(写真=Subbotina Anna/Shutterstock.com)

毎日ハッピー! 「お米優待銘柄」10選

もらいそこねを防ぐ注意ポイントも解説します

みなさん、毎日お米を食べていますか? お米の安定供給を支援する「米穀安定供給確保支援機構」の調査によると、2016年度に日本人1人が1カ月間で消費したお米の量は、平均約4.6キログラムだそうです。

お米は日本の食卓から切り離せませんが、それだけに、お米代をちょっとでも節約できれば家計も楽になりますよね。

そこで今回は株主優待でお米がもらえる銘柄をピックアップして、投資金額順に紹介していきます。

ぴかぴかの新米をはじめ、選りすぐりのブランド米や産地直送銘柄といったおいしいお米が勢ぞろい。

あわせて、せっかくの優待品をもらいそこねないために注意しておきたいポイントも解説します!

☆この記事の見方
・企業名には、株式投資トレーニングツール「ANDS NOTE」へのリンクが貼られています。気になる企業はリンクをタップして「買い注文」し、株価の動きを体感してみましょう♪
・企業名横の4桁の数字は「証券コード」です。企業名と証券コードでネット検索すると、投資先として企業の情報を知ることができます
・株価は毎日変動します。記事には2017年11月の編集時点の数字(終値)を反映していますが、最新の数字は、企業名をタップしてチェックしてみてください
・「単元」とは、株主となるために最低限購入する必要がある株の数のことです
・「優待利回り」とは、株主優待のおトク度を示したもの。優待利回りが高いほど、おトクであると言えます
・「配当金」とは、企業から株主に配られるお金のことです

10万円以下で買える「お米優待銘柄」はこの3つ!

株主, 優待, お米, 銘柄, 権利確定日 (写真=dk tazunoki/Shutterstock.com)

■社長の出身地のコシヒカリを優待に:システムインテグレータ <3826>

「時間を与えるソフトウェアを創り続ける」というスローガンのもと、ECサイト構築やソフトウェア開発支援ツールなどの開発・販売しています。また、近年TVからSNSまであらゆるユーザー体験を購買に結び付ける「オムニチャネル」が注目されていますが、このオムニチャネル関連サービスも同社の主力製品の一つです。

同社が提供するツールは、カゴメ <2811> 日本ユニシス <8056> など多くの企業に採用されており、今後は中国市場をはじめ海外への展開も進めていくとのこと。

株主優待でもらえるお米は、同社社長の出身地である新潟県産の特別栽培米「コシヒカリ」です。このお米は、同社が特定農家に委託生産しているもの。農薬・化学肥料使用料を県の認定基準よりもさらに減らし作られており、「炊いたときにふわっといい香りのする本当においしいお米」だそうですよ。

10月の中旬から下旬にかけて、その年の新米が送られてきます。ただし、優待を受けるには6カ月以上の継続保有が必要ですので注意しましょう。

システムインテグレータ <3826>
・株価:830円
・単元:100株
・配当利回り: 1.93%
・1株配当(会社予想):16円
・権利確定日:8月末日(※同年2月末日から6カ月間の継続保有が条件)
・優待配送時期:10月中旬~
・株主優待:
新潟県産特別栽培米「コシヒカリ」の新米
100株以上=1キログラム
500株以上=2キログラム
2000株以上=5キログラム
8000株以上=10キログラム

■お米の産地が毎年変わる:ティア <2485>

名古屋を地盤に葬儀や法要にかかわる事業を行っているティア。「日本で一番『ありがとう』と言われる葬儀社」を目指すというスローガンを掲げている会社です。名古屋近郊に住んでいる方は、白と紫を基調とした「葬儀会館TEAR」を目にしたことがあるのではないでしょうか。

冠婚葬祭は人生の重要な行事のひとつですが、とかくお値段が分かりにくく、いざそのときになって難儀しがちなもの。ティアは、そういった"ギョーカイの常識"をくつがえし「葬儀価格の完全開示」をうたっています。利用者側からみると、助かりますよね。

