(写真=Jack Frog/Shutterstock.com)

「自慢の旦那」は年収300万円。周囲も羨むおしどり夫婦の秘密

「高年収」を求めすぎると結婚のハードルを上げてしまうかも?

こんにちは、婚活FP(ファイナンシャル・プランナー)山本です。

婚活中の女性なら、男性に少しでも高い年収を求めるのは自然なことです。しかし一方で、少しでも高いものを求める気持ちは、その分だけ結婚へのハードルも高めてしまいます。

果たして本当にそんな高い年収は幸せに必要なのでしょうか?

そこで今回は、「年収300万円の男性と結婚して幸せを得た女性」の実話をお伝えします。

あなたの今年の婚活に、そして人生にお役立てくださいませ。

狙うは高年収男性!でも失敗続き……

ある都心部に、30代半ばの独身女性、知代(仮名、トモヨ)さんがいました。

知代さんはIT系の中堅企業に勤める、年収約400万円の女性です。そして知代さんは、年齢的に強く結婚に焦るものの、一向に婚活が終わる気配を感じられませんでした。

それもそのハズです。かなり男性から誘われる機会が減っていたにも関わらず、未だに「少しでも年収の高い男性」との出会いを求めていたのですから……。

ちなみに当時は、自身の年収が基準だったのか、「できれば最低でも年収500万円以上の男性」を希望していたそうです。

年下の年収300万円男性との出会い

しかしそんな知代さんにも、ある時ついに転機が訪れます。それは、2歳年下の小さな会社に勤める年収300万円の男性、昌樹(仮名:マサキ)さんとの出会いです。

知代さんは当初、彼の年齢や年収を知らず、純粋に昌樹さんの性格や人に対する態度に惹かれたとの事でした。

その後、昌樹さんの年齢や年収を知った時は、さすがに少し躊躇したそうですが、昌樹さんは誠実な応対を続けてくれていたため、知代さんも付き合いをやめませんでした。

少なくとも、年収以外では何の不満もなかったからこそかもしれません。

そして出会って1年後、知代さんは変わらず年収面に不満を感じつつも、これを婚活のラストチャンスと考えて、昌樹さんと結婚しました。

結婚生活も早3年。周囲も羨むおしどり夫婦に

すると、どうでしょう。あれほど拘っていた年収の低い昌樹さんと結婚したにも関わらず、生活は幸せそのものでした。

確かに贅沢はできませんでしたが、結婚しても変わらず優しく気遣いも上手な昌樹さんに、知代さんは常に深い愛情を感じて生活できたそうです。

また、昌樹さんの応対力というかコミュニケーション力はかなりのもので、当初は彼(との結婚)をバカにしていた友人達でさえ、今ではうらやむ夫婦になれました。

もちろん今では、知代さんにとって自慢の旦那様です。

さらに昌樹さんの影響なのか、結婚後は知代さんも笑顔や優しさが当然になり、社内での評価も随分と上がったそうですから、本当に驚きです。

知代さんは、自分の過去を以下のように語りました。

「今では、なぜあんなに年収に拘っていたのか分からない。それに、仮に今から結婚をやり直すような状況になったとしても、今なら自信を持って大事なのは年収じゃないと言える。そう思えるようにしてくれた昌樹さんと出会えて、本当に幸せです」

いい方と巡り合えて、本当に良かったですね。

他人との共同生活は想像以上にストレスフル

婚活, 年収, 理想, 幸せ, 結婚 (写真=g-stockstudio/Shutterstock.com)

「他人との共同生活」は、想像以上にストレスを感じるのが一般的です。

そして元は他人の二人が夫婦になるには、婚姻届や結婚式だけでは不十分であり、年収や容姿はあまり関係なく、両者の思いやりや優しさ、歩み寄りといった性格的な部分が重要になります。

しかし男性は、その本能から、根本的に相手に歩み寄ることが苦手な人も多いです。むしろ、そういった姿勢が無い方が「男らしい」と、女性からモテることもあるほどです。

でも結婚相手としてはどうなのでしょうね。

ちなみに昌樹さんは幼少期、いじめられっ子だったそうです。そのせいかどうしても、自分より先に相手の痛みを考えてしまうとの事でした。優しさの基本中の基本ですね。

おおよそ男性らしくない方とも言えますが、だからこそ優しさにあふれた家庭を築くことができたのかもしれません。

【こちらの記事もおすすめ】
婚活女子には言えない婚活男性の「3つの本音」とは?
バラ色人生のハズが…高年収男性と結婚して失敗した残念な女性とは?
「結婚はママゴトではない」主婦730人が答えた、リアル人生の投資アンケート

▲最新情報はTOPページから

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集