(写真=favorita1987/Shutterstock.com)

「お金がないとき」にやってはいけない3つのこと

お金がないからと焦るとかえって損することに……

生きていくためにお金は切っても切り離せないもの。「お金が欲しい」で検索すると、実にさまざまな「即座にお金が手に入る方法」がヒットします。しかし、これらは本当に私たちをリッチにしてくれる方法でしょうか?

今回は、正しいマネーリテラシーを身に付けるために知っておくべき、「お金がないとき」にやってはいけない3つのことと、お金がほしいときに最初にすべきことをご紹介します。

その1:カードローン(キャッシング)

まずは、キャッシングをはじめとするカードローンです。借金は、時としてチャンスを生かすために必要な手段になりますが、個人向けのローンは金利手数料の負担が大きく、結果的に損しやすい仕組みになっています。

カードローンはいまや手軽に現金を手にできる方法の筆頭。借入手続きはスピード勝負で手間もかからず、問題がなければ1〜2時間もしないうちにお金を借りることができてしまいます。

申し込みに必要なのは本人確認書類のみ。印鑑も保証人も担保も不要で、借入額によっては収入証明書さえいりません。1社あたり50万円、他社も合わせれば総額100万円という金額を、カードローン会社は収入確認なしで貸し付け可能としているのです。

また、カードローンの一種であるクレジットカードのキャッシング機能を利用すれば、何の手続きをすることもなく、ATMから30万円程度までなら引き出せてしまいます。ATMを通すことで、借金という感覚が薄れることにも注意が必要です。

「きちんと返せるなら借りたって問題ない」という意見もありますが、その意見に筆者は断固として反対します。重要なのは、このようなときに相手目線で考えられるか。

なぜ、金融機関はそんなに簡単にお金を貸すのか考えてみてください。理由は簡単。「もうかる」からです。相手がもうかるということは、私たちは損をする可能性が高いということでもあります。

その2:リボ払い

クレジットカードの返済方法の一つに「リボルビング払い」、通称「リボ払い」があります。利用件数や金額に関係なく、毎月一定の金額を支払っていくという返済方法で、最小支払い額は借入総額によって変わります。

「月々2000円からの支払いでOK」などとうたっているサービスもあり、一定額を毎月支払っていくだけなら、支出管理しやすく便利だから良いのでは? と思うかもしれません。

しかし、リボ払いは利用残高全体に実質年率15〜18%の金利手数料がかかる仕組み。元金はなかなか減らず、完済までの金利手数料は莫大になります。さらに、支払い終了時期が見えにくいという難点もあります。

実際にどれほどの金利負担があるのか実例で見てみましょう。

  • 借入総額=50万円
  • 返済額=リボ払い1万円(元利定額方式:返済元金+利子=1万円)
  • 年利15%

「元利定額」では毎月一定の支払い額に利子や手数料が含まれます。一般的に金利手数料(利子等)が大きくなる方式で、上記の場合、完済までの金利手数料の総額は約29万円。返済総額は79万円にも上ります。ちなみに返済回数は79回(6年7カ月)。借りたお金の1.6倍を返すことになるのです。

その3:ギャンブル(競馬、パチンコ、宝くじなど)

ギャンブルは損失を受ける確率が高く、お金を増やすという観点からNGです。

そもそも、競馬の還元率は約75%、パチンコは約85%と定められていますが、これは、競馬は25%、パチンコは約15%が胴元の取り分で、その残りが参加者に分配されるということ。数値で考えると、1万円を賭けた場合、競馬なら2500円、パチンコなら1500円を平均的に失うということです。

また、宝くじやtoto(サッカーくじ)はパチンコなどのギャンブルとは別物と考えている人も少なくありませんが、これらもれっきとしたギャンブルです。しかも、還元率は宝くじが約46%、totoは約50%という低さ。

こうして見ると、ギャンブルでお金を増やすのは至難の業であるのは一目瞭然。ギャンブルは「お金を増やす」ためにするのではなく、損しても問題ない金額の範囲で「娯楽」として楽しむのがよいでしょう。

お金, キャッシング, カード, ローン, リボ, 投資, 信託, 資産, 運用, 貯蓄 (写真=Pressmaster/Shutterstock.com)