そんな同社の株主になると、保有株数に応じて毎年11月末に、その年の新米が届きます。2015年は北海道産の「ゆめぴりか」、2016年は特別栽培米の長野県産「コシヒカリ」でした。

さて、2017年はどこのお米が頂けるでしょう。長期保有すれば、毎年「今年はどこの新米が届くかな?」なんて楽しみ方もできますね。守備範囲外の産地から好みのお米が見つかるかもしれませんよ。

ティア <2485>
・株価:924円
・単元:100株
・予想配当利回り:1.08%
・1株配当(会社予想):10円
・権利確定日:9月末日
・優待配送時期:11月末 ・株主優待:
新米
100株以上=3キログラム
1000株以上=5キログラム
3000株以上=10キログラム

■無洗米の新米が届く:久世 <2708>

久世(くぜ)は、ホテルや飲食店、ケータリング関連企業などに業務用の食材や資材を販売する会社です。どんどん変わる食のトレンドに対応できるよう、おいしくて調理の手間をなるべく減らせる商品を開発しています。また、飲食店の要望をもとにサンプルを作り、メニューの提案なども業務の一つ。

2015年版「業務用食品卸売業年鑑」によると、久世は業務用食材市場で首都圏における売上高トップクラス。直接はなじみがなくても、首都圏にお住まいの方なら知らず知らずのうちに、同社が手掛ける商品を食べているかもしれませんね。

株主優待では、久世PB(プライベートブランド)である特選無洗米の新米が、毎年10月の中旬ごろに届きます。品種は、2016年が山形県天童産の「はえぬき」、2017年は同じく天童産の「つや姫」でした。これらのお米は、同社社員が契約農家の方々と田植えや稲刈りを行ったものなのだとか。無洗米ですから、家事の時短にも貢献してくれますよ。

久世 <2708>
・株価:924円
・単元:100株
・予想配当利回り:1.29 %
・1株配当(会社予想):12円
・権利確定日:3月末日
・優待配送時期:10月中旬
・株主優待:PBブランド特選無洗米の新米
      100株以上=2.5kg
      1000株以上=2.5kg×2袋
      3000株以上=2.5kg×4袋

10万超~50万円で買う「お米優待銘柄」4選!

株主, 優待, お米, 銘柄, 権利確定日 (写真=sasaken/Shutterstock.com)

■長く保有するとお米が増える:アマナ <2402>

ブログなどを手掛けている人には、写真素材サイト「アマナイメージズ」の名前に聞き覚えがあるのではないでしょうか。現在では写真に限らず、CGやVR(バーチャルリアリティー)も含めたビジュアルコンテンツを広く手掛けています。

株主優待は100株保有者を対象とした申込制で、3月下旬に届く「株主総会決議通知」同封の案内に従って申し込むと、「写真の町」北海道東川町産の新米が贈られてきます。

ユニークなのは保有期間に応じてお米の量が増えるという仕組み。それも1種類でなく、継続保有3年以上になると3種類の新米が2キロずつ、合計6キロの新米がもらえるようですよ。

保有株数を増やさなくても、長く継続するだけでもらえる量が増え、違った数種を食べ比べられるというのはうれしいですね。おまけに、ビジュアルコンテンツの会社らしくお米袋までおしゃれ!

発送時期は、新米収穫後の10月中旬以降です。

アマナ <2402>
・株価:935円
・単元:100株
・予想配当利回り:未確定
・1株配当(会社予想):0円
・権利確定日:12月末日
・優待配送時期:10月中旬~
・株主優待:
北海道東川町産の新米、申込制
保有期間1年未満=2キログラム
保有期間1年以上=4キログラム
保有期間3年以上=6キログラム

■年2回、産地から直送:ソルクシーズ <4284>

ソルクシーズは金融業界を中心にシステム開発などを行っている企業で、ビジネス向けのクラウドサービス事業で業績を伸ばしています。2017年10月には、ネット金融最大手のSBIホールディングス <8473> とフィンテック(☆)分野で事業提携し、SBIグループ傘下となりました。

