(写真= loreanto/Shutterstock.com)

ベンチャー企業に転職。メリット・デメリット、向き・不向きをまとめてみた

転職前に知っておきたい、ベンチャー就職の実態とは

社会人経験を積んでいくと、いろいろな理由で転職を考えるタイミングがあります。そんなときに「ベンチャー企業への転職ってどうだろう」と思う方も少なくないかもしれません。

そこで今回は、ベンチャー企業へ転職するメリットやデメリットと、ベンチャー企業への転職を成功させるためのポイントをご紹介します。

ベンチャー企業とは?

ベンチャー企業とは、ユニークなアイデアやビジネスモデル、独自の技術などをもって、これまでにない革新的な事業を行なっている企業のことをいいます。

実は、「ベンチャー企業」という言葉には、規模や設立年など、はっきりと定められた定義が存在しません。イメージ先行型の言葉ともいえますが、一般的には、次のような特徴を持っていることが多いようです。

・ 急成長している
・ ベンチャー・キャピタルや個人投資家などから出資を受けている
・ 設立したばかり〜10数年程度
・ 将来性のある革新的なビジネスを行っている
・ 独自技術を持っている

1990年代後半から急速に広がっていったITの進歩もあり、最近では、ほんの数名という小規模で始まったベンチャー企業が、わずか数年で上場できるほど急成長することも少なくありません。

ベンチャー転職のメリット

ベンチャー, 企業転職, メリット (写真=Rawpixel.com/Shutterstock.com)

ベンチャー企業での就業経験は、今後のキャリア形成や人生において非常に価値のあるものとなると感じている人が多いようです。ベンチャー企業への転職には、以下のような多くのメリットがあるとされています。

・一人ひとりの裁量権が大きい

ベンチャー企業は、少数精鋭で事業活動を行うことも多いため、実力があれば、20代で管理職や役員になれることもあります。一人ひとりの裁量が大きく、自由にさまざまなことにチャレンジできる機会が多くあるのは、ベンチャー企業の大きなメリットといえます。

・仕事の幅が広い

少ない人数で多くの仕事をこなさなければならないため、部署をまたいで業務が発生することも多くあります。営業事務をやりながら、マーケティングや広報を兼ねるといったことも珍しくありません。部署の立ち上げを任されることもあるでしょう。

幅広い仕事を経験することによって、新たな自分の強みを発見したり、将来役立つスキルを身につけたりすることができます。

・会社の経営者と距離が近い

大企業の場合、面接や入社式以降、社長とほとんど会わないというところも少なくありません。しかし、多くのベンチャー企業では、経営者との距離が近く、同じフロアや隣の席で仕事をしているなんてことも。

役員や経営者とともに仕事をする機会があるということは、自分の成長にも大きく貢献するでしょう。自分の提案や疑問などを経営者に直接ぶつけることができるのも、ベンチャー企業の特徴であり、魅力でもあります。

ベンチャー転職のデメリット

多くのメリットがあるベンチャー企業への転職ですが、もちろん良いことばかりではありません。転職する前にしっかり心しておかなければならないこともたくさんあります。

・倒産するリスク

素晴らしい商品・サービスを生み出していたとしても、資金的に赤字を吸収できる体力がなく、志半ばで息絶えてしまう企業はたくさんあります。

設立間もないベンチャー企業は、市場の動きや競合他社の存在にも左右されやすく、資金繰りも大変。せっかく転職しても、会社自体がなくなってしまう危険性があるということは覚えておきましょう。

・会社とミスマッチするリスク

ベンチャー企業に勤めている人は非常に個性豊かです。社長が強烈なキャラクターという場合も多いです。そのため、会社独自の文化ができやすく、合う人・合わない人がはっきりわかれます。

社内の雰囲気に馴染めない人や、自分の想像していた仕事とのギャップに悩まされる人、独特の空気に萎縮してしまい、本来の自分の力が発揮できなくなってしまう人などもいるようです。

・収入が減るリスク

創業期・成長期のベンチャー企業は総じて給料が低い傾向にあります。ボーナスがない、固定残業制を採用しているといったところなども多く、転職して収入が減る可能性は大いにあるでしょう。

ただし、基本給は少ないけれど、ストックオプションなど別のインセンティブになるようなものを採用しているところもあります。また、技術職や管理職として転職するのであれば、収入アップを狙えるかもしれません。

ベンチャー転職に向いている人・向いてない人

ベンチャー, 企業転職, メリット (写真= Roobcio/Shutterstock.com)

