(写真=筆者撮影)

客観よりも主観を大事に~グラドル杉原杏璃さんが語る「投資家人生」

杉原杏璃さん✕大江英樹さん対談・中編

グラビアアイドルとして活躍しながら、投資歴12年の株式投資家でもある杉原杏璃さん。どんなきっかけではじめ、どんなふうに投資しているのでしょう。経済コラムニストの大江英樹さんとの対談をお送りします。

前編では、杉原杏璃さんが投資を始めたきっかけや失敗の経験、好きな分野であるゲーム関連銘柄を買うことが多いということをうかがいました。

今回は、どのような観点で銘柄を選ぶのかについてのお話です。

※本記事は2017年12月6日開催「FROGGY LIVE #2」(SMBC日興証券・FROGGY運営事務局主催)の「Session 3 杉原杏璃『わたしの投資家人生』」の内容を編集したものです。

杉原さんの悩み「テクニカル分析をしたほうが良い?」

杉原杏璃, 大江英樹, 投資 (写真=筆者撮影)

大江:今、投資で悩んでいることはありますか?

杉原: プロの方から見ると、テクニカル分析(※)をちゃんとした方がいいんでしょうか。

大江:テクニカル分析……しなくていいでしょう(会場笑い)。

※編注:株式投資の銘柄の選び方には、企業の将来性を見極める「ファンダメンタルズ分析」と、過去の株価の動きのパターンから将来の値動きを予測する「テクニカル分析」の2パターンがある。

杉原:いいんですか?やっぱりなんとなく、もっともらしい気がするんですが。投資判断の理由づけを探しても、私はなんとなくということが多かったりして。

大江:テクニカル分析というのは、いわゆるチャート分析ですよね。投資の世界というのは、実は色々な「流派」があるんですよ。

テクニカル分析派とファンダメンタル分析派、投資信託だと、パッシブ派とアクティブ派というように。それぞれの流派がある種の宗教のようになって対立して、それぞれを悪く言う、といったことは、どこでもありがちなんですよ。

私は、投資というのは思い込みを持ってしまうのが一番いけないことだと思っています。つまり頭を柔軟にしなければいけないということなので、基本的には、テクニカル分析というのは、それほど重視はしていません。

杉原:そうなんですか。

大江:将来において得られる利益を今の価値にしたものが今の株価である、だから長期的には利益と株価は一致する、これはもう絶対の真実です。ですから私は、基本的には企業のファンダメンタルズ分析が大事だと思っています。しかし一方、やっぱり株というのは、人間の心理がとても影響するものです。

株価は人の心の動きを表している

杉原杏璃, 大江英樹, 投資 (写真=筆者撮影)

杉原:そうなんですよね。

大江:今、行動経済学が何かと話題です。2017年のノーベル経済学賞を受賞したシカゴ大学のリチャード・セイラー教授の研究も行動経済学なわけですが、人間はどうしても心理的なものに揺さぶられてしまうので、理屈は正しくてもそうではないことをやってしまう、そういうこともありがちなんですね。

株価チャートというのは、その時々の人間の心理の動きを表しているわけですよね。

杉原:はい。

大江: ということは、人間というのは何百年経ってもあまり変わらないとすれば、過去の人間がどんな行動をとってきたのかという軌跡を分析してみることには、一定の値打ちがあると私は思っています。

ファンダメンタルズ重視の人には「チャートなんて迷信みたいなものだ」と、そんなことを言う人もいるんですよ。私はそこまでは思っていなくて、チャートというものにも意味があると思います。

ただ、ちゃんと分析して研究しなければいけないかと言うと、必ずしもそうでもないなと思います。というのは真面目に勉強すればするほど、ハマってしまうんですよ。

杉原:あー、なるほど。

大江:その信仰のようなもののほうにどんどん行ってしまうので。ものごとは色々な方向から多面的に考えた方がいいですから。多少勉強することはいいと思いますが、勉強しすぎてチャート分析が全てだと思ってしまうのはね。

杉原:わかりました。

株を持つなら「大企業」と「新興企業」どっち?

杉原杏璃, 大江英樹, 投資 (写真=筆者撮影)

杉原:今、気になっていることは、私が持っている株の中で新興系の企業の割合が多いことです。今って日経平均がすごく上がっているじゃないですか。大型の企業の株を長期的に持っていたほうがこれからはいいんじゃないか、ということも考えているのですが。

大江:どうなんでしょうかね。新興系の企業の株は、もちろん玉石混合といったところはありますが、成長性の高い銘柄が入っているのは確かです。

おっしゃる通り、自分の中である程度のポートフォリオを作って、大型株の一部として持っておくというのは考え方としてはありかもしれませんが。でも方向としては、新興系の企業を中心とした銘柄で投資をしていくというのは、そんなに悪くないんじゃないかな。

杉原:周りの大人の方々は、もっとしっかりした、ちゃんとした安心できる銘柄に投資したほうがいいと言うんです。でも安心て何が安心なんだろうって。

大江:最近はそういう会社が、偽装とか色々なことをしていますからね。

杉原:そうですよね。

大江:だから、そういう銘柄を買っておけば安心かということは、必ずしも言えないですよね。

株式投資では「主観」を大切にしよう

大江:さっきおっしゃった、ゲームがすごく好きだから、業界をよく研究していて投資しているというのは、すごくいいですよね。

杉原:本当ですか。

大江:私は、街を歩いて有望な銘柄を探すといった方法はもちろんなんですが、逆に、主観的な観点から投資先を探してもいいと思っているんですよ。自分が体験したサービスとか、素直に感動したものに注目していいんじゃないかと思いますよ。

杉原:自分の見たものを信じていいんじゃないかなということで、私は銘柄と恋に落ちているわけですが。

大江:全てではありませんが、株式投資は会社を応援しているという要素があると思うんですよ。私は1997年ぐらいからインターネットで色々なことを始めているんですが、失敗したなということがあります。

アメリカのAmazonは1995年にサービスを開始しています。私は1960年代のソウルミュージックが大好きで、すごく欲しかった CD があったんです。東京中で探したのですが、見つからなかった。それが、98年頃にアメリカのAmazonの検索ですぐに見つかり、クレジットカードを登録して注文したら、数週間くらいでアメリカから送られてきました。

すごいサービスだと、私は素直に感動したんです。そのときにもし Amazon の株を買っていたら、今500倍くらいになっているんです。

杉原:そうですよね!気が付いていれば。

大江:そこでアマゾンの株を買うという発想が浮かばなかったんですね。考えてみれば、そういうことってたくさんありますよね。

杉原:あると思います。

大江:でも仮に株を買っていたとしても、ずっと持ち続けることができたかは別の問題ですけどね。株価2倍くらいで売っているでしょうね。

杉原:怖くなって、その辺りで売りそうですよね(笑)。

(後編に続く)

<prev 前編:銘柄に「恋」して12年〜グラドル杉原杏璃さん語る「投資家人生」

>next 後編:「今回は違う」はバブル崩壊の合図~グラドル杉原杏璃さんが語る「投資家人生」(12月27日公開予定)

【こちらの記事もおすすめ】
1万円から株式投資はできる!始め方から10年後のシミュレーションまで
「株は情報戦じゃなかった」主婦が見た金融の真実
20代投資家の8割はプラスリターン!見習いたい、資産運用のコツとは

▲最新記事はTOPページから

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集