(写真= Pressmaster/Shutterstock.com)

転職を後悔する人が陥る3つのケースと乗り越え方

転職に失敗して、また転職……とならないために

「今回の転職、もしかして失敗……?」

「認めたくないけど、明らかに前の会社のほうがよかったかも……」

という経験を持つ人は少なくないでしょう。

今回は転職の失敗事例を見ながら、今後のキャリアをどう築いていくべきかを一緒に考えてみましょう。

転職を後悔しやすい3つの事例

・労働時間

転職, 後悔, 失敗, 戻りたい (写真=Monkey Business Images/Shutterstock.com)

新しい職場での仕事がスタートしたものの、ふと気がつくと入社3か月目にして終電で帰宅の日々……。前職より年収は上がっても、「前の会社のほうがオン・オフ分けられてよかった」と思うこともあるでしょう。

「毎日どれくらい残業時間がありますか?」「部署の平均残業時間はどれぐらいですか?」と面接時点で聞ければよいのですが、「残業したくない人みたいに思われると印象が悪いかも」と思って具体的な質問がしづらかったという声もよく聞きます。

なかには「入社して間もないのに定時帰りを繰り返していたら気まずいかも」と考えてしまう人も少なくないようです。

・人間関係

転職, 後悔, 失敗, 戻りたい (写真=Maksim Shmeljov/Shutterstock.com)

転職エージェントからは「人間関係のよい会社です」と聞いていたのに、いざ入ってみたら全く違った……というのもよくあるパターン。

そもそも、エージェントはそれほど会社内を熟知しているわけではありませんし、採用が決まればエージェントにコミッションが入るので、「年収は上がりますが、人間関係がとてもひどい会社です。どうしますか?」とは言わないでしょう。

自分で求人を探した場合はなおさら情報が少なく、実態をつかむことは至難の技。できることと言えば、インターネットで事前に情報収集をしたり、運よくその会社に勤めている、勤めていた人と会うことができれば、話を聞いてみることぐらいでしょうか。

そのため、入社してから人間関係で悩みを抱えてしまうという人は少なくありません。

・待遇の変化

転職, 後悔, 失敗, 戻りたい (写真=Rawpixel.com/Shutterstock.com)

待遇というとお給料のことはもちろんですが、昇進の有無やプライベートとの両立をしやすい制度があるかどうかなども重要なポイントです。

「前の会社はお給料はそれほど高くなかったけど、年齢・性別関係なく活躍できる仕組みが整っていたな」とか、「育児休暇をとっている人は少ないし、有給さえもとりづらい。この会社にいる限り、キャリアと結婚・出産を両立することは難しそう」というように、女性の転職では年齢があがるにつれて、お金以外の待遇も重要になってきます。

古い体質の会社だと、男性が女性を無意識のうちに差別している会社もまだまだ多いようです。問題が「会社の体質」となると、それを変えるには相当のエネルギーが必要になるでしょう。

転職を後悔している人へ。ケース別アドバイス

・やりたい仕事ができない人

転職, 後悔, 失敗, 戻りたい (写真= ImageFlow/Shutterstock.com)

「やりたい仕事ができない」と相談を受けることも多々ありますが、仕事は自分から取りにいくものだということをまず念頭におきましょう。

目の前の仕事に一生懸命取り組み、しっかり成長を見せていれば周りの人が放っておくわけがありません。たとえ誰も見ていなくても、自ら成果をもって交渉することが可能ですし、転職時にはアピール材料になります。

また、もし社内にやりたい仕事がなく、他にやりたいことがでてきたのなら、まずはしっかりリサーチしましょう。

人気の職種や経験が重視される職業では「実績が必要」ということが多くあります。今いる会社で「やりたい仕事」に近い仕事を自ら作り出し、転職に向けて実績作りをするというのもひとつです。

就きたい職に関する本を読んだり、セミナーに出たりすることも手軽にできますし、そこで学んだことを社内外で試してみれば、何かしらの実績につながる可能性もあります。

いずれにしても、「仕事は自分でとりにいく」「なければ作る」というように、「自発的な働き方」ができていれば、どんな会社ででも「やりたい仕事」に近づくことができるでしょう。

・仕事の忙しさについていけない人

転職, 後悔, 失敗, 戻りたい (写真=Monkey Business Images/Shutterstock.com)

仕事に慣れないうちは体力的・精神的にもつらい期間があるものですが、数カ月たっても状況が改善しない場合は何かしら手立てが必要です。

あなたの仕事の仕方に問題がある場合は、周りの人に助言を求めましょう。

問題があなた自身にあるのではなく、組織や仕事の割り振りなどにある場合もあります。そんなときは「どうすれば自分も楽になり、仕事としてもうまく回っていくか」を考えて、上司に改善案を提案してみるのも一つの手。

例えば取引のある外注業者が多すぎて、コンペ一つ行うにも段取りや調整が煩雑すぎるというような場合、まず外注業者を「実績のある数社に限る」という方法が考えられます。このように、仕事の質を落とさずに仕事量を減らすなどの工夫で忙しさを軽減する努力も必要です。

転職, 後悔, 失敗, 戻りたい (写真=g-stockstudio/Shutterstock.com)

ただし、これまでのやり方を変えようとすると、往々にして「今まではこうやってきたのに」という反対勢力もでるものです。改善することでどんなメリットがあるか、という点でしっかり納得してもらうよう、相手の意見を聞きつつより良い解決策を見出したいものです。

とはいえ、「仕事が忙しすぎて夜も眠れない」「疲れすぎて何もする気がおこらない」「理由もないのに涙が出る」というように、精神的な疲れが表れているときは思い切って休暇をとってください。場合によっては「仕事をやめる」という英断も必要です。