ベンチャー企業への転職はメリットとデメリットの振り幅がとても広いため、向いている人とそうでない人がはっきり分かれる傾向にあります。

ベンチャー企業に向いている人は、次のような特徴があります。

・ 環境適応能力が高い
・ 自分の将来設計が明確
・ マルチタスクをこなすことが得意
・ 給料や福利厚生などの条件よりもやりがい重視
・ ものごとの本質を正確に捉えられる
・ 自分で考え行動できる
・ チャレンジ精神旺盛
・ コミュニケーション能力が高い

逆に、以下にあげる特徴に当てはまる方は、ベンチャー企業への転職はとどまった方が良いかもしれません。

・ 安定志向
・ ワークライフバランスや待遇重視
・ マニュアルや研修がないと不安
・ 仕事とプライベートははっきり分けたい
・ こだわりが強く、自分と違うものを受け入れられない
・ 会社に大きな期待を寄せている
・ プレッシャーに弱い

ベンチャー企業では、インプットよりもアウトプットの能力が重視されます。あまりにも受け身の姿勢だとついて行けないということになりかねません。会社がやってくれる、ではなく、自分が会社のためにどう行動できるのかが重要です。

ベンチャー企業への転職を成功させるポイント

ベンチャー, 企業転職, メリット (写真=Africa Studio/Shutterstock.com)

・自己分析:自分の過去・現在・未来をしっかり分析

ベンチャー企業への転職を成功させるには、自分の強みや持っているスキルは何かを明確にすることがとても重要です。将来の自分を思い描き、これから新たに身に付けたいスキルや挑戦してみたいことなどもイメージしてみましょう。

自己分析をしっかり行うことで、自分に合った会社を見つけやすくもなり、面接時にも落ち着いて対応することができるでしょう。

・情報収集:求人サイトには載っていない情報をリサーチ

求人情報には、会社情報や応募条件、仕事内容など多くの情報が載っています。しかし、実際の社員の様子や会社の雰囲気までつかむのは至難の業。

気になる会社が見つかったら「SNSチェック」してみるとよいでしょう。

ベンチャー企業の社長の中には、FacebookやTwitterなどをマメに更新する人も多いため、人となりを見るには最適です。企業アカウントもチェックしてみると、会社の成長度合いや働き方などが垣間見れるかもしれません。

しかし、本当に欲しい情報はネット上にはないことが多いのも事実。一番いいのは、ベンチャー企業に勤めている友人・知人など、なるべくその会社に近い人に調査をすることです。具体的な仕事や社風、デメリットやリスクなど、いろいろな角度から質問することで、より実態に近づき、転職の失敗を防ぐことにもつながるでしょう。

・自己PR:自分がどのように企業に貢献できるかを具体的に

人材教育へコストがあまりかけられないベンチャー企業は、多くの場合、会社のカラーに合う即戦力人材を求めています。面接の前に行った自己分析と情報収集をもとに、自分がいかにこの企業の役に立てるのかをしっかりアピールすることが重要です。

企業の風土にマッチしている人材であれば、将来性をみて採用してくれる場合もあります。経験が浅い職種でも可能性はあるので、自分に自信を持って挑んでください。

・面接官への質問:入社後のことをイメージした質問を

転職後のミスマッチを避けるためにも、面接時には、より具体的に普段の仕事内容をイメージできるような質問をすると良いでしょう。

例:
・ 所属先のチーム構成は?
・ 具体的な業務内容や1日の仕事の流れは?
・ 業務の管理体制や人事評価はどのように行われているのか
・ 会社の短期的な目標数値など
・ 会社の今後の展望

給料や条件、待遇などの質問ばかりではなく、仕事内容や企業自体について聞くように意識することが大切です。質問内容や言い方によっては相手にマイナスイメージを与えることになりかねないので、担当者を見極め、失礼のないよう心がけましょう。

ベンチャー企業勤務はかけがえのない時間に

ベンチャー企業で働くという経験は、大変なこともたくさんある分、人生の中でかけがえのないものになる可能性を持っています。

転職活動で悩んだときは、この記事を参考にして、ぜひ自分に最適な企業を見つけてください。

【こちらの記事もおすすめ】
いまの仕事を続けるべき? 「転職」が頭をよぎったら、まず考えたいこと
転職理由「私はもっと高度な仕事ができる」に警鐘
転職・退職時の確定拠出年金。手続きや気になることをまとめてみた

▲最新記事はTOPページから

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集