(写真=Olesia Bilkei/Shutterstock.com)

女性を超える関心度!?「オトコの美活」意識調査結果

いまや「美活」は女性だけのものではありません。ここ数年で男性の美容に対する意識が変化し、「男性も美を追求する時代」へと変わってきました。今回は、そんな男性の美活の現状について紹介します。

女性よりハマる人はハマる!?男性の美容事情

ひと昔前は「男は中身だ!」という考え方がありましたが、現在ではその意識は少し違ってきているようです。特にビジネスの場では「見た目」が営業成績や信頼にも影響してくるため、美容を気にする男性が増えています。

イケメンでなくとも身なりに気を使い、清潔感ある男性は、周囲からのウケが良いため結果的に自分に自信がついていきます。そのため、なかには女性よりも美容にハマってしまう男性も存在します。

男性の美活に関する調査結果

リクルートライフスタイルが2017年に実施した「男性の美容意識・行動調査」によれば、2014年の調査時に比べて20代・30代を中心に身だしなみの必要性を感じたり、身だしなみに関心を強く持ったりしている男性が増えたことがわかりました(6~8%増)。

また、気になる部分をケアしている人が増えており、特に「ヘッドスパ」や「まゆ毛のお手入れ」をする人が増えています(5%増)。眉は少し整えるだけで印象が大きく変わるため、人目につきやすい箇所です。効果が出やすい方法に力を入れていることがわかります。

美容にお金を使う男たち

気になる部分をケアする人が増えるということに比例して、美容に使うお金も増えています。

上記調査では1ヵ月あたりの身支度・ケアにかける費用の平均は5,285円で、2014年に比べて全年齢層で増加しています。特に、20代・40代では平均金額が2,500円以上で、男性が美容にかける費用が3年で倍増しています。

男性の美容に対する意識はここ数年で変わってきており、男性の美活はもはや珍しくないのでしょう。美活は自分にとって心地よいだけでなく、周囲とのコミュニケーション力を高める手段でもあります。

ただし、やりすぎて不自然になってしまうと逆効果になる可能性があるため、ナチュラルさを損なわないことが肝心です。

文・佐倉三月

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集