(写真=Sodan)

「結婚したら転職」の2つの注意点

結婚を機に転職するにあたって考えておくべき2つのポイント

結婚したら愛する夫のためにも、料理に洗濯、主婦業も頑張りたいと思うのが女心かもしれません。なかには、仕事は続けていきたいけれど働き方を変えようかな……とお考えの方もいるのではないでしょうか?今回は、そんな結婚を機に転職を考えている方に読んでいただきたいコラムです。

転職前にライフプランをしっかり立てておこう!

結婚,転職,ライフプラン (写真=Sodan)

寿退社という言葉もあるとおり、一昔前までは結婚したら退職する女性も多くいましたが、最近はめっきり聞かなくなりましたよね。その理由の一つとして、仕事を楽しむ女性が増えているという時代背景があるのかもしれません。実際に、たとえご主人の収入で生活が保障されていても、「社会から必要とされたい」「お金のありがたみを忘れたくない」などの理由で、結婚後も働き続けたいと考える方もいるようです。

とはいえ、ハードワークで夫婦の時間がなかなか取れなかったり、家事との両立がうまくいかなかったりすると、新婚で幸せなはずなのに喧嘩ばかりなんていうことに……よくある話です。やはり、コミュニケーションを取る時間は確保したいですよね。だからこそ、自分のほうが早く帰れるよう仕事をセーブするために、結婚を機に転職を考える女性は多いです。

では、結婚を機に転職をする場合、どのようなことを考えておく必要があるのでしょうか?

当然、世帯収入が減るわけですから、生活の水準も下げざるを得なくなります。それが簡単なことではなく、当初思い描いていた結婚生活との乖離があればあるほどストレスになることでしょう。また、子どもを授かりたいと思っているのであれば教育費、マイホームを持ちたいと思っているのであれば住宅購入資金、はたまた老後の資金と、結婚後は日々の生活だけではなく将来的に必要なお金を準備する必要が出てきますよね。そのため、結婚を機に転職する場合、お金の準備が思うように進まず、結婚前に思い描いていたライフプランが実現できなくなる可能性も……。

そうならないためにも、まずは転職前にご主人と将来を思い描き、ライフプランを立てておくことが重要です。ライフプランを立てておくことで、いつの時点でどれくらいのお金が必要になるのか?が明確になり、転職後の世帯収入で本当にやっていけるのか?を考えたうえで、転職するかしないか選択することができますよね。

転職前に会社の制度をしっかり確認しておこう!

結婚,転職,ライフプラン (写真=Sodan)

結婚を機に転職する場合に考えておかなければいけないのは、転職先の給与だけではありません。たとえ給与や勤務時間が希望に見合っていたとしても、雇用形態によっては加入する社会保険の種類が異なり、将来受け取ることのできる年金額が変わってきます。

また、会社によっては、有給休暇や産休・育休を取得するのに一定期間雇用されていることが条件になっている場合もあります。よって、新婚旅行を控えている場合や、結婚後すぐにでも子どもを授かりたいと考えている場合などは注意が必要です。なお、産休・育休制度に関しては、求人広告に記載されていても実例があるのとないのとでは安心感も違うので、事前に質問しておくと良いかもしれませんね。

結婚を控えたみなさん。婚約者である彼は、これから始まる結婚生活においてずっと連れ添うパートナーですので、今のうちからお金の話をしておくことはとても大切です。筆者は、結婚前から夫と気も合うし分かり合えていると思っていましたが、全然そうではありませんでした。育った環境も違い、血の繋がりのない相手ですから当然といえば当然ですよね。それでも今は、夫婦の目指すライフプランを共有できているため、心の平和を保つことができ仕事にも打ち込むことができています。もし、パートナーと何から話せば良いのか分からない場合は遠慮なくご相談くださいね!

ブロードマインド株式会社
執筆者:お金の専門家 星川 みゆき
30代夫婦共働き。仕事と家庭の両立に日々模索中!お金のアレコレ難しそうなことを分かりやすく、共感+αの情報発信を致します。

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集