(写真=Sodan)

30代ならもっと楽?40代女性が今から始める「老後の備え」

40代シングル女性が知りたい今から始める老後の備え方

現状の生活に困っていない人こそ後回しにしがちな「老後資金の準備」。たしかに、今の生活に問題がなければ、先のことに対して危機感を感じることは難しいですよね。ましてや、ご自身で生活を完結することのできる独身の方はなおさらでしょう。そこで今回は、40代シングル女性が考えるべき老後のお金についてのコラムです。

シングルの老後は最低でも2,000万円!?

40代シングル女性,老後の備え方 (写真=Sodan)

さて、一般的に夫婦二人で必要となる老後資金は3,000万円といわれています。では、独身の方の場合、必要な金額は半分になるのでしょうか?

答えは、NOです。考えてみれば当然ですが、家賃や水道光熱費が一人暮らしだからといって半分になるわけではありません。食費に関しても同様です。半分になるどころか、食材を一人分購入するほうが割高だったりしますよね。このようなことから、夫婦二人で3,000万円必要なのであれば、独身の方の場合は最低でも2,000万円程度のお金が必要であると考えておくようにしましょう。

また、友人などと外に出かけるのが好きな方であれば、交際費なども発生しますので2,000万円では足りなくなる恐れがあります。なお、一般的にこの費用には家賃が含まれていませんので、独身の方で老後も賃貸暮らしを予定しているのであれば、家賃分のお金もプラスで必要になります。

そして、シングルの方にとって最も考えておくべきことといえば、ご自身が介護になってしまった場合です。パートナーも子どももいないとなると、頼れるのは自分自身だけという可能性も十分にあります。そう思うと、無償で介護を受けられるわけではありませんので、その分の費用も別途用意しておく必要があるといえるでしょう。

以上のことから、現在は何不自由ないシングルの方であっても、老後資金をしっかりと準備しておかないと先々困るということがわかりますね。

老後生活は年金だけで安心できるもの?

40代シングル女性,老後の備え方 (写真=Sodan)

さて、未婚・既婚に関わらず、老後の頼りといえば年金ですよね。特に、会社員や公務員の方は、国民年金+厚生年金と2階建ての制度になっています。では、老後生活は年金があれば安心できるものなのでしょうか?

残念ながら、年金だけを頼りにするのはあまりにも危険です。まず、単純に年金だけで足りるのか?という問題があります。厚生年金は報酬比例という制度をとっており、現役時代の所得が高い人は保険料を多く支払う代わりに、その分将来受け取れる年金額も多くなっています。そのため、人によってもらえる金額が異なります。

仮に、大学卒業の22歳から60歳まで働き、生涯年収の平均が480万円だった場合、65歳から受け取れる年金額は約181万円/年です。月額に換算すると、約15万円/月となります。また、生涯年収の平均が360万円だった場合、65歳から受け取れる年金額は約154万円/年です。月額に換算すると、約12.8万円/月です。老後も健康保険は払わないといけませんので、年金だけで生活するのは厳しいということが伺えますね。

また、「何歳から年金をもらえるのか?」という点にも注意が必要です。かつて、厚生年金部分は60歳からもらうことができました。それが、現在は65歳からです。本来もらえるはずだった期間が、5年間も短縮されてしまったというわけですね。結果、厚生年金を受給できる方にとっては大きな減額となりました。

では、なぜこのようなことになったのでしょうか?

さまざまな要因がありますが、その1つとして長寿化が大きく影響しています。公的年金は、一生涯給付が受けられる終身年金です。よって、受給者の平均寿命が延びると、それだけ国としての支出が増大することになります。つまり、長寿化の結果、受給期間が想定より伸びてしまったので、受給開始年齢を繰り下げしたということですね。

そして、受給開始年齢を60歳→65歳に制度改正した当時(2000年頃)と比較すると、さらに長寿化が進んでいます。そのようなことを考えると、果たして今後も65歳から年金を受給できるのか?は定かではありませんし、受給期間が更に繰り下げになる可能性も否定できませんよね。

40代シングル女性が今から始める老後資金の備え方

40代シングル女性,老後の備え方 (写真=Sodan)

ここまで読んで、「今まではあまり老後資金の準備をしてこなかったけれど、そろそろ本格的に準備をしないと……」と心配になった方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方は、ぜひ“お金に働いてもらう”ことを意識しましょう。ここでいう“お金に働いてもらう“とは“利回りを期待する”ということです。低金利が続く昨今、単純に貯蓄をしているだけではお金は働いてくれません。これは、現在の普通預金の金利が0.001%であることからも明らかです。金利が0.001%ということは、仮に100万円を普通預金に1年間預けても、わずか10円の利息しかつかないということですからね……。

では、お金に働いてもらうにはどうしたら良いのでしょうか?

その答えが「資産運用」です。資産運用をすることで、お金にしっかり働いてもらうことができます。

たとえば、45歳の方が65歳までの20年間、毎月30,000円貯蓄したとします。貯蓄総額は、30,000円×12ヵ月×20年=720万円です。銀行預金で積み立てをした場合、利息はわずか700円程度です。一方、お金にしっかり働いてもらい5%程度の利回りが達成できた場合、総額が1,230万円超となります。なんと、普通預金で貯蓄をした時に比べ、500万円以上も利息が付くということですね。

いかがでしたでしょうか?老後資金を準備することの重要性と、上手くお金に働いてもらうことで、効率的に老後資金の準備ができるということをご理解いただけたのではないでしょうか。「でも、資産運用は難しそう……」と心配な方は、この機会に資産運用に詳しいファイナンシャルプランナー(FP)に相談してみることをおすすめします。

Sodan[ソダン]でも、FPに無料で相談できるサービスをご用意しております。ぜひお気軽にご相談いただき、上手にお金に働いてもらう方法を一緒に考えてみませんか?

ブロードマインド株式会社
執筆者:お金の専門家 平原 直樹
第一種証券外務員を保有するお金のプロ!難しいお金の話を分かりやすく解説します。

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集