(写真= antoniodiaz/Shutterstock.com)

バツイチ子持ちはモテる!? シンママがスムーズに再婚できた理由

失敗を経験したからこその良縁との出会い

こんにちは、婚活FP(ファイナンシャル・プランナー)山本です。

婚活支援をしていると、女性の中には「バツイチ。特に子供がいると再婚はムリ」という強い先入観を持っている方がいるように感じます。そしてだからこそ、尚更に結婚で失敗できないと、初婚で慎重になりすぎている方も……。

しかし現実的にはそんな事はなく、むしろバツイチ子持ちだからこそ自分に合う男性を見極めることができ、また好まれることもあるのが現実です。

そこで今回は、「バツイチ子持ちだったからこそ上質な男性と再婚できた女性」の実話をお伝えします。

あなたの再婚に、そして人生にお役立て下さいませ。

【こちらの記事もおすすめ】
バツイチの彼は優良?それとも地雷?!結婚前に知っておきたいお金の話
バツイチ彼の「養育費」。負担を軽減してもらう方法ってあるの?
離婚しても養育費はもらいたい。相場はいくら?どうやったら確実にもらえるの?

不倫が原因で高年収夫とスピード離婚

バツイチ, 子持ち, シンママ, 婚活 (写真=Andrey_Popov/Shutterstock.com)

ある都心部に、当時30代前半のバツイチ女性、絵里(仮名、エリ)さんがいました。絵里さんには4歳になる娘の美幸(仮名、ミユキ)ちゃんがいました。

絵里さんの元夫は東証一部上場企業に勤める同い年の、年収約600万円の男性。そしてよく言えば「男性らしい男性」。恋愛中から「黙って俺についてこい」なタイプで、妊娠中に不倫をしたことから離婚をしました。

絵里さんは離婚後、「この子は私が絶対立派に育てるんだ!」と強く決意した一方、「バツイチで子供までいるんだし、再婚はムリだろうな」とも考えていたそうです。

そんな離婚劇から約4年後。絵里さんに転機が訪れました。

バツイチ、シンママに子連れデートのお誘い

バツイチ, 子持ち, シンママ, 婚活 (写真= Liderina/Shutterstock.com)

仕事関係のイベントで、2歳年上の年収約500万円の、似たような中堅企業に勤める男性、信一(仮名、シンイチ)さんと出会ったのです。

信一さんは、絵里さんがシングルマザーだと伝えても全然イヤがらず、むしろ子供の話を熱心に聞いてくれ、とても好意的な応対をしてくれました。

この時は正直、ちょっと信じられなかった絵里さんでしたが、以後、信一さんとのやり取りを続けたそうです。

また絵里さんは当初、美幸ちゃんがいるからこそデートを断っていたのですが、なんと信一さんは美幸ちゃんも含めて食事に誘ってきました。

そうまで言われると断る理由が無くなってしまい、絵里さんは以後、少しずつデートに応じました。

「なぜバツイチの自分を選んでくれたのか?」

バツイチ, 子持ち, シンママ, 婚活 (写真= Photobac/Shutterstock.com)

実は絵里さん、初回のデートの時からちょっと不思議な気分だったそうです。

なぜなら美幸ちゃんが、まるで本当のお父さんのように信一さんを慕い、信一さんに懐いたのです。また信一さんも、我が子と接するように美幸ちゃんと接していました。デートの帰り際でも、むしろ美幸ちゃんが別れを渋ることも増えていったそうです。

美幸ちゃんのそんな好意が、いつしか絵里さんにも伝わったのでしょう。二人の出会いから約1年後、絵里さんは信一さんとの再婚を果たしました。

もちろん再婚時には、しっかり美幸ちゃんにもOKの確認を取ったそうですが……イヤだと言うハズがありませんよね。

信一さんと結婚した絵里さんは、こんな事を言っていました。

「冷静に考えると、なぜ信一さんのような男性が独身で残っていたのか分からない。それになぜ私を選んだのかも分からない。他にもっといい女性との出会いもあっただろうに……。分からないけど、選んでくれてありがとう」

初婚女性は、この男性を選んだか?

バツイチ, 子持ち, シンママ, 婚活 (写真= Maryna Pleshkun/Shutterstock.com)

実はこの話には、いくつかの裏があります。まずは信一さんについてです。

・容姿はモテにくい

実は信一さんは信一さんで婚活を意識し、相応に出会いの場へ足を運んでいたのですが、ロクにモテませんでした。ひとまず容姿や第一印象は、少なくとも初婚女性からすると、決して良くはない男性だったのです。

・女性とのコミュニケーションも下手

また信一さんは、そこまで女性とのコミュニケーションが上手な訳でもなく、中々デートに誘ってもOKを貰うことができませんでした。

・中堅企業の年収500万円

婚活現場や出会いの場においては、信一さんの「中堅企業勤務で年収約500万円」というのは、けっして魅力的に感じてもらえません。年収や会社の条件だけなら、他にもっと良い男性は、いくらでもいますからね。

子持ちだからこそコミュニケーション上手に

バツイチ, 子持ち, シンママ, 婚活 (写真=BlueOrange Studio/Shutterstock.com)

この二人の縁には、美幸ちゃんの存在が、とても大きな役割を果たしました。

絵里さんからすれば、美幸ちゃんが先に信一さんに好意を持ったからこその再婚です。まるで、「将を射んとすれば、まずは馬から」のようですね。

逆に信一さんからすれば、美幸ちゃんがいたからこそ、絵里さんに女性とのコミュニケーション下手を悟られず、むしろ手慣れた子供との応対で、株を上げる事に成功しました。

信一さんには、美幸ちゃんとほぼ同い年の姪っ子がいて、元々子供好きだった性格も手伝って、子供への応対は上手だったのです。

信一さんが「美幸ちゃんも連れてのデート」を提案したのも、結果論ですが、こういった要素もあったのでしょう。

「離婚経験」や「子供の有無」については、なんら女性の再婚を妨害するものではありません。安心して婚活に励みましょう。

夫婦生活に本当に必要なものは何?