クラウドを活用したマイナンバー管理や、子供の帰宅・外出を知らせるスマホアプリの運用、トヨタ自動車系列の自動運転関連技術開発への参画など、新しい分野にも積極的に事業展開しており、今後ますます目が離せません。

株主優待でもらえるお米は国内産の「コシヒカリ」で、うれしいことに年に2回、生産者からの直送で届きます! 品種は限定されていませんが、これまでは、契約農家栽培米の千葉県産コシヒカリ「幽学の里米」でした。

単元は100株ですが、株主優待の対象は200株以上の保有株主です。期待していたのに優待が届かなかった! なんてことにならないようご注意くださいね。

ソルクシーズ <4284>
・株価:821円
・単元:100株
・予想配当利回り: 0.6%
・1株配当(会社予想):5円
・権利確定日:6月末日、12月末日
・優待配送時期:9月、2月
・株主優待:
国内産「コシヒカリ」
200株以上=2キログラム
1000株以上=5キログラム
1万株以上=10キログラム

☆フィンテックとは?
フィンテック(Fintech)は「金融(financial)×テクノロジー(technology)」の造語。「金融のアップデート」と訳されていることが多いようです。フィンテックサービスとして、これまで金融機関が担っていた金融取引をインターネットの活用で置き換えるさまざまなサービスが発表されています。仮想通貨やロボアドバイザーもその一つです。(参考:スマホで割り勘も楽チン!注目の「お会計アプリ」2つ

■魚沼のブランド米が届く:前澤給装工業 <6485>

前澤給装工業は、水道用給水装置の市場シェア4割を占める業界トップの給水装置総合メーカーです。

給水装置というのは、公共の水道管や個人宅の給水管、さらには給水栓(蛇口)、水道メーターといった水道関連器具のこと。同社は、水道を止める「止水栓」をはじめとする器具の開発・製造・販売を主力事業に、床暖房や追いだき配管システム関連製品など、水にかかわる事業展開を広く進めています。

どこにでも水道が通っていて、蛇口をひねれば当たり前のように水が出る。そういった現代の快適な生活は、前澤給装工業のような企業に支えられて成り立っています。そう考えると、私たちの生活にもっとも密着した身近な企業といえますね。

前澤給装工業の優待品は、お米の王者として名高い「新潟県魚沼産コシヒカリ」です。おいしさの秘密は、信濃川がもたらす肥沃(ひよく)な土地と、昼夜の寒暖差が大きい気候にあるのだそう。

発送は11月上旬から。魚沼ブランド米の一つ「魚沼ロマン」というお米が届くようです。

前澤給装工業 <6485>
・株価:1829円
・単元:100株
・予想配当利回り:2.02%
・1株配当(会社予想):37円
・権利確定日:3月末日
・優待配送時期:11月上旬~
・株主優待:
新潟県魚沼産「コシヒカリ」の新米
100株以上=3キログラム
1000株以上=5キログラム

■南魚沼産コシヒカリの新米がおトク:高松コンストラクショングループ <1762>  東証一部**

1917(大正6)年の創業から関西を地盤に全国で土木・建設事業を行っている、いわゆるゼネコン企業です。道路やトンネルなどのインフラ、マンション建築、文化財の発掘調査まで、多様な事業を展開しています。

積極的なM&Aが特徴で、同社自体、髙松建設と青木あすなろ建設 <1865> を中心とした19の建設会社から成るグループ企業。聖徳太子が百済から招いた工匠が初代であるという、飛鳥時代創業の日本最古企業「金剛組」もその1社です。

株主優待では、10月下旬に南魚沼産コシヒカリの新米が頂けます。届く前から期待したくなる信頼の産地ですね。

ちなみに、前述の青木あすなろ建設も、同じ南魚沼産コシヒカリを優待品に設定していますが、優待対象となる最低投資金額で見ると、高松コンストラクショングループのほうが若干低め。

