(写真=Ioan Panaite/Shutterstock.com)

世界の金融街3選!お金のことを学べるマネー女子旅プラン

楽しい海外旅行、ショッピングを楽しむのもよいですが、ちょっと趣向を変えて、世界の名だたる金融街をお散歩してみるのはいかがでしょうか?

ちょっと”ハンサム”なファッションで歩いてみたいスポットをご紹介します。

世界の金融街その1 ロンドン

ロンドンの中心に位置する「シティ・オブ・ロンドン」は、ニューヨークのウォール街と並ぶ金融街として知られています。

旧王立取引所

16世紀に設立されたロンドン最初の取引所です。1840年代に建てられた現存する建物は、2001年まで国際金融先物取引所として機能していましたが、現在は高級ショッピングモールになっています。

イングランド銀行博物館

旧王立取引所の隣にある「イングランド銀行博物館」は、銀行の成り立ちや歴史をわかりやすく解説しています。目玉は13kgの金塊に触れることのできるコーナーです。13kgの金がどれくらい重いのか、想像できないですね!

世界の金融街その2 香港

香港の金融の中心である「中環(セントラル)」は、高層ビルが立ち並ぶビジネス街でありながら、一歩路地を入るとノスタルジックな風景を楽しめます。

香港上海銀行 香港本店ビル

ビルの下に鎮座しているライオンをなでて、一緒に写真を撮ると金運UPが狙えるという噂もあり、観光客の撮影スポットになっています。このライオンは香港ドルに描かれているものです。

世界の金融街その3 ニューヨーク

世界の主要な金融機関が集まるアメリカ・ニューヨークにあるウォール街。世界のお金の流れを学ぶならば、一度は訪れたい場所です。

ニューヨーク証券取引所

ロンドン証券取引所に継いで古い、世界最大の証券取引所です。現在の建物は1903年に建てられました。経済ニュースでも頻繁に登場する場所です。

20世紀の世界恐慌など、マネーの重大ニュースはこの場所から始まりました。

お金の考え方が変わるかも!?

今回ご紹介した場所は、いずれも世界のマネー史に登場する場所です。マネーの長い歴史を体感することで、これからのお金に対する考え方が変わるかも!?

文・米澤智子(2級ファイナンシャル・プランニング技能士)

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集