(写真=Ollyy/Shutterstock.com)

「実はお金がない」男性はこう見極めろ。5つのチェックポイントをFPが伝授!

結婚してからお金に苦労する男性の特徴は?

「結婚と投資は似ている。なかでも結婚相手選びは一番大きな投資」

こんな言葉を聞いたことがあります。では、あくまでお金に限って見たとき「こんな男性だと苦労する」のはどのようなタイプでしょうか?

お金の専門家であるファイナンシャル・プランナー(FP)10人に聞いてみました。そんな男性と結婚したことが原因でお金に苦労した女性のエピソードも教えていただきます。

※2017年10月に、独立系ファイナンシャル・プランナー(独立系FP、企業のバックアップを受けずに相談料で収入を得るFPのこと)10人にアンケートを実施しました。その結果内容を順次、掲載しています(カッコ内=投票したFPの名前/年代)。

実は「お金がない」男性を見極める5つのポイント

1. いつも後輩におごってばかり

いつも後輩に気前よくおごってあげる男性は、人望があってよさそうです。ところがこのタイプ、FPの皆さんには「要注意人物」と映るようです。

「人からどう見られているかを優先するため、節約を嫌い、ケチケチしたくないと考えるタイプです」(匿名/30代)

「気前のいい人は外ヅラがよく、内弁慶なことも多いのです。使えるお金が減って、家族はがまんを強いられているケースはよく見受けられます」(つじもとFP事務所 辻本ゆか/40代)

「人におごるのが好きだと、ひどい場合は借金してでも……という人も」(阿部理恵/50代)

気前がいいことは、「外面が良い」ことの表れ。身内に対する態度ではない、ということを心得ておきましょう。

借金まで作ってしまったら、元も子もありません。これは確かに要注意ですね。

結婚, 彼氏, お金, 浪費, 要注意, 苦労, 見極め (写真=LuckyImages/Shutterstock.com)

2. 身なりに大金をかけている

2つ目の特徴は、身なりに大金をかけていること。身なりのいい人はリッチなイメージがありますが、違うのでしょうか?

「ナルシスト、エゴイスト、そして教養のない人が多いですね」(佐々木愛子/30代)

「金額が高い安いに関係なく、会うたびに何か新しいモノを身につけている人は、カードローンやキャッシングなどで借金を重ねている場合があります」(つじもとFP事務所 辻本ゆか/40代)

「お金の貯め方よりも、『使い方』にメリハリがないと苦労します」(黒須かおり/40代)

なんとも手厳しい意見です。

お金をたくさん使う男性が悪いと言っているわけではなく、「使い方」にメリハリがないと問題があるのですね。

結婚, 彼氏, お金, 浪費, 要注意, 苦労, 見極め (写真=Syda Productions/Shutterstock.com)

3. デートを全部自分で仕切りたがる

世の中の一般的な女性にとって、デートでおごってくれたり、デートをリードしてくれる男性はステキに思えますが、FPたちは「結婚相手として、こんな男性は要注意」と指摘します。

「デートのとき、お互い同世代なのに毎回すべてお金を出してくれるような男性」(匿名/30代)

「気前よく毎回豪華なデートを提案する男性」(婚活FP山本/30代)

という男性は気をつけた方がいいのだそう。

「結婚前はどこに行くにも仕切ってくれる彼に魅力を感じていましたが、結婚して生活ともなれば、仕切られてばかりだとストレスになります。お金の管理をすべて夫がしているため、何かを購入しようとするたびに夫の許可がいるという人がいますが、大変そうです」(今関倫子/40代)

「結婚を考えている相手であれば、お金の話ができるような関係かどうかも重要なポイントです」(匿名/30代)

結婚前は彼の仕切りを「行動力の表れ」と感じていたとしても、結婚後も変わらず「決定権はすべて夫が握っている」なら、確かに窮屈です。

そんな男性と結婚すると、女性は自由にお金が使えなくなってしまうかもしれません。

もし、男性側の方が高収入だと、さらに結婚後は厳しくなるのだとか。

「どんなに高年収でも、お金の使い途が不明だと不安になります」(今関倫子/同上)

「高収入だとしても、結婚後も同じペースでお金を使う可能性が高いタイプです。また、複数の女性にお金を使うような人もいます。そんな相手は結婚相手として苦労するでしょう」(匿名/同上)

一方でこんな男性も要注意だとか。

「1円単位でキッチリ割り勘にする男性も注意したいタイプです。(結婚後も)妻のお金の使い方をいちいちチェックしてくるため、息苦しい生活になりかねません」(稲村優貴子/40代)

お金がない男性の特徴1つ目の「おごる男性」とは対照的ですが、これも一種の束縛タイプといえるでしょうか。そんな男性と結婚してしまった女性は、こんな苦労をしたのだそうです。

「夫から渡される生活費が少なく、家計管理に苦労しているというケースがありました。年の差婚で、お金はすべて夫が管理。妻は貯蓄がいくらあるかも分かっていませんでした。生活費が足りないと夫に伝えても理解されず、自分の親に足りない分を補ってもらっていたといいます」(つじもとFP事務所 辻本ゆか/40代)