同じ土木事業でも、青木あすなろ建設はダムやトンネルなど公的事業の比率が高く、高松建設の得意分野はマンションや戸建て建築と違いがあります。高松コンストラクションはその両グループの業績も含めて評価されるますので、関連企業にお勤めであれば、ご自身の会社の需給動向を参考に両社を検討してみてもいいですね。

高松コンストラクショングループ <1762>
・株価:2841円
・単元:100株
・予想配当利回り:1.86%
・1株配当(会社予想):53円
・権利確定日:3月末日
・優待品配送時期:10月下旬~
・株主優待:
新潟県南魚沼産「コシヒカリ」
100株以上=5キログラム
500株以上かつ5年以上継続保有=10キログラム

予算50万円以上で買いたい「お米優待」3銘柄!

株主, 優待, お米, 銘柄, 権利確定日 (写真=HII_Tokyo/Shutterstock.com)

■もらえる時期が他とは違う:日本M&Aセンター <2127>

名前のとおり、中堅・中小企業を対象にM&A(企業の合併・買収)を仲介する会社です。

かつて証券会社で働いていた筆者は、中小企業への営業回りで「そろそろ社長業を勇退したいが、社員の雇用を考えると決断できない」とか、「子供に事業を継がせたかったが断られ、後継者に悩んでいる」といったお話を伺うことがありました。

日本M&Aセンターは、そういった悩みをもつ経営者の相談を受け、会社の売り手と買い手を結び付けることで企業の「存続と発展」を支援しています。

優待で頂けるお米は産直の魚沼産「コシヒカリ」。保有株数に関係なく、一律で5キログラムが送られてきます。ここで注目していただきたいのが、優待をもらう時期です。

多くのお米優待銘柄では、新米の出る10月~12月上旬に発送するとしていますが、同社の優待進呈時期は6月下旬~7月上旬。同じお米でも、もらえる時期が半年以上ずれるのです。

収穫から月日を置かず食べる新米が最高においしいのは言うまでもありませんが、精米されたお米がおいしく食べられる期間に限りがあるのも事実。仮に、いくつものお米優待銘柄から、同時期に何キロもの新米が届いてしまったら、おいしく食べるのも保管もひと苦労かもしれません。

優待品が同じ銘柄を複数保有するなら、届く時期を考慮して銘柄選びをするのも一つの手です。

日本M&Aセンター <2127>
・株価:5500円
・単元:100株
・配当利回り:0.61%
・1株配当(会社予想):34円
・権利確定日:3月末日
・優待配送時期:6月下旬~
・株主優待:魚沼産「コシヒカリ」5キログラム

■お米の食べ比べも楽しめる!?:センコン物流 <9051>

仙台と名取、宮城県内の2カ所に本店を構えるセンコン物流は、運送業・倉庫業を中心とした物流サービス全般を提供している企業です。地盤である東北を中心に東京と島根に拠点を置き、東北から全国に向けた物流ネットワークを構築しています。

輸送業以外では、物流システムや倉庫管理システムの開発・提案にも力を入れているほか、トランクルームサービスや引っ越し、文書保管といった自社の経営資源を活用できる多様な業態にも進出。傘下には新・中古車販売会社や植物工場の運営会社などがあります。

優待品が届くのは6月と11月、うれしい年2回進呈です。お米5キロと5000円相当の東北特産品が半年ごとに届くとされていますが、2011年以降は「あきたこまち」「ひとめぼれ」「はえぬき」といった東北産銘柄のお米5キログラム2種類が届く内容となっています。

その傾向は今後も続くと見られていますので、年間20キロものお米が頂けることになりますね。ただし、優待対象の条件は1000株以上の保有が必要でハードルは高めです。

お米は産地や品種で味も香りも違うと言いますが、違った品種のお米をそろえているというご家庭は少ないのではないでしょうか。こういったお米の食べ比べができる機会に、自分の好みを探ってみるのも面白いかもしれません。

センコン物流 <9051>
・株価:711円
・単元:100株
・予想配当利回り:1.74%
・1株配当(会社予想):12.5円
・権利確定月:3月末、9月末
・優待配送時期:6月、11月
・株主優待:1000株以上=東北産銘柄米10キログラム分

