右から民泊ホストKEIKOさんと、ECサイト出店者の宙雲さん(写真=筆者撮影)

面倒くさいけど「きちんと確定申告する」ことで意外なメリットもある

民泊ホスト×EC出店者が語る確定申告のコツ

1年間(1月1~12月31日)の所得を計算し、翌年の2月16~3月15日の間に申告・納税する「確定申告」。会社勤めをしていると、税金は給与から天引きで源泉徴収され、もし多く納め過ぎた場合は年末調整で戻ってくるので、「確定申告は一度もしたことはない」という人もいるでしょう。

でも、副業の解禁や、会社を退職してフリーでなにかはじめたいとなったとき、確定申告は身近なものになります。

どんなふうに準備すればいいの? シェアハウス運営の運営もある民泊ホスト、天然石ハンドメイドアクセサリーを販売するECサイト出店者という「いまどき」の事業を手掛ける女性たちの、生の声を聞いてみましょう。

※本記事の対談部分は2月16日開催された「MFクラウド確定申告カフェ @BOOK LAB TOKYO」の第2部:『フリーランスが語る、確定申告事情〜民泊の確定申告〜』を編集したものです

本業のヘアメイクと民泊ホストを両立

司会:フリーランスが、確定申告で苦労した点や何を改善すると確定申告を効率化できるのかといった、実践的な内容をお伝えします。KEIKOさんは3年前から民泊ホストをされています。

KEIKO:もともと、フリーランスのヘアメイクとして雑誌の仕事などをしていました。ゲストハウスやシェアハウスの運営を経て、3年前からAirbnbを利用して、民泊ホストをはじめました。今も、仕事数は減りましたが、ヘアメイクの仕事は続けながら 2つの物件を管理しています。

確定申告, コツ, メリット (写真=筆者撮影)

司会:こちらのスライドが、KEIKOさんが運営しているお部屋の写真です。私もお邪魔したことがありますが、和の雰囲気ですね。やはり、海外のお客様の予約が多いのでしょうか?

KEIKO:そうですね。最近はほかの民泊施設も増えてきていますが、はじめたばかりの頃は非常にお客さんが多くて、びっくりしました。

駅送迎など、きめ細かいおもてなしを欠かさない

司会:お客さんが宿泊する場合、KEIKOさんの1日の流れはどんな感じなのでしょう?

KEIKO:「朝の5時半に出たい」と、早い時間のチェックアウトを要望する方もいます。そうした場合、私は5時に起きて、必ず駅までお送りするようにしています。戻ったら部屋のチェックを行います。

9時には、貸し出している部屋のお掃除をお願いしている方が来るので、私はもっぱら洗濯です。シーツやタオルなどのセッティングは、私が行います。

15時を過ぎると、今度は新しいお客様を駅にお迎えに行きます。食事は提供しないのですが、パンを買って差し入れするなど、必ず顔を合わせるようにしています。部屋で30分くらい、お話しすることもありますよ。

夜はアメリカやヨーロッパの地域から予約や問い合わせのメールが入りますので、それに対応したりしています。24時間体制ですね。

好きなことを追求して、ECサイトの店主に

確定申告, コツ, メリット (写真=筆者撮影)

宙雲(そらくも):私は、2つのECサイトで天然石を使ったアクセサリーを販売しています。ハンドメイドのショーなどにも、たまに出たりしています。もともと主婦で、この仕事を始めたのは昨年からです。

司会:天然石でアクセサリーを作ることが得意で、趣味から仕事になった、ということでしょうか?

宙雲:そうですね。趣味から入って、業者の方とやり取りをする中で、デザインしてみたら?と勧められました。それが仕事になっていきました。

自宅用と事業用のレシートは分けてもらう

司会:KEIKOさんは、ヘアメイクとしてフリーでお仕事をされていたので確定申告は慣れていると思います。でも、民泊の確定申告は、勝手が違うのでしょうか?

KEIKO:ヘアメイクのときは自分で確定申告をしていました。でも今は、あまりにも複雑なので税理士さんに確定申告をお願いしています。

司会:税理士さんにお願いしているとはいえ、ご自身で日頃の経費を管理するコツのようなものはありますか?

