(写真=Sodan)

「フラット35」が制度変更!さりげなくおトクになっていた

フラット35が団信つきに!その特徴とは?

マイホームの購入を検討しているみなさま。購入するにあたって、住宅ローンを組む方がほとんどですよね?そこで今回は、住宅ローンを検討しているとよく聞く「フラット35」に関して、2017年10月より制度が変わったのでその内容を解説したいと思います。

フラット35はどう変わる?

フラット35,制度変更,マイホーム,住宅ローン (写真=Sodan)

住宅ローン選びをする方にとって、一度は検討にあがるフラット35。やはり、長期間固定金利というのは安心ですよね。マイナス金利の影響で、変動金利と固定金利との金利差がかつてないほど低くなっている現在において、フラット35の固定金利はより魅力的になっているといえるでしょう。

さて、そんなフラット35ですが、2017年10月より制度が変わったため、これから申し込む場合は以下の変更点があります。

それは、団体信用生命保険の存在です。団体信用生命保険とは、住宅ローンを組んだ方を被保険者にした生命保険です。この団体信用生命保険の存在により、一家の大黒柱である方に万が一のことがあった場合は、住宅ローンの残債分の生命保険が支払われます。通常、住宅ローンを組む場合、この団体信用生命保険が自動で組みこまれています。そのため、ローンの返済中に一家の大黒柱に万が一のことがあった場合でも、住宅を手放す心配がなくなるというわけです。

しかし、フラット35に関しては、2017年9月まで団体信用生命保険が組み込まれていませんでした。そのため、仮に団体信用生命保険を希望する場合は、別途保証料を支払って加入するか、民間の生命保険に加入するかで対応する必要がありました。そして、別で団体信用生命保険料を払う場合、毎年1回、1年分をまとめて払う仕組みになっていたので、それなりにまとまった額になっていました。よって、その分の準備をうっかり忘れてしまった場合、支払月の家計への影響(負担)も小さくありませんでした。

これが、2017年10月申し込み分より、フラット35に団体信用生命保険が組み込まれることになったのです。

フラット35の団体信用生命保険の特徴とは?

フラット35,制度変更,マイホーム,住宅ローン (写真=Sodan)

ここからは、フラット35の団体信用生命保険について解説していきましょう。

まず、気になる保険料に関してです。自動で組み込まれることになったからといって、保険料が無料というわけではありません。保険料の分は、金利に加算されたということです。とはいえ、従来の別枠で加入する必要があった団体信用生命保険と比較すると、保険料自体は安くなっています。そのため、今までよりもお得に加入することができます。

また、保障内容も良くなっています。通常、団体信用生命保険の支払要件は、被保険者が「死亡」または「所定の障害状態」になった場合です。ここでいう「所定の障害状態」とは、従来までは「高度障害」という状態のことを意味していましたが、今回より「身体障害」という状態に緩和されました。

健康状態に不安がある場合はどうしたら良いの?

フラット35,制度変更,マイホーム,住宅ローン (写真=Sodan)

今までのフラット35において“団体信用生命保険が別枠”という仕組みは、一見すると不便であるように感じませんか?ですが、広く住宅ローンを普及させるという意味ではとても重要な仕組みでした。

どういうことかというと、団体信用生命保険は「生命保険」という性質上、加入時に診査(告知)が必要です。通常の生命保険と比較すると診査基準は緩くなりますが、過去に大病を経験された方などは、やはり診査が通らないことも珍しくありません。

しかし、金融機関で住宅ローンを組む場合、基本的に団体信用生命保険の加入が必須条件でした。そのため、一部の方は団体信用生命保険の存在がネックになって、収入面などの与信は問題なくても住宅ローンに加入できないという事態に陥っていたのです。そんななか、団体信用生命保険に加入しなくても借入ができるフラット35は、こうした方にとって頼りになる存在だったのです。

では、新たに団体信用生命保険が組み込まれることによって、こうした方はフラット35を諦めないといけないのでしょうか?

答えは、NOです。健康上の都合などで、あえて団体信用生命保険に加入しないという選択をすることもできるのです。健康状態に不安がある方も利用することができるということで安心ですね。なお、団体信用生命保険に加入しない場合、借入金利は通常の借入金利-0.2%となるそうです。

いかがでしたでしょうか?住宅ローン選びの有力な選択肢の一つであるフラット35。団体信用生命保険が自動的に組み込まれ、なおかつ加入しないという選択もできるということで、より契約者にとって魅力的な存在になったと言えますね。住宅ローンを検討している方は、フラット35も選択肢に加えてみてはいかがでしょうか?

ブロードマインド株式会社
執筆者:お金の専門家 平原 直樹
第一種証券外務員を保有するお金のプロ!難しいお金の話を分かりやすく解説します。

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集