(写真=Gyorgy Barna/Shutterstock.com)

どっちが幸せ?「正社員女子」VS「契約社員女子」

皆さんはどのような就業形態で仕事をしていますか?正社員でしょうか、それとも契約社員(派遣社員、パート等含む)でしょうか?同じ仕事をしているようでも任される内容が違い、「あちらの働き方がいいな」と思うことがあるかもしれませんね。

では、いったいどの働き方が幸せといえるのでしょうか?

契約社員はプライベートの充実が魅力

契約社員とは3ヵ月や1年など、雇用期間が決まっている働き方です。専門性が高い仕事についていなければ大幅な昇給は期待できず、産休や育休がとりにくいとも言われます。

一方で、お笑い芸人の大久保加代子さんや漫画家の東村アキコさんのように、夢をかなえるためにあえて副業ができる契約社員を選ぶ方もいるでしょう。

プライベートを充実させたい方には、「契約社員女子」の幸せ度が高そうですね。

正社員は手厚い福利厚生と待遇の良さが強み

正社員は雇用期間が限定されず、長く仕事をすることが可能です。継続雇用を前提としているので、勤続年数や業務内容に応じ、知識・能力を高めることが必要とされます。会社によっては残業が多いほか、転勤の可能性もあります。

ですが、企業によっては退職金の支給もあり、相対的な収入は正社員のほうが高いといえます。

待遇面や将来的な安心感では「正社員女子」の幸せ度が高いようですね。

正社員と契約社員の差がなくなる?

現在、このような契約社員と正社員の差はなくなりつつあります。

正社員では、転勤のない「地域限定正社員」や、週4日勤務などの「時短正社員」の採用をする企業もあります。副業が可能な企業も増えてきました。

契約社員では、通算で5年以上就業することで無期雇用への転換が可能になっています。

このように、正社員と契約社員、両方のよさを持つ働き方が増えてきています。

10年後、15年後、そして20年後……。あなたはどのような生活をしているでしょうか。ご自身の将来を想像してみると、今後の「働き方」が変わってくるかもしれませんね。

文・浅葉名津美(中小企業診断士、キャリアコンサルタント)

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集