(写真=Sodan)

弁護士保険ってなに?どんな人がはいるの?

相談は敷居が高いイメージも

ドラマの争いごとのなかで「訴えてやる!」なんてフレーズを聞いたことがあっても、実際のところは、弁護士が絡むようなケースは身近に感じない方のほうが多いのではないでしょうか?また、ニュースやバラエティ番組に出演している弁護士の顔は思い浮かぶけれど、個人的な相談は敷居が高いイメージもありますよね。そんな今回は、「弁護士保険」について解説いたします。

そもそも弁護士保険とは?

弁護士保険,相談 (写真=Sodan)

「私はトラブルとは無縁よ!」と思っている方は……少し注意が必要かもしれません。というのも、金銭トラブルや相続問題、男女間のもつれ、職場や近所での揉めごとなど、じつは誰にでも法的トラブルは起こり得るからです。実際に、納得はいかないけれど仕方がないか……と泣き寝入りをしたことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

さて、そのようなトラブルに巻き込まれたとしても泣き寝入りしてしまう理由で一番多いのは、「相談費用が高そうだから」のようです。ただでさえトラブルでお金を払わなければいけないのに、相談費用までかさんでしまうことだけは避けたいと思うのは当然ですよね。筆者個人としては、事を大げさにしたくないと考える傾向にある日本人の性格も一因にあると思っています。また、欲しい情報が簡単に手に入る現代だからこそ、多すぎる情報に惑わされてしまい、結局正しいことがわからなくなってしまうなんてこともあるのかもしれません……。

そんななか、「泣き寝入りする人をなくそう!」とできたのが、今回ご紹介する弁護士保険です。では、具体的にはどのような保険なのでしょうか?

弁護士保険とは、通常であれば弁護士に相談する際にかかる法律相談料や着手金、報酬金などの費用を補償してくれる保険のことです。一般的には、事案1件あたりの補償金額が設定されており、年間の限度額が500万円ほどとされている保険会社が多いようです。以下で、具体的な特徴に関してみていきたいと思います。

1.被害者・加害者どちらの相談も補償対象

前述のとおり、トラブルのケースはさまざまです。いずれの場合も、自分が被害者になった場合を考えてしまいがちですが、自分が加害者になってしまった場合も想定しておく必要があります。

たとえば、故意でなくても相手にケガをさせてしまい、治療代だけでは留まらず、修理費や慰謝料など多額に請求されてしまったら……有無を言わずに支払ってしまいませんか?そんな時、弁護士に法的相談をすることにより、支払額が大幅に下がったというケースもあるそうです。もちろん、ご自身が被害者の立場で、加害者からの示談金に納得がいかない場合などにも相談することができます。

2.無料付帯サービスの充実

トラブルの初期段階で相談ができたり、弁護士を紹介してくれたりするサービスが付帯されている場合があります。各専門家が、法律相談以外の悩みごとに乗ってくれる無料の相談窓口を用意している保険会社もあるようです。※保険会社により異なります。

3.手軽な保険料

気になる保険料に関しては、月々3,000円程度で加入できるようです。つまり、1日約100円程度で安心が買えるというわけですね。※保険会社やご希望されるプランにより異なります。

ただし、通常1年で更新する掛け捨て型の保険がほとんどですので、加入された方は更新前のタイミングで、本当に必要かどうか?を保険料とにらめっこしながら確認するようにしてくださいね。

弁護士保険はどんな人におすすめ?

弁護士保険,相談 (写真=Sodan)

さて、そんな弁護士保険ですが、いったいどんな人におすすめなのでしょうか?

やはり法律に詳しくない方や、弁護士相談にかかる予測不可能な金額をすぐに準備するのが難しいという方におすすめです。ということは、法律を専門に勉強したり、法律に関わる仕事をしたりしていなければ、たいていの方が当てはまるといえるでしょう。掛け捨て型とはいえ、比較的安い保険料で加入することができますので、加入を検討してみても良いかもしれませんね。

いかがでしたでしょうか?弁護士と聞くとハードルが高い気がしてしまいますが、このような保険の加入者が増えて利用者が増えると、今より弁護士の先生は身近な存在になるかもしれません。また、「弁護士保険に加入しているので相談してみます」と事実をお伝えすることにより、理不尽なことを言っていたトラブル相手が、穏便に済まそうと心を改めたなんて実例もあるようです。 今回の弁護士保険もそうですが、歯の保険など、以前は聞いたことのなかったような珍しい保険がどんどん登場しています。心配ごとを挙げたらきりがないですが、一般的に保険は万が一のことが起こった際に困る順に入ったほうが良いといわれています。そうは言っても、加入の優先順位がわからないというお声は非常に多いものです。そんな時は、ぜひSodan[ソダン]の無料相談サービスにてご相談くださいね。

ブロードマインド株式会社
執筆者:お金の専門家 星川 みゆき
30代夫婦共働き。仕事と家庭の両立に日々模索中!
お金のアレコレ難しそうなことを分かりやすく、共感+αの情報発信を致します。

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集