(写真=Sodan)

買ったマンションの「資産価値」を知っていますか?ポイント解説

買ったマンションは立派な資産!価値を正しく知っておこう!

マンションを買ったみなさん。住宅ローンの残債ばかりが気になって、マンション=資産であるという認識が薄れてしまっているのではないでしょうか?そこで今回は、所有しているマンションの資産価値の考え方や確認方法、考えるべきことについてのコラムです。

マンションの資産価値はどう考える?

マンション購入,資産価値,確認方法 (写真=Sodan)

家を買った方にとって気になることといえば、住宅ローンの残債なのではないでしょうか?「あと何年払うんだろう……」「住宅ローンの残債がなかなか減らないな……」など、住宅ローンを組んでいる方であれば、誰でも一度は憂鬱な気分を味わったことがあるかと思います。

とはいえ、住宅ローンを組んでいるということは、持ち家があるということです。つまり、住宅ローン自体は負債ですが、購入した住宅は資産ということになるわけです。一戸建ての方はまだしも、マンションを購入された方の場合、このあたりの認識が薄れてしまっている方も少なくないのではないでしょうか?

当然ですが、資産であるということは価値があるということですよね。では、所有しているマンションの資産価値をどのように考えれば良いのでしょうか?

ここでポイントとなるのは、「購入価格」ではなく、マンションの「現在価値」で考えるということです。たとえば、新築マンションを購入したとします。購入時は「新築」ですが、一日でも住んでしまえばそのマンションは「中古」となりますよね。「新築マンション」と「中古マンション」を比較すれば、同じマンションであっても、当然価値は変わってきます。このように、マンションの資産価値を考えるのであれば、「○○万円で購入したから」ではなく「現在売却すると、△△万円になる」と考える必要があるのです

マンションの資産価値を確認する方法とは?

マンション購入,資産価値,確認方法 (写真=Sodan)

それでは、ご自宅マンションの資産価値を確認するにはどうしたら良いのでしょうか?

前述のとおり、「いくらで売れそうなのか?」という点がポイントとなります。そのため、マンションマーケットなどの不動産サイトで、築年数や間取り、最寄り駅からの距離などから類似のマンションがいくらで売られているのか?をチェックしてみるのも一つの手といえます。

また、不動産サイト内で類似のマンションが見つからない場合や、もう少し詳細な金額が知りたいということであれば、実際に不動産屋に売却額の見積もりを出してもらうと良いでしょう。不動産屋に見積もりを依頼したからといって、必ず売却しないといけないわけではありませんのでご安心くださいね。

マンションの資産価値を知ったうえで考えるべきこととは?

マンション購入,資産価値,確認方法 (写真=Sodan)

所有しているマンションの資産価値をある程度把握できたら、住宅ローンの残債とマンションの現在価値を比較してみましょう。 この際、【マンションの現在価値>住宅ローンの残債】となった場合、その差額がご家庭の純資産となります。逆に、【マンションの現在価値<住宅ローンの残債】となってしまった場合は注意が必要です。自宅という資産を持ってはいるものの、実際のところはまだ負債を抱えている状態になります。つまり、自宅を売却しても売却損(借金)が発生する状態ということなので、何かしらの理由で急きょ自宅を手放す必要があった場合などは困ってしまいますよね。

特に、頭金を少なめにして新築マンションを購入した方などは要注意です。頭金を少なめにする=住宅ローンを多めに組むということですので、この場合は住宅の資産価値よりも住宅ローンの残債が上回ってしまう状態が、購入後しばらく続くことが一般的ですからね。

いかがでしたでしょうか?もちろん、こうした状態から脱するための代表的な手段として、住宅ローンの繰り上げ返済を行うといった選択もあります。しかし、繰り上げ返済をするためには、その分の原資をしっかり準備する必要があります。

また、住宅を購入してから一定期間が経過しているとなると、家族の置かれている状況も変わっていますよね。このようなことを考えると、いくらくらい手元に残しておくべきなのか?わからないという方も少なくないのではないでしょうか。家族構成や年齢などによって、残しておくべき金額は異なります。わが家の場合は、どうしたら良いの?と疑問をお持ちの方は、ぜひ一度ファイナンシャルプランナー(FP)に相談してみてはいかがでしょうか?

ブロードマインド株式会社
執筆者:お金の専門家 平原 直樹
第一種証券外務員を保有するお金のプロ!難しいお金の話を分かりやすく解説します。

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集