(写真=筆者撮影)

VALUは衰退していない!私たちが思うこれからのトレンド

「VALU女子」座談会・後編

仮想通貨「ビットコイン」使って、自分の価値をトレードする新サービス「VALU(バリュー)」。

働く女性のための投資メディアDAILY ANDSでは、そんな気になるサービス「VALU」を活用している女性3人を集めて座談会を開催中です。

最終回となる今回は、人気YouTuberらによる「炎上騒動」後のVALUのトレンドや、VALUはこれからどうなっていくのか?皆さんのご意見を伺ってみました。

参加者のみなさん

・りりしぇんさん…写真右。本業はアパレル企業に勤めるOL。VALUの優待はコーディネートのアドバイスや食事改善アドバイス。@ulicoooon1
・ともともさん…写真左。フリーのデザイナー。VALUの優待はフォトディレクションアドバイス。@vitamincolor39
・やみさん…写真右から2番目。現役の大学生。グラフィックデザイナー、翻訳家としても活動中。VALUの優待は短文の翻訳。@yamisalmon4
・くすいともこ…写真左から2番目。DAILY ANDS編集長。VALUには登録していない。聞き手。

※@以下はTwitterアカウント
※以下、敬称略

最近のVALUのトレンド

くすい:最近のVALUのトレンドってどんな感じですか?

やみ:VALUで出会った人同士で何かやるっていうのを結構やってたりしますよね。ものを作ったり、展覧会みたいのやったり。

りりしぇん:たしかに一人では会場借りられなくても、何人かだったらその場所借りられたりしますよね。

やみ:会場もVALUやっている方の会場を借りたりとか、全部VALUにからめて行っているみたいですよ。

くすい:面白いですね。

ともとも: VALUで出会った方と3人でコラボしてる人がいますよね。クラウドファンディングを使って世界に通用するようなものを生み出そうと企画しているようで。

りりしぇん:VALU好きな人ってフットワークが軽いですよね。私が知っているアパレルの社長さんで、VALU限定のTシャツとか、パーカーとか作っている人もいますよ。自分のところのブランドのマークとVALUをコラボして作って、それをVALUの活動をしている人が着て、宣伝にもなるっていう。

くすい:おお〜。みなさん結構色々やっているんですね!

imageTitle (写真=筆者撮影)

VALUを活性化させようとする人々

ともとも:VALUの動きを活性化しようとしている人もいますよね。

やみ:そうそう。「ゼロVA優待」っていう、VAを保有していない人にも特典をあげる優待をやっている人がいたりします。例えば、業務用の風船を22種類ぐらい出していて、それを送料だけであげますとか。

ともとも:結構有名なところだったら、ドラマの原作とかを書いている秦建日子さんという方もVALUのサービスを盛り上げようと熱心に活動されていますよ。「ゼロVA優待」で原作本を100人の方に送るというのをやっていたり。

りりしぇん:おお〜すごい!

ともとも:有名な方ですけど、すごく気さくにみなさんと接していて、盛り上がってますよ。

imageTitle (写真=筆者撮影)

VALUは衰退していない!

りりしぇん:VALUはもう終わりだ、とか、衰退な一途みたいな記事がいろんなところで出てますけど、そんなことはないと思うんですよね。活動をPRしたい人が集まってくるし、クラウドファンディングより長い目で繋がっていられるし。利益目的じゃない、ちゃんとしたつながりもできる場所になると思います。

やみ:売買は減ったと思いますけど、実際今も動きはたくさんあるし、私も衰退っていうのは思わないです。

ともとも:むしろふるいにかけた感があると思うんですよ。今残っている人たちっていうのは割と本当につながりを大事にする人、動ける人って感じですかね。

りりしぇん:前は値上がりを期待している投資家の方も多くて、ギラギラ感っていうか(笑)。今そういう方たちがいなくなって、素直に応援したいって思っているクリーンな人たちが残っている印象があります。

VALUに向いている人ってどんな人?

くすい:VALUはどういう人におすすめしたいですか?

ともとも:アーティスト、デザイナーなど「ものづくり」をしている人はVALUやりやすいと思います。「出せる価値」が明確なので。

りりしぇん:フリーで活動やっているシンガーソングライターさんとかいいなと思いますね。何VAかで自分のちっちゃいライブとかに招待しますとか。

やみ:あとはマメな方は向いていますよね。

imageTitle (写真=筆者撮影)

新サービスゆえの利便性の悪さ。デメリットはある?

くすい:VALUのデメリットは何かありますか?

りりしぇん:他のSNSと必ず連携させないとダメなので、Facebookと連携すると、VALUは偽名でもそこから実名がバレるってことですかね。それで問題になったことは今のところないんですけど。

ともとも:デメリットはそんなに感じたことはないですね。変な人もあんまりいないんじゃないかな、と。Facebookみたいに変な友達申請みたいなのもないし。

やみ:デメリットとは違うと思うんですけど、VALUにダイレクトメッセージ機能がないのが不便です。

りりしぇん:そうそう!FacebookのメッセージかTwitterのDMを利用しています。私はVALU用にヤフーメールのアドレスも作りました。

くすい:SNSなのにDM機能がないんですねー!そのほかに使いづらさは感じますか?

ともとも:コメントがどこについたか分かりづらいですね。コメントがついてすぐのものは分かるんですけど、時間経ったものは後から探すのが大変なんです。

りりしぇん:「コメントつきました」っていうアラートは来るんですけど、どこに何をコメントされたのかが分からない。

ともとも:あれ結構ストレスですよね(笑)。

くすい:その辺の利便性が上がればユーザーも増えるかもしれないですね!

imageTitle (写真=筆者撮影)

今後、VALUはどのようなサービスになっていく?

くすい:今後、VALUはどんなサービスになっていくと思いますか?

ともとも:すぐに大きく動くっていうのはないのかな。でも、これから興味を持って入ってくる人はいると思うんですよね。そこにすごく儲けるっていう部分があるとなかなかうまくいきにくいと思うので、人のつながりから徐々に広がればいいかなと。

りりしぇん:日本人は、性格的に新しいものに対して疑り深いので、下手したら1〜2年は落ち着いちゃうかもしれないですね。

やみ:怪しさという壁が消えたら、Twitterくらい浸透して、当たり前なサービスになっていくのかな?

りりしぇん:金額がついているってのがあれですよね。例えば、若者にまで浸透していって「お前いくらのくせに」みたいに、若い子が揉めないかなと。(笑)

くすい:彼氏選ぶ基準が年収じゃなくて、VAで見るとかありそうですね。(笑)

ともとも:逆に年収よりごまかし効かないですよ。

くすい:それは怖いですね。(笑)

VALUはウェブ上のご近所づきあい

くすい:それでは、最後に一言ずつお願いします。

やみ:こうして座談会に参加できるのもVALUやってなかったらないことなので、これからもVALUならではのつながりを大切にしていきたいです。貴重なサービスだと思います。

ともとも:私もVALUをきっかけに出会った人から教えてもらったことも多かったので、今後も自分の活動の報告もしていくし、色んな方との出会いもあったらなと思っています。長い目で見ながら使っていきたいです。

りりしぇん:自分がVALUをやっていれば憧れの人に会えるかもしれないというのはすごく魅力です。VALUは、お隣さんと交流がないっていうこの時代にあったサービスだと思います。Web上のご近所付き合いができて、自分がしたいことの応援をしてもらったり、応援したり。そういうのがもっと当たり前になったらいいですね。

くすい:ありがとうございました!

(「VALU女子」座談会、おわり)

▲最新記事はTOPページから

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集