(写真=Mocha)

1000円から「有名株」が買える3つのステップ

忙しい人でもズボラな人でも、少額から気軽に株式投資するなら「One Tap BUY」

株式投資に興味はあるけど、面倒そうだし、忙しいから始めていない…。
たくさんのお金を用意しないとできなさそう…。

今回は、そんなイメージを持っている方にぜひ知ってほしい、話題のFintechサービスを紹介します。

「One Tap BUY」の3つの魅力

株式会社One Tap BUYが運営する「One Tap Buy」は、日本で初めて、証券取引に関するすべての手続きをスマートフォンで行えるようにしました。

「One Tap Buy」には「口座開設がカンタン」「1000円と少額から取引可能」「3タップで取引完了」という3つの魅力があります。

画像縮小 (写真=Mocha) One Tap BUY:https://www.onetapbuy.co.jp/

●口座開設がカンタン

スマホだけで口座開設ができます。アプリまたはウェブから申し込みフォームを記入して、マイナンバーと本人確認書類をアップロードします。

申し込みが完了したら、数日後、住所確認の書類が郵送されてきます。書類にはIDとパスワードが記載されていますので、ログインしてみましょう。

●1000円と少額から取引可能

取引単位は1000円から。個別株で投資できるのは、厳選された優良な日本企業30社とアメリカの企業30社です。 例えば、キーエンス[6861]は1株あたり5万9390円します。(2017年10月6日終値)

株の売買において単元株制度というものがあり、基本的には100株以上からしか購入できません。キーエンスに投資する場合、最低でもおよそ600万円必要ということです。

この点、One Tap BUYでは、会社が大量に保有している株を小分けにして売る、という手法をとっているため、ユーザーは1000円から株を購入することができます。キーエンスを1000円で購入した場合、約0.0168株を保有したことになります。

●3タップで取引完了

他社で株式取引をスマホで行う場合、通常は10 タップ以上の画面操作が必要です。

しかしOne Tap BUYでは、なんと3タップで株取引することが可能。

One Tap BUYというネーミングから、1回タップしただけで取引ができると思った方もいるでしょうが 、実は3タップです。ただ、従来の操作よりカンタンなのは間違いありません。

1タップ目:銘柄を選んでタップ 2タップ目:「買う or 売る」をタップ 3タップ目:「確認」をタップ

画像縮小 (写真=Mocha)

OneTapBUYにより厳選された有名企業から、好きな銘柄をタップ

画像縮小 (写真=Mocha)

銘柄をクリックすると、現在の株価が表示されます。いくら売買するか決める

One Tap BUYで選べる日本の30企業を紹介

One Tap BUYで購入出来る、日本の企業を紹介します。

積⽔ハウス(1928)、明治ホールディングス(2269)、キリンホールディングス(2503)、 セブン&アイ・ホールディングス(3382)、花王(4452)、武⽥薬品⼯業(4502)、オリエンタルランド(4661)、ヤフー(4689)、楽天(4755)、資⽣堂(4911)、ブリヂストン(5108)、TOTO(5332)、リクルートホールディングス(6098)、パナソニック(6752)、ソニー(6758)、キーエンス(6861)、ファナック(6954)、 村⽥製作所(6981)、⽇産⾃動⾞(7201)、トヨタ⾃動⾞(7203)、本⽥技研⼯業(7267)、良品計画(7453)、キヤノン(7751)、任天堂(7974)、ユニ・チャーム(8113)、みずほフィナンシャルグループ(8411)、ヤマトホールディングス(9064)、セコム(9735)、ニトリホールディングス(9843)、ファーストリテイリング(9983) 。

気になった企業はありましたか?

ちなみに、筆者は、セコム(株)とヤフー(株)を購入しており、1ヶ月前に3983円投資して、現在の含み益が138円になっています。筆者の投資額は少なすぎるのですが、仮に10万円投資していたとすると3465円の利益が出ていることになります。 時期や銘柄にもよりますが、カンタンに投資できてこれだけ増えていたらとっても嬉しいですよね。

画像縮小 (写真=Mocha)

株式投資に興味はあるけど、面倒そうだし、忙しいから始めていない方は、One Tap BUYを活用して、投資家デビューしてみませんか?

和田 歩波
某フィンテック企業社員
1994年生まれの大学4年生。六本木のブロックチェーンシェアハウス在住。大学3年時に証券会社より複数内定をもらうも辞退して休学。「幸せなお金について考えるチャンスがある社会」を目標に掲げ、個人活動をしている。現在、某フィンテック企業の社員として日々奮闘中。

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集