KEIKO:トイレットペーパー、シーツ、タオル、差し入れのパンといったものは全て経費にできます。作業が煩雑にならないように、買い物に行ったときは「自宅用」と「事業(民泊)用」に、会計を分けてもらって、別々のレシートを出してもらっています。

クラウド会計ソフトを基本に、手入力で対応

確定申告, コツ, メリット (写真=筆者撮影)

司会:宙雲さんはクラウド会計ソフト「MFクラウド確定申告」を利用しているとのことです。EC サイトと売上の管理、入金のタイミングはいかがでしょうか?

宙雲:売上管理に関しては、ECサイトのアプリからどのくらい売れたかをチェックするようにしています。データはそのまま「MFクラウド確定申告」にリンクしています。ただ、販売手数料は今のところ反映されていません。手数料は経費にできますので、自分で入力しています。

私の場合、かかる経費は加工費用、イベントへの出店料、交通費、ECサイトの販売手数料や送料など。交通費に関しては、交通系ICカードの記録を入力していたのですが、「モバイルSuica」とクラウド会計ソフトが連携するようになったのを機に、それに切り替えました。

司会:確定申告する際には、在庫のなかで売上のあったものしか売上原価に算入できないですよね。EC サイトの場合、在庫管理はどうされているのでしょうか。

宙雲:仕入れたものの詳細、売れたものの詳細は手元にあるので、自分で数合わせしています。もっと効率的な方法がないか、模索しているところです。

税理士のアドバイスで「ふるさと納税」

確定申告, コツ, メリット (写真=筆者撮影)

司会:KEIKOさんはこの先、ご自身で確定申告をしてみたいと思いますか?

KEIKO:レシートを撮影すると仕訳をしてくれるソフトがありますよね。今、そうしたサービスは利用していないので、使ってみたいですね。税理士さんに払う経費も安くはないので。

ただ、税理士さんにお願いすると、自分の事業に合ったアドバイスがもらえます。私は、税理士さんに「ふるさと納税」を勧められ、たくさん返礼品をいただきました。自分だけでやっていては、納税額を活かすといった、こうした発想は出てこなかったと思います。

納税の実績が、不動産ローン審査に有利に

司会:お二人ともインターネットのサービスを使ってビジネスをしています。サービスの提供側から「確定申告をしましょう」という、お知らせのようなものはありますか?

宙雲:クラウド会計ソフトと連携したセミナーの告知、といった案内が届きます。

KEIKO:私は「きちんと確定申告する」ことの意味を痛感したことがあります。不動産を購入したとき、ローンを組むにあたって3年前までの所得に遡って審査されました。その結果OKが出て、物件が買えました。

自分の所得をきちんと申告して納税する、それが自分の仕事の実績になりますよね。きちんと税金を払う、それで社会的な信用が得られる面があると思います。

「課税漏れを防ぐ」議論がはじまっている

確定申告, コツ, メリット (写真=筆者撮影)

「確定申告をサポートするセミナーを毎年開催しているのですが、『ちょっとした悩みを相談したい』といった、セミナーだけでは解決できない悩みもあります。そこで、みなさんの確定申告をサポートするためのイベントを開催することになったんです」と、イベントを主催するマネーフォワードの広報部長の柏木彩さん。

2017年のいわゆる「民泊新法(2018年6月から施行される住宅宿泊事業法)」の成立などもあって、政府税制調会は昨年の9月から、シェアリングエコノミーのサービス通じて収入を得ている人たちの課税漏れを防ぐ議論を開始しています。

2017年に仮想通貨を取引でもうかった人も確定申告が必要になるなど、確定申告への関心は高くなっています。そんななか開催されたイベントは大盛況でした。

確定申告, コツ, メリット 会場にはアクセサリー販売やブログなどで稼いでいるというインスタグラマーの佐藤せりなさん(右)姉妹の姿も(写真=筆者撮影)

2017年分の確定申告期間は3月15日まで。確定申告期間中は、地域の税理士会などによる確定申告相談会も開かれています。確定申告で気になることがある人は、ぜひ会場に足を運んでみてくださいね。

【こちらの記事もおすすめ】
知らないと5万円損する「確定拠出年金」加入者の確定申告のやり方
メルカリやヤフオクの収入は確定申告が必要!? 知っておきたい注意点
株の損は「パンの失敗作」?アラサーOLが学ぶ株を損失した時の対処法

▲最新記事はTOPページから

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集