(写真=Sodan)

新婚夫婦の「住宅購入」って実際大丈夫?

新婚で住宅購入する際のメリット・デメリットとは

これから結婚を控えているみなさま。もう、一緒に暮らす家はお決まりですか?一口に家と言っても、賃貸にするのか購入するのか、新築にするのか中古にするのかなど、考えるべきことがたくさんですよね。そこで今回は、新婚で住宅購入する際のメリット・デメリットについて解説いたします。

新婚のうちに家を買うメリットとは?

新婚,住宅購入,メリット,デメリット (写真=Sodan)

結婚前から同棲をしていたカップルを除けば、結婚して初めて一緒の家で暮らすことになりますよね。どこに住むのか?どんな家にするのか?など、夫婦で話あって決めていくのは楽しいものです。そんななか、結婚を機に自宅を購入するというのも一つの手です。

では、新婚のタイミングで住宅購入する場合、どのようなメリットがあるのでしょうか?

やはり、最大のメリットは「住宅という資産が増える」という点です。賃貸で家賃をどれだけ払っても、物件が自分たちの物になることはありません。しかし、住宅ローンを返し終われば、物件は自分たちの財産になりますよね。そのため、無駄な家賃は払いたくない!とお考えの方には、結婚を機に新居を購入するというのはメリットがあります。

次に、住宅ローンの審査が通りやすいというメリットもあります。(双方がフルタイムで働いているということを前提)お子さまができてから住宅購入を検討する場合、ローン審査時の収入が短時間勤務の扱いなどで低くなってしまっているケースも珍しくありません。その点、結婚直後の双方がフルタイムの状態であれば、審査面では有利といえます。

新婚のうちに家を買うデメリットとは?

新婚,住宅購入,メリット,デメリット (写真=Sodan)

では、逆に何かデメリットはあるのでしょうか?

最大のデメリットは、まだご夫婦のライフプランが未定の中で、予算決定や間取りを決めないといけないことです。子どもの有無や人数で、必要な間取りは当然異なりますよね。また、ご夫婦で住宅ローンを組んで物件を購入する場合、今後も共働きというのが前提での予算組みになることが一般的です。そのため、将来的にお子さまができた際に、保育園が見つからず仕事を辞めざるを得ない……なんてことになったら返済面が不安ですよね。

なお、会社員の場合は転勤のリスクもあります。住宅購入してすぐにご夫婦のどちらかが転勤することになったら、「買ったばかりの家はどうするのか?」や、仕事をやめて転勤先についていくとなった場合も「次の就職先が見つからず、共働き時代に組んだ住宅ローンが支払えない」など、諸々困ることになるかもしれません。

新婚で家を買う際に意識するべきこと

新婚,住宅購入,メリット,デメリット (写真=Sodan)

さて、デメリットも理解した上で、「やっぱり新婚のうちに家を購入したい!」という場合は、どんな点を意識すると良いのでしょうか?

最も意識するべきことは、いざというときに売ることも貸すこともできる状態にしておくということです。具体的には、常に「売却額>ローン残高」になる状態を作っておくということですね。そのためには、フルローンは組まず、なるべく資産価値が下落する物件は避けることが重要です。

たとえば、新築マンションについて考えてみましょう。新築マンションは一日でも住めば中古という扱いになります。つまり、一日でも住んだ場合、資産価値が下がるということです。ということは、フルローンで新築マンションを購入した場合、いざ売却となった際に、「売却額<ローン残高」となってしまうリスクが高いというわけです。

また、立地も重要です。極力、駅から近い物件を選ぶことを意識しましょう。賃貸に回すにしても、駅に近い物件のほうが家賃を高く取れますよね。売却を考えた場合も、同様です。駅に近い物件のほうが価格の下落を避けることができます。

以上をまとめると、新婚時代に物件を購入する場合は、一生その物件に住めるとは限らないのでなるべく価値の下落を避ける必要があり、そのためも新築は避け、中古の物件で駅に近い物件を選ぶことを意識するということですね。

いかがでしたでしょうか?住宅は「人生で一番大きな買い物」なんてよく言われますが、考えようによっては、一生に一度しか買えないというわけでもありません。ライフプランがどう転んでも大丈夫なように、リスクヘッジをした物件選びができるのであれば、結婚のタイミングで住宅購入してしまうのも悪くないかもしれませんね。

ブロードマインド株式会社
執筆者:お金の専門家 平原 直樹
第一種証券外務員を保有するお金のプロ!難しいお金の話を分かりやすく解説します。

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集