(写真=danm12/Shutterstock.com)

婚活時は低年収でも「青田買い婚」で世帯年収2000万円を突破したストーリー

結婚と投資のよく似た関係

婚活中の女性は一般的に、公務員を筆頭に、安定的に収入のある男性を好む傾向にあります。

もちろんそれも一つの選択肢だとは思いますが、今回は「青田買い」をして最終的に世帯年収2000万円を突破したご夫婦の実話をお伝えしたいと思います。

ぜひ、あなたの婚活、そして人生に、どうぞお役立てください。

年収400万円の投資女子が選んだのは士業男性

由香さん(仮名)は都心部に住む30代前半の独身女性。中小企業にお勤めで、年収はギリギリ400万円といったところ。そんな事情もあって、株式投資を中心にいろいろと投資にも力を入れていました。年齢も意識してときどき婚活パーティーにも参加していました。

あるとき、運命的な出会いが訪れます。お相手は独立して間もない士業の男性、同い年の誠一さん(仮名)です。

ちなみに、のちのち聞いたところ、誠一さんとしては「まだまだ年収が不安定な自分が、まさか選んでもらえるとは思っていなかった」そうです。

婚活パーティーではよほど不人気だったのかもしれません。

「年収が不安定」反対を押し切り、結婚

当然のことながら、ご両親や周囲は交際に反対しました。皆そろって「成功するかどうかも分からない人を結婚相手に選ぶなんて……」という口調。「独立したばかりだなんて、もし失敗したら共倒れだ」という論調も目立ったそうです。

けれども、由香さんはそういった反対を押し切り、約1年後に誠一さんと結婚しました。

このときの由香さんは自身の投資熱の影響からか、安定した職業で平和そうな男性にあまり興味が興味が湧かなかったといいます。

「自分が働いている限り、食べられなくなることはない。それに彼のビジョンや人柄を見て、なんとなく成功する気がした。何より、夢に向かってガンバっている姿はやっぱりカッコいい!」

と思っていたそうです。

結婚後、40代半ばで世帯年収2000万円を突破!

実際のところ、誠一さんとの暮らしは、由香さんが想像していた以上に快適でした。

お子さんが産まれてからも、自宅兼事務所で仕事をする誠一さんが、家事や育児のほぼ全てを引き受けてくれ、由香さんはひたすら仕事や投資にまい進できたのです。

3、4年たつと誠一さんの年収は上がりだします。お子さんが小学校に通う頃には700万~800万円を稼ぐように。2人が40代半ばとなった現在、誠一さんの年収は約1500万円に。友香さんの年収も約500万円になり、世帯年収として2000万円を突破しました。

独立間もない頃、支えてくれた妻に感謝

結果的に由香さんの3倍稼ぐようになった誠一さんですが、独立間もない期間、自分を支えてくれた感謝の気持ちを忘れることはなく、今でも由香さんに尽くしてくれているそうです。

由香さんは当時の自分をこう評していました。

「彼との結婚を決めた私の目は間違ってなかった。そして、それを証明してくれて私もうれしい!ホントによくやった!」

婚活, 結婚, 投資, 年収 (写真=fizkes/Shutterstock.com)

婚活市場にいる男性の年収とは?

婚活市場に限った明確な統計はないものの、国税庁の最新の民間給与実態調査では、30代前半男性の平均給与は457万円、30代後半男性でも512万円です。

婚活中の一般的な女性は、年収300万~400万円の男性をバッサリ見切るものですが、同調査によると、500万円を超える年収の男性は全体の約41%と半数以下。600万円以上で考えると、約28%と3人に1人いるかいないか、という計算です。

さらに統計上、年齢が高いほど年収も高い傾向がありますから、30代男性に限れば、上記の比率はさらに少なくなります。その上、一般的には年収の高い男性から順に婚活市場からはいなくなりますから、「年収500万円以上の結婚適齢期の男性」の割合は、いったいどのくらいになるでしょうか。

年収の高い男性を狙う2つのリスク

もっとも、婚活市場にも年収500万、600万円を超える男性がいない訳ではありません。

ただ……冷静に2点、お考え下さい。

まず繰り返しですが、女性は年収の高い男性を狙いがちですから、逆にいえば年収の高い男性はモテます。そして、男性だって「より良い女性」と結婚したいと考えています。厳しい言い方ですが、あなたは、その「より良い女性」と思われる市場価値があるでしょうか?

