(写真=palidachan/Shutterstock.com)

一年の始まりに、自分の成長を止めないで

税理士・田村のアラサー観察日誌「一年の抱負」

新年あけましておめでとうございます。33歳の税理士、田村だ。

私は税理士という仕事をしている一方で、アラサー世代のSNSをパトロールすることが日課だ。

日課の中でたまに「珍獣」を見掛け、お金や時間をムダにしているのではないか、と思わされることがあり、毎月テーマに沿った「珍獣」を紹介している。

もしよければ反面教師にしてほしい。私たちの限りある資産をもっと有効に使えるように。

今回のテーマは「一年の抱負」。

辛口目線ですが、今年もどうぞよろしく。

今回のテーマは「一年の抱負」

「目標設定」で自己承認欲求を満たしている女達 (写真=oatawa/Shutterstock.com)

「一年の計は元旦にあり」とはよく聞いたもので、計画は早めにしっかり立てましょうということわざだ。

強制的にリセットできる新年は、とても都合がいいものだ。

一年で何かを達成できるほどの目標なんて「目標」でもないようなもの。壮大な目標を一年のはじまりに立てて、それを達成することができず、また反省もせず、新たな一年を強制的にはじめることができる、この暦制度というものは本当にありがたいものだ。

SNSで目標を発表。承認欲求を満たす

「目標設定」で自己承認欲求を満たしている女達 (写真=Worawee Meepian/Shutterstock.com)

SNSが普及したことにより、聞いてもいないのに自分の目標を発表される方が増えた。これは個人的にとてもいいことだと思う。というのも、人に何かを宣言すれば、「やるから」だ。

ただ気になるのは、「今年は痩せます!」といって、年末に「痩せなかったー」と投稿し、「全然太ってないよー大丈夫だよー」と周りからコメントをもらうという、意味のないキャッチボール。

目標を発表することのメリットは、達成せずとも、宣言してしまったからやらなければならない。と自分にプレッシャーを与えられること。

目標というものは達成すれば、それは嬉しいものだ。しかし、それよりも大事なことは目標を設定し、それを達成せずともそこにたどり着こうとする過程が実は大事であったりする。

「ありのままの私で」

「目標設定」で自己承認欲求を満たしている女達 (写真= Fulltimegipsy/Shutterstock.com)

先ほどの無意味なキャッチボールをしている方は目標を立てることで、周りから構ってもらうことが目的になっているのではないか。

みなさんにはきちんと目標設定をしていただきたい。

たとえば「今年は痩せる」という大雑把な目標よりも、「10Kg痩せる」と数字を示す。

もし達成できなかったとしても、目標と現実がどれだけ乖離していたか年末に確認できる。

自分の成長を拒否しないで

たまに見受けられるのが、目標を設定せず、開き直り宣言している方。「ありのままの私で」と言えるのは、すでになにかしらで成功をし、周囲の方からも認められているくらいの次元の方が使うのが適切なのではないかと思う。

ありのままブームがありましたが、使い方に要注意かと思われる。

一年の始まりに、自分の言葉で自分の成長をとめるという自己暗示をかけないようお気を付けください。

【こちらの記事もおすすめ】
「望年会」に参加して、大切なことを忘れていないか?
転職理由「私はもっと高度な仕事ができる」に警鐘
芸術の秋に 「目利きアピール」を爆発させた女たち

▲最新情報はTOPページから

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集