・前の職場に戻りたい人

転職, 後悔, 失敗, 戻りたい (写真= TierneyMJ/Shutterstock.com)

新しい会社に入ってから、「こんなことなら前の会社のほうがよかったな」と思うこともあるかもしれません。しかし、安易に前職に戻っても、結局また同じ理由で辞めることにもなりかねません。なぜその会社を辞めたのかを、今一度思い出してみましょう。

喉元過ぎれば熱さを忘れるとはよく言ったもので、もう限界だ!と思って辞めた会社でも、時間がたつといい思い出がよみがえってくるものです。

よくよく考えても前職に戻ることがベストだという結論に達するのであれば、一度相談してみるのもよいかもしれません。

転職を後悔している人がすべきこと

転職を後悔してまた次の転職……。無限のループにはまってしまっていませんか。知っておくべきことは「どの会社もパーフェクトではない」ということです。

・仕事の仕方を工夫

転職, 後悔, 失敗, 戻りたい (写真=Monster Ztudio/Shutterstock.com)

「他人を変えるのは難しいが、自分が変わるのは簡単だ」という言葉があるように、自分の視点を変えてみたり、より成果を上げられるように仕事の方法を工夫したり、人間関係を見直してみたりと、「自分が変わる努力」も必要です。

・自分をよく知る

転職, 後悔, 失敗, 戻りたい (写真=Atstock Productions/Shutterstock.com)

また、「自分をより良く知ること」も重要。ベンチャー向きの人、大きい組織向きの人、独立したほうがうまくいくかもしれない人。自分の性格と行動パターンなどを冷静に分析してみることも、長い目で見ればキャリアを成功させるためには必要なことです。

もちろんセクハラ・パワハラ・モラハラなどが横行しているなどという場合は別物です。そういうときは人事部などに相談するか、社内では取り合ってもらえないという場合はきちんと証拠を準備し、しかるべき機関に訴えましょう。

・コミュニケーション方法を見直す

転職, 後悔, 失敗, 戻りたい (写真=Bojan Milinkov/Shutterstock.com)

人間関係において後悔している人は、「次こそいい会社・いい人たちに出会いますように」と願いたいところですが、願うだけでなく、自らそういう人間関係に陥らないような努力も必要です。

  • ネガティブな言葉を口にしない
  • 陰口、悪口を聞いても話にのらない
  • 他部署の人でも仕事の出来る人、人柄のいい人と関係を築くようにする

というように、ネガティブオーラの人を寄せ付けないように振る舞い、自分からいい人間関係を築いていきたいものです。

再転職のデメリット

転職, 後悔, 失敗, 戻りたい (写真=Africa Studio/Shutterstock.com)

終身雇用という概念はもう古くなり、キャリアや時代の流れに合わせて転職を重ねていくことが常識になりつつあります。とはいえ時代はまだ過渡期。まだまだ「転職回数」を重視する面接官も多くいます。

日本では「転職回数が多い=一つの仕事を極められない」という考えが古くからありますが、海外では、できる人ほどより良い会社に転職することは当たり前。日本もそのような流れになってきているとは言え、まだまだ古い考えを持っている人も多くいます。

転職回数が多くなってきている人は、しっかり自分の実績や考えを面接時にアピールできるようにしておきましょう。また、過去の転職に関しては、しっかりその理由を説明できるようにしておくとよいでしょう。

転職で後悔しないための備え

転職, 後悔, 失敗, 戻りたい (写真=Alex Brylov/Shutterstock.com)

考えるべきは「自分の強みをしっかり磨く」こと。

専門分野や技術があればもちろんよいですが、大げさなことでなくても、「自分は初対面の人と仲良くなることが得意」「一つのことを毎日続けても苦にならない」「細かい数字をきっちり扱うことができる」というように、より「ソフトな強み」に目を向けてみてください。

そのためにも、まずは自分がどういうスキルセットを持っているのかを客観的に考えることが大事。自己分析というと難しく聞こえますが、要は「きちんと自分に向き合うこと」です。自分はどういうことで人や社会に貢献できるかと考えて仕事探しをしてみれば、今までとは違った道が見えてくるかもしれません。

また、仲の良い友達や会社の人だけでなく、他の会社の人や年齢層の違う人たちとの交流も積極的に持ってください。そのような人間関係を持つことで、幅広い知恵や知識、情報が耳に入ってくるようになります。

自分の可能性を広げるためにも、趣味や社会活動、社会人スクールなどに活動の幅を広げ、人と交流を持つことをおすすめします。

誇りを持てる仕事に出会えるように

転職, 後悔, 失敗, 戻りたい (写真=ESB Professional/Shutterstock.com)

これからの時代、より一層転職のハードルが下がり、転職を繰り返す人が増えてくるかもしれません。しかし、新しい会社を探すことや慣れない環境で実力を発揮できるようになることは、貴重な時間とエネルギーを費やすこと。

転職してから後悔しないよう、日ごろから自分の価値観を大切にし、キャリアと人生についてしっかり考えておきたいものです。そうすれば、いざという時「本当に転職がベストな選択肢かどうか」が明確になってくるでしょう。

「一度きりの人生をどのように生きたいか」と大きな視点で物事を考え、自分が誇りに思える仕事に出会いたいものです。

【こちらの記事もおすすめ】
転職理由「私はもっと高度な仕事ができる」に警鐘
ボーナス前に見極めよう。今すぐ会社を辞めるべき人、意地でもしがみつくべき人の違い
「本当の自分」を手に入れるために大切な2つのこと

▲最新記事はTOPページから

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集