バツイチ, 子持ち, シンママ, 婚活 (写真= Viktoriia Hnatiuk/Shutterstock.com)

ところで、絵里さんはあまり意識されていませんでしたが、実はこの話には、もう一つ大きな要因があると筆者は感じました。それは、絵里さんが一度は結婚を経験していて、そして自分の夫婦生活には「何が必要か」を理解していた点です。

少なくとも絵里さんは、初回の結婚の時にはお金では苦労しておらず、元旦那の不倫や人間性が離婚原因でした。そんな絵里さんなら、お金や年収では男性を選ばず、不倫の可能性や人間性で男性を選ぶのも、当然のことでしょう。

また絵里さん自身、元々贅沢を好むような性格をしておらず、そして自身も普通に働いていたため、当初から男性の年収をある程度無視できた点も大きいです。

もし絵里さんに十分な年収が無かったら、そもそも最初の結婚でアッサリ離婚できたでしょうか。

バツイチ子持ちの女性が再婚するためのポイント

imageTitle (写真=veronicagomezpola/Shutterstock.com)

信一さんからすれば、どうしてバツイチ子持ちの絵里さんに好意を持ち、そして結婚したのでしょうか。確かに本人は婚活に苦戦していた背景もありましたが、ちょっと不思議ですよね。

・決め手は「落ち着き」「金銭感覚」「働く意欲」

実はこの点について、信一さんは興味深い本音を語っておられました。

「確かにバツの有無はともかく、子持ちという点が気にならなかったと言えばウソになります。でも幸い美幸ちゃんは懐いてくれましたし、私を受け入れてくれました。それよりも、絵里さんの落ち着いた雰囲気や金銭感覚、そして仕事への意欲を見て、この人だと思ったんです」

きっとこれはバツイチ女性を狙う男性のもっともありがちな本音といえるでしょう。

・男性は「多くを求める女」を敬遠

一般的な初婚の婚活女性は、つい男性に多くを求め、どれだけ自分を気遣えるか、お金を出してくれるか等を気にしますが、大抵の男性はこれを嫌っている訳です。

対して一般的なバツイチ子持ち女性は、夫婦生活の苦労を経験したことによって男性に上記のようなことを求めることがなくなります。「求められること」に嫌気が差した男性からすると魅力的に映ります。

バツイチ子持ちの女性が再婚を希望する場合、若かりし頃は思い出さず、今の素の状態で男性と接しましょう。「バツイチだからって安く見るな」は、控えて下さいね。

バツイチの男性は婚活市場でどう見られるか?

ところで逆バージョンの「婚活市場にいるバツイチ子持ちの男性」は、どうでしょうか?女性にとってできれば避けたい相手?それとも、条件次第では受け入れ可能でしょうか。

この点について、知り合いの結婚相談所の方がこんな事を言っていました。

「登録時は男女ともに8割程度の方は子持ちの方を避けます。でも婚活を続けていると、バツイチ子なしよりもバツイチ子ありの方が成婚率が高いです」

離婚後に夫が成長したので再婚した記事でもお伝えした通り、子供は親を成長させてくれる存在といえます。子供は経済力の面でも人間性の面でも、親を魅力的にしてくれるようです。

婚活初期だけは厳しいかもしれませんが、気にせずに出会いを探しましょう。

これから離婚してバツイチになる女性へメッセージ

数多くのバツイチ女性を見てきた筆者からすると、これから離婚してバツイチになる女性には、以下の点を意識しておくことをお勧めしたいと思います。

  • 早期に十分な収入源を確保すること
  • 実家へ戻る準備
  • 子供がいるなら仕事と育児を両立する覚悟
  • 早期の再婚活の開始

まずは収入源が何より大切です。元々共働きならともかく、パートや専業主婦であった方なら、早期に就職活動をしましょう。経済的に苦しい場合には、可能であれば親に連絡を取り、実家に一時的に戻らせてもらった方が無難です。想像以上に、財産分与の数百万円のお金は瞬時になくなりますよ。

そして残念なことに、まだまだ日本社会で働きながら子供を育てるのは大変です。子供の急な体調の悪化で何度も会社を早退したり休んだりすると、会社に居づらくなることもあるでしょう。周囲の理解と協力を得られるよう、日頃から信頼関係を築くことも大切ですし、場合によっては職場を変える必要もあるかもしれません。仕事と育児を両立する方法をなんとか模索していただきたいと思います。

あとは早期の再婚活です。離婚後しばらくは「もう結婚はこりごり」という方も多いものですが、次こそ良きパートナーに出会えるかもしれません。ムリな婚活はしなくてもよいですが、もし可能であれば、嫌いではない男性に誘われたら応じるという程度には心を開いておいていただきたいと思います。

バツイチは「一度は売れた」実績アリ

最近の婚活現場を見ていると、「結婚できる人」は何度でも結婚でき、そうでない人は厳しい、という二極化が起こっています。

バツイチの方は「一度は売れた」という実績がありますから、ある意味「品質保障」があるようなもの。きっとまた素敵な男性から誘われるでしょう。後ろめたさを感じることなく、笑顔で毎日を過ごしましょう。

【こちらの記事もおすすめ】
離婚・再婚時に悩む子供の名字。戸籍の仕組みを知っておこう
再婚後、配偶者や子どもへの相続はどうなる?問題になりそうなケースと対応策
バツイチの彼は優良?それとも地雷?!結婚前に知っておきたいお金の話

▲最新記事はTOPページから

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集