沢村さんにも無料診断をしていただいているので、そのシミュレーション結果をご覧いただきたいと思います。こちらです。

沢村一樹, ウェルスナビ, CM (写真=DAILY ANDS編集部)

沢村:ちょっと見え張ったり、いろいろありますけど(笑)。

司会:今回、200万円から始めているということで、毎月5万円の積み立てという設定ですが、普通、皆さんどのくらいから始めるものなのでしょうか?

柴山:ウェルスナビを利用している方が6万人以上いらっしゃるんですが、少ない方だと10万円、多い方だと数千万円という方もいらっしゃいます。平均を取るとだいたい60万円でスタートして、毎月3万〜4万円積み立てるというのがウェルスナビの平均な利用です。

沢村:10万円からでもできるんですね。

司会:沢村さんのシミュレーション結果について、柴山さんいかがでしょうか?

柴山:はい。結論を左側に出しています。200万円でスタートし、30年間で元本が2000万円になるわけですけれども、30%の確率で6088万円以上、50%の確率で4567万円以上、70%の確率で3480万円以上になります。

沢村:これ、普通、銀行に預けていたらここまでいかないですよね。銀行さん怒らないんですか?

柴山:今の日本ですとゼロ金利ということでそうなります。どういう仕組みかというと、6つの上場投資信託(ETF)を使って、世界経済全体に投資を行っています。世界経済の成長率を中長期的に上回るリターンを目指していく仕組みになっています。

沢村:それはそういうデータがあるんですか?

柴山:いろんな金融機関のデータを何百万通りと計算した上で最適なものを一人ひとりにすすめていく仕組みになっています。

沢村:その人にあった運用の仕方を提案している?

柴山:そうですね。先ほど答えていただいた質問を元にしています。

20%下落しても「何もしない」

沢村一樹, ウェルスナビ, CM (写真=DAILY ANDS編集部)

沢村:「20%下落したらどうしますか?」という質問に僕は「何もしない」と回答しました。CMを撮影するときに伺ったのは、短いスパンで考えると損をしてしまう。長く、10年単位で考えた方がいいっていうことだったので、だったら何もしない方がいいのかな?むしろ安い時だったら、もし余裕があるんだったら逆に買ったほうがいいかなと。ただ、その考え方が逆の人もいるんですよね。

柴山:そうですね。そこはある意味、正直に答えてもらうのがいいかなと思います。正解はこれなんじゃないか、と考えるのではなく、直感的に自分だったらどうするかな?というのを答えていただくと、より正しい診断結果が出やすくなります。沢村さんの場合、ある程度リスクをとって海外の株式を中心に、それから債券、アメリカの不動産などにも幅広く投資をするというシミュレーションになっています。

沢村:自分ではちょっとこれだけ分散させるのは難しいですよね。

柴山:そうですね。株式を個別に買っていくのはかなり大変じゃないかと思います。例えば、米国株っていうのがありますけど、具体的にはApple、マイクロソフト、Googleの親会社のアルファベットの株が入っていたりします。これを全てカウントすると50カ国1万1000銘柄に分散投資しています。

沢村:それは僕がその株を所有しているってことですか?

柴山:そうです。

沢村:なんか、かっこいいですね!金も入っていますよ。

柴山:株が下がると金が上がりやすいといわれています。あらかじめ分散して持っておくことによって金融危機起きたときのショックを和らげる効果期待をできます。

「長期・分散・積み立て」で大暴落にも備えられる

沢村:こういうのがあると、経済新聞で勉強したくなるのかな。

柴山:きっかけにはなるかな、と思います。そこから個別株買っていこうとか、広がっていくといいな、と思います。

沢村:実際にこうやって具体的な銘柄を教えてもらえると面白いですよね。ジャッジのタイミングは個人だとなかなかわからない。プロは知っているのかもしれないけど。下がるとドキドキするじゃないですか。

司会:柴山さん、シミュレーションについてもう少し詳しく教えていただいてもよろしいでしょうか?

沢村一樹, ウェルスナビ, CM (写真=DAILY ANDS編集部)

柴山:先ほどの画面ですと、資産が増えるという話しばかりが出てくるんですが、現実には100年に1回くらいはリーマンショックみたいなものも起きています。そこで、このグラフは2008年の1月が今だとして、今から9カ月後にリーマンショックが起きると、資産にどういう影響があるかを示しています。

沢村:最悪の事態が起きた時のシミュレーションということですね。2008年から2018年までのこの10年でどうなるかと言うと……あっ、でも一回下がった後、また増えるんですね!