■愛知の高級米を年2回:岡谷鋼機 <7485>

名古屋に本社を置く岡谷鋼機(おかやこうき)は、江戸初期創業の名門商社です。

主力事業は連結売上高の4割を占める鉄鋼・機械分野で、全国シェアトップである愛知県の自動車産業・鉄鋼産業の発展を支えてきました。海外にも早い時期から目を向け、世界21カ国に現地法人や支店などを開設。グローバルな事業展開に成功しています。

同社は現在、鉄鋼・機械に加えて、情報・エレクトロニクス分野、産業資材分野、建設・食品といった生活産業分野を事業の4本柱としています。さらに、未来を見据えた取り組みとして、自動運転技術やIoT(☆)といった新技術分野にも積極的です。

優待でお米をもらえるチャンスは年に2回。加えて、継続保有3年以上の株主には図書カードも進呈されます。セレクトされているお米「ミネアサヒ」は、愛知県豊田市旭地区など一部の山間地でのみでつくられている高級米で、やや小粒でうま味があり、コシヒカリに似たお味と評判です。

実はこのミネアサヒ、県外ではほとんど作付けされていないうえに、県内でも一般市場にはあまり出回らない希少なお米だとか。「幻のお米」が食卓にのぼるチャンスは、岡谷鋼機の優待を逃したらなかなか訪れないかもしれませんよ。

名証単独上場ということもあり、有望ながらややマイナーな岡谷鋼機ですが、希少米が手に入る優待に2%近い利回りを合わせて見ると、魅力のある銘柄といえそうです。

岡谷鋼機 <7485>
・株価:9400円
・単元:100株
・予想配当利回り: 1.88%
・1株配当(会社予想):180円
・権利確定日:2月末日、8月末日
・優待配送月:4月下旬~、10月下旬~
・株主優待:
愛知県産「山の幻 愛知米ミネアサヒ」、図書カード
2月末100株以上=お米5キログラム
(3年以上保有)=お米5キロ+図書カード2000円分
8月末200株以上=お米5キログラム
(3年以上保有)=お米5キロ+図書カード1000円分

☆IoT(アイオーティー)とは?
「Internet of Things」の略で、PCやスマホといった情報端末に限らず、自動車、家電、衣類、メガネ、筆記用具など実際に手で触れられるあらゆるモノをインターネットにつなげる技術のこと。スマート家電やドローン配送もIoT活用事例の一つ。日本語では「モノのインターネット」と訳されます。

確実に優待をゲットするために注意したい3つのポイント

株主, 優待, お米, 銘柄, 権利確定日 (写真=Mentari Merah Studio/Shutterstock.com)

ここまで、株主優待でお米をもらえる銘柄を紹介してきましたが、実際に株式を保有して優待を受け取るには注意が必要となる場合もあります。ポイントは次の3つ。

  1. 購入は権利確定日の3営業日前までに
  2. 長期株主を目指すなら継続保有を切らさない
  3. 株主権利確定後の引っ越しなら企業にも連絡を

ここからは、確実に優待を手に入れるために注意しておきたいポイントをまとめていきます。

1. 権利確定日の3営業日前までに購入する

株主優待や配当、株主総会の議決権といった「株主の権利」を取得するためには、権利確定日に規定の株数を保有していなければなりません。ここに、投資初心者の方が陥りやすい落とし穴があります。

株は、売買が成立しても実際に株が受け渡されるには、購入後3営業日かかります。つまり、株主の権利を取得したい銘柄の決算日が11月末日だった場合、2017年11月30日は木曜日ですから、3営業日前の11月27日の月曜日までに買い注文が成立していれば、11月30日時点で証券会社の保有残高一覧に購入銘柄が載ります。

また、仮に11月末日が月曜日であれば、その前週の水曜日までに株を購入しておく必要があります。

この「権利確定日の3営業日前」を「権利付最終日」といいます。「権利確定日を含めて4営業日前」という言い方もありますが、「権利確定日の4営業日前」でないことに注意してください。2009年11月の改正で「3営業日前」に変わっています。