こんなエピソードもありますから、男性の収入が多いというだけで安心して結婚すると、全く見極め違いだった……なんてことにもなりかねませんね。

結婚, 彼氏, お金, 浪費, 要注意, 苦労, 見極め (写真=Photographee.eu/Shutterstock.com)

4. ギャンブル好き

ギャンブル好きな男性は、確かにいつもお金に困っていそうなイメージです。

「(結婚後、夫に)カードローンがたくさんあると分かり、しかもその使い道がパチンコなどのギャンブルだったというケースもあります」(稲村優貴子/0代)

ギャンブルで借金をつくるのも困りますが、それ以上の問題点がこちら。

「ギャンブルにお金を使うのみならず、人生もギャンブルと捉えているような人は危険なことも平気でします。例えば、自分で事業をしている場合に、安定経営をしないとか」(阿部理恵/50代)

この点は納得できる女性も多いかもしれませんね。

そんな「ギャンブル体質」の男性の見極めポイントはこちら。

「リスクを好むので、危険なこと、刺激的なことが好きかどうかで判断することもできます」(阿部理恵/同上)

「(女性の場合、自分を守るために自分の貯金は少なめに教えておくことをおススメしていますが、)結婚する前に、資産(貯金など)と負の財産(謝金など)はお互いに開示しておきましょう。忘れがちなのが奨学金。これも返済義務がある借金です。夫婦ともに奨学金返済が残っていて、住宅ローンの審査がおりなかったケースもありました」(稲村優貴子/40代)

リスクを好む男性はある意味、魅力的にも思えることがあるでしょう。ギャンブル癖、借金、奨学金返済……結婚前にきちんとチェックしておきたい項目ですね。

結婚, 彼氏, お金, 浪費, 要注意, 苦労, 見極め (写真=Javier Arres/Shutterstock.com)

5. 高年収で貯金をする気がない

ズバリ「高年収で貯金をする気がない」男性も気をつけるべきなのだそう。

「『宵越しの金は持たない』がカッコイイと思っている時代遅れ男子はダメです。意外と収入が多い人にこのタイプが多いようです。稼いでいるからと高級ブランドをためらいなく買ったりして、貯金はほとんどないこともあります」(稲村優貴子/40代)

「お金の苦労という観点なら、年収にかかわらず『貯金意識が低い男性』は要注意です。そして、年収が高い男性ほど最終的には苦労します」(婚活FP山本/30代)

このような男性は少なくないようで、

「高年収の彼は浪費がすごくて、貯蓄がないどころか、高級車のローンがたっぷり残っていました」(今関倫子/40代)

との報告も。

貯金意識が低い男性は、次のような方法で見極められるそうです。

「何に使っているか自覚がないので、ある意味、ギャンブル好きや見栄っぱりよりも解決策がありません。ちょくちょくコンビニで買いものをしているとか、ちょっとした無駄遣いが多いかどうかでも判断できます」(阿部理恵/50代)

もうすでに結婚している場合は、次のような見極め方もあるそうです。

「夫婦のお財布状況を把握していないご夫婦は、うまく貯められずにいる傾向にあると思います。やはり、大切なのは情報共有です」(寺野裕子/40代)

「結婚後に、お互いに収入や支出、預貯金の情報共有ができる関係性が築けるかどうかは大切なポイント。(中略)情報を共有する関係性ができていれば、お互いに将来の生活イメージに向かって歩んでいける可能性は大いにあります」(寺野裕子/40代)

パートナーがなかなかお財布事情を話してくれないときは、要注意。日頃からコミュニケーションをとっておくことも大事ですが、いつでも話ができる安心できる相手を探したいものですね。

結婚, 彼氏, お金, 浪費, 要注意, 苦労, 見極め (写真=Davizro Photography/Shutterstock.com)

こんな男と結婚したら、お金で苦労する!

FPの皆さんに、実はお金の問題を抱えている男性の実態を教えていただきましたが、まとめるとパターンが見えてきました。

  1. どんなときでもおごり役
  2. 自分の趣味や身なりに大金をかけている
  3. デートを全部自分で仕切りたがる
  4. ギャンブル好き
  5. 高年収なのに貯金をする気がない

ひとときの贅沢や見た目の華やかさは、恋人期間であれば危なっかしい男性が魅力的に映るもの。

結婚したら思った以上にお金がない人だった……
共働きなのにお金の苦労が続いている……

といったことにならないよう、意中の相手が上に挙げた5つの困ったパターンに当てはまっていないか、しっかり見極めてくださいね。

結婚, 彼氏, お金, 浪費, 要注意, 苦労, 見極め (写真=photoagent/Shutterstock.com)

【こちらの記事もおすすめ】
彼氏の金銭感覚を見極めるたった一つの方法
#25 「ワケあり彼氏」と結婚してもいいですか?
恋も株も「損切り」が大切な理由

▲最新情報はTOPページから

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集