「お金が欲しい人」が最初にすべきこと

今は、どうにかしてお金を手にしたいと思えば、簡単に手に入ってしまう世の中になっています。けれども、返す必要があるお金、運の要素が強いお金を、真の意味で「自分のお金」と呼ぶことはできません。一朝一夕でお金を手に入れることはできないのです。

では、お金とうまく付き合いながら「真の自分のお金」を着実に増やしていくにはどうしたらいいのか。筆者は、シンプルな2つの方法しかないと思います。

①「個人価値」を高め、稼ぎ力をアップさせる

ひと昔前に比べると、個人の能力やスキルを生かして働く「フリーランス」というスタイルは珍しいものではなくなりました。この傾向は、能力全体が平均的に高い人材ではなく、より専門的に突出した能力を持つ人材が必要とされる世の中になってきていることの現れともいえるでしょう。もちろん、この傾向はフリーランスだけでなく、会社員や公務員にも当てはまります。

このような時代を生き抜くために必要となるのが、「個人価値」を高めるための自分磨きなのです。自分磨きとは、単に知識やスキルの向上だけを意味しているのではありません。長く働き続けるための「健康維持」や、仕事に生かせる「人脈づくり」といったものも含みます。

最近では、副業を認める企業も増えてきました。スキルや知識、人脈を生かして副業を行い、「個人価値を高めながらお金を増やす」という考え方を取り入れていくのがよいでしょう。

② 確実に貯蓄できる仕組みを作る

お金を着実に貯めるには、

  1. 先取り貯蓄=収入が入ったらまず貯蓄する
  2. 自動貯蓄(強制貯蓄)=貯蓄の自動化・強制化

この2つを仕組み化することに尽きます。

そこでオススメしたいのが、次のような「先取り貯蓄」「自動貯蓄」の仕組みを持つ制度や金融商品の活用です。

  • 財形貯蓄制度=給与からの天引き貯蓄。指定金融機関が管理。
  • 社内預金制度=給与からの天引き貯蓄。勤務先が優遇金利で管理。
  • 定期預金自動積立=金融機関の預金口座から毎月一定額を自動的に定期積立する。
  • 投資信託自動積立=ファンドを選び、一定期間で自動的に投資信託(☆)を買付する。
  • iDeCo(☆)=個人型確定拠出年金。加入者自身が年金の掛け金を積み立て、運用する。

さらに、簡単には引き出せない「強制貯蓄」の仕組みがあれば、なおよいでしょう。上記5つのうち強制貯蓄タイプといえるのは、「財形貯蓄」「社内預金」「iDeCo」です。

財形貯蓄や社内預金を引き出すには、上司の確認や書類の提出といった段階を踏む必要がありますし、iDeCoは原則的に解約不可であるうえ、60歳まで引き出せない仕組みになっています。

☆投資信託については→こちらの特集もチェック♪

☆iDeCo(イデコ)とは?
個人型確定拠出年金(こじんがたかくていきょしゅつねんきん)のこと。専業主婦や自営業者、フリーランサー、会社員の中でも特に企業型確定拠出年金が導入されていない企業に勤める人が利用できる。公的年金や企業年金にプラスするかたちで自分で積み立てる「年金」のことで、2017年1月から加入対象者が拡大したことから、いま、老後資金づくりの方法として注目を集めている。(参考:これなら分かる!「確定拠出年金」がお得と言われる理由

「お金に働いてもらう」ということ

これからの時代、より効率的にお金を貯めるためには、自分が働くだけでなく「お金自身にも働いてもらう」=「お金にお金を稼いでもらう」必要があるのです。

例えば、その一つとして投資信託を活用すれば、100円、500円といった小額から投資することもできます。小額からの積立投資(☆)で体質改善のきっかけを作り、着実に資産形成していきましょう。

☆積立投資とは?
同じ金融商品を同じ金額分、1カ月に1回などタイミングを決めて買い付ける投資手法のこと。コツコツと買うことで、投資のタイミングを分散することができ、結果として長期的な値上がりを期待できるとされている。天引きの預金感覚で気軽に始められることも特徴。(参考:積立投資信託とは?メリット、デメリットから投資先4選まで

▲最新情報はTOPページから

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集