  • 27日(月)権利付最終日
  • 28日(火)
  • 29日(水)
  • 30日(木)権利確定日

株式投資を始めたばかりだった筆者の友人はここを誤解して、月の最終日に買い注文を入れてしまったために優待を受け取ることができなかったことがあります。また、3営業日前に注文を入れたものの売買が成立せず、その日の取引が終わってしまったという話も耳にしたことがあります。

優待は、一度取りそびれると次の確定月まで待つしかありません。絶対に欲しい優待があるときは、権利確定日に気を付けて気をつけて株を確保しましょう。

2. 長期株主を目指すなら継続保有を切らさない

長期保有している株主に、優待内容を優遇する流れが出てきています。今回紹介した中では、ルクシーズ <4284> アマナ <2402> 、岡谷鋼機 <7485> がそうでした。

「長期株主」として認定されるためには、途中で売買せずにずっと保有し続ける必要があります。権利確定日には「株主名簿」が作成され、だれが株主なのかがチェックされますが、途中で一度株を売ると株主名簿の株主番号が変わってしまいます。

保有期間は株主番号でカウントされるため、番号が変われば保有期間も一からやり直しとなるのです。そうなると、たとえ権利確定日に株主であったことが複数回あっても継続保有にならず、「長期株主」とは認めてもらえません。

また、株を売らなくても、証券会社に株を貸し出すことで所定の金利が取得できる「貸株(かしかぶ)サービス」に申し込む場合も注意が必要です。

株主優待がもらえるかもらえないかは、サービス提供先の証券会社によりますが、優待がもらえる場合でも株主番号が変わってしまう可能性があります。貸株サービスを検討するときには、株主番号の変更について証券会社に確認しておきましょう。

3. 株主権利確定後の引っ越しなら企業にも連絡を

引っ越しをしたら当然、証券会社で住所変更手続きを行いますね。引っ越し予定日が権利確定日より前であれば、証券会社の住所を変更するだけで問題ありません。

しかし、もし権利確定日以降に引っ越すのであれば、新住所に間違いなく届けてもらうためにも、証券会社だけでなく優待をもらう企業にも連絡を入れておきましょう。一般的には、企業サイトのIR情報ページにお問い合わせ先が掲載されています。

ただし、優待品の発送方法が郵便であると分かっている場合は、郵便局に転居届を出しておけば自動的に新住所に転送されます。

こだわりの優待セレクト米でおこめ生活をレベルアップ!

株主, 優待, お米, 銘柄, 権利確定日 (写真=lzf/Shutterstock.com) 株主, 優待, お米, 銘柄, 権利確定日 (写真=lenetstan/Shutterstock.com)

投資が初めてという方は、株主としての恩恵を楽しむところから入るのも一つの手。その中でも、小さな額から投資できる銘柄や値動きの少なそうな銘柄を選んでみてはどうでしょう。

企業おすすめのお米をぜひ一度味わって、楽しい優待ライフをお過ごしください!

***

【この記事で紹介した「お米優待銘柄」一覧】

▽10万円以下
システムインテグレータ <3826>
ティア <2485>
久世 <2708>

▽10万超~50万円
アマナ <2402>
前澤給装工業 <6485>
ルクシーズ <4284>
松コンストラクショングループ <1762>

▽50万円以上
日本M&Aセンター <2127>
センコン物流 <9051>
岡谷鋼機 <7485>

※株価は2017年11月17日の終値です。
※本記事で記載した優待内容は、2017年11月18日時点の情報に基づいています。実際に検討・取り引きされる際には、各企業サイトのIR情報などで最新情報をご確認ください。

【こちらの記事もおすすめ】
株主優待で年6回、お米が届くプランを考えてみた
私のために買っておきたい、2月の「バレンタイン銘柄」
いよいよ師走。2016年の終わりこそ仕込む注目株はこれだ!

▲最新情報はTOPページから

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集