また男性の中には、30代後半、または40代前半でも年収は高いのに、なぜか一向に婚活が実らない方が一部おられます。それはなぜでしょうか?答えは簡単ですね。その男性のどこかに、年収が高いという魅力を打ち消すほどの欠点があるということす。

それでもあなたは、年収の高い男性を狙い続けますか?

高年収な男性と結婚すると苦労する!?

筆者はこれまで高年収の男性と結婚して苦労したさまざまな女性を見てきました。

年収1000万円の男性と結婚したのに専業主婦にならせてもらえなかったり、一部上場企業勤めの年収600万円の夫が結婚後に豹変したり。年収800万円の夫と結婚したけれども、金銭感覚が狂って教育費が不足し、生活費削減に苦しんだ夫婦もいましたね。夫の突然の年収下落で家庭崩壊の危機を招いてしまったパターンや、年収600万円の男らしい人と結婚したら、妊娠中に浮気されて離婚しシングルマザーになったケースもありました。

もちろん、「夫の年収が低いから生活が苦しい」という声も聞きます。しかし、この声を上げる女性の多くは、女性自身が専業主婦だったりパート勤務だったりで、収入を夫に頼る前提だから起こっている事が多いです。そうでなければ、そもそも浪費家だったり、「幸せ家族計画」に無理があったりします。

少なくとも、あなたはそんなに低収入、無計画な女性ではないのではありませんか。あなたも普通に働いているなら、そこまで男性に高い年収を求めなくてもよいのではないでしょうか。

そういえば、年収300万円の男性と結婚し、周囲も羨むような幸せな家庭を築いている女性もいましたよ。

婚活, 結婚, 投資, 年収 (写真=StockLite/Shutterstock.com)

婚活時の年収が低くても、こんな男性はおすすめ

数々の成功例、そして失敗例を見聞きしてきた筆者なら、以下のような男性をおすすめします。

まず、どうしても高い年収へのこだわりが捨てられないなら、先に紹介した由香さんのように「独立直後などで、まだ日の目を浴びていない(そして成功しそうな)自営業者」はいかがでしょう。本当に成功するかどうかは未知数ですから、選択眼は必要ですが、少なくともサラリーマンに比べて「上昇の余地」は十分です。

中でも「士業関係者(弁護士・税理士・社労士・司法書士・公認会計士・行政書士・弁理士・FP技能士など)」は、一般的な自営業者に比べれば、大きく稼ぎにくい反面、リスクやコストが低いので、おすすめといえます。今どき「弁護士でも食えない」と言われている一方、ひとまず誠一さん程度の成功者なら、士業の方ならけっして珍しい存在でもありません。

また年収へのこだわりを捨てられるのなら、「穏やかで優しい男性」または「コミュニケーション力が高くて思いやりのある男性」がおすすめです。

意外と婚活中の女性は、こういった男性を「男らしくない男性」として除外しがちですが、沢山の結婚後の夫婦を見ていると、こういう男性と結婚した女性こそが幸せになっているように思います。

なお、一般的な婚活中の女性は、男性の年収にばかり目がいき、なぜか性格については「結婚したら変わってくれるはず」と思い込む傾向にあります。男性も女性も、人の性格というものは結婚しようが、子供が産まれようが滅多に変わることはありません。変わるなら、むしろ悪い方に変わります。

年収に惑わされなければ、理想と現実のギャップは埋まる

話を戻しますが、サラリーマンで年収1500万円といえば、外資系企業のトップセールスマン、あるいは大企業の部長クラスでしょうか。

成功してからでは手が届かないというのは投資も同じ。

将来が見えない駆け出しだったからこそ、誠一さんは誰にも目を付けられていなかったのですし、また、そのような状況だったからこそ、由香さんもアッサリ誠一さんを射止めることができました。

しかも「一番キツい時代を支えてくれた感謝の気持ち」は多くの場合、生涯消えません。目の前の安定を求める「貯金型」もいいですが、先々を見据えた「投資型」の婚活も、悪くないと思いませんか?

どうしても年収にこだわるなら「今後の上昇の余地」、年収をいったん除外できるなら「性格(もしくはあなたとの相性)」を求め、婚活市場における理想と現実のギャップを埋めていきましょう。

【こちらの記事もおすすめ】
婚活女性よくある3つのマネー相談
婚活女子には言えない婚活男性の「3つの本音」とは?
高年収なのにお金がない!年収800万円に安心して教育費が不足した夫婦
「自慢の旦那」は年収300万円。周囲も羨むおしどり夫婦の秘密
周囲を驚かせた「年収350万円派遣男性」との結婚

▲最新情報はTOPページから

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集