柴山:リーマンショックのときに大きく下がるんですが、中長期的には世界の経済は成長しているので、損失も一時的なもので済んでいると、過去のデータ上ではなっています。

沢村:長期投資が大切、というのはそういうことなんですね。長くやるとプラスになる確率が高くなると。

柴山:データ上はそのような結果になっているということです。

司会:ここで、柴山さんから沢村さんに直接、資産運用のワンポイントアドバイスをお願いします。

沢村:柴山さんにアドバイザーになってもらえたら一番いいんですけどね(笑)。

沢村一樹, ウェルスナビ, CM (写真=DAILY ANDS編集部)

柴山:そのためにこのアプリをつくりました(笑)。毎日、離さずに持っていただければと思います。資産運用のアドバイスを一言でいうと、長期・分散・積み立てです。

沢村:やっぱりその3つなんですね。長期・分散、そして積み立てていかないといけないんですね。

柴山:どこのタイミングでスタートするかって難しいと思います。そうした中で積み立てをメインで使うことによって、株ですとか、為替といったタイミングのリスクをうまくヘッジすることができます。

沢村:保険じゃないですけど、若い頃から始めると、積立額もそんなに大きくなくていいってこともあるんですかね。若い人ほどやった方がいいということですか?

柴山:若い人ほど時間を味方にできるので、有利になりますね。

沢村:女の人はご飯代を男の人におごってもらって、余ったお金で始めることができるかもしれませんね。男の人はちょっと頑張ってもらって。

柴山:えーと……そのあたりは皆さん、適切な資産運用をしていっていただければと思います(笑)。

沢村:うまくまとめていただきました(笑)。

記者団に向かって「貯金が1000万円以上ある人は?」

沢村一樹, ウェルスナビ, CM (写真=DAILY ANDS編集部)

司会:沢村さんの資産運用への興味関心がすごいですね。どんどんご質問されて。

沢村:なんか、見ていると楽しそうですよね。データなので感情があまりないじゃないですか。そこが心配だったりするんですけど、逆に長くやるっていうことを考えると、感情がないからいいのかなっていう気はします。

司会:ぜひ、皆様もこの無料診断をしていただいて、実際に始めていただければと思います。

沢村:(会場の記者団に向かって)皆さんはどのくらい資産あるんでしょうね?貯金が1000万円以上ある方!

<会場笑い>

沢村:あー、3人くらいいますね。顔を見ればわかりますよ。100万円以上だとどうですか?

司会:うなずかれている人はいますね。

沢村:(笑)。うなずかれている方は結構いましたね。

司会:こういう会話をしたくなりますね。

沢村:お金の話しってあまりきれいじゃないって思う人もいらっしゃるかもしれませんが、すごく大事なことなので。なぜかというと、年金が支給される年齢も変わりそうなんでしょ?若い人ほどやっぱり考えなきゃいけないのかなって思います。僕は年金もらえるまで生きていられるのかなって思いますけどね(笑)。

もし資産運用がうまくいったら何をしたい?

司会:さあそしてここで、沢村さんに質問があります。もしウェルスナビで資産運用がうまくいったら、何をしたいですか?事前にフリップにお答えいただきましたので、こちらを発表していただきます。

沢村:発表するほど大したことではないんですが、僕はこれをやりたいです。「ミニカー落札」。オークションで日々、ミニカーを追っかけています。さっきのウェルスナビのシミュレーションを見てみると、ちょうどいい金額なので、したいと思います。次から次へといいミニカーが出てくるんですよね。

司会:ご自身でミニカーをつくったりもするんですか?

沢村:昔はつくっていましたが、今は全然。プロがつくるものには敵わないですね。いいんですかね?50過ぎたオッサンがミニカーって。

司会:童心を忘れないことが、沢村さんの魅力なのではないでしょうか。

沢村:上手に拾っていただいてありがとうございます(笑)。

司会:ではお時間となりました。ウェルスナビ新テレビCMは5月1日から放送となります。最後に沢村さんからメッセージをお願いします。

沢村:今日は雨の中お越しいただいてありがとうございます。記者の皆さんもお話を伺って、人それぞれお金についての考え方あると思うんですが、少しでも興味持っていただいた方がいらしたら、その気持をそのまま記事に書いていただきたいなと思います。楽しく、今まで興味なかった方たちにも何か新しいことを考えてもらうきっかけになるアプリだと思うので、それを楽しく利用していただければと思います。皆さんのお力をお借りしてひとりでも多くの方に経験していただければ幸いです。よろしくお願いします。

沢村一樹, ウェルスナビ, CM (写真=DAILY ANDS編集部)

(ウェルスナビ新CM発表会リポート、おわり)

【こちらの記事もおすすめ】
ロボアドバイザーに「中の人」!? 会ってきたら、こんな人たちでした〜投資一任型編〜
2018年「ロボアドバイザー」はこう流行る。トレンドを専門家・業界各社が予想!
こんなに優秀!ロボアド2選+α【スマホでできる資産運用「実践編」】

▲最新記事はTOPページから

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集