(写真=筆者撮影)

VALU炎上騒動に思うこと。「ユーザー層がふるいにかけられた」

「VALU女子」座談会・中編

仮想通貨「ビットコイン」使って、自分の価値をトレードする新サービス「VALU(バリュー)」。

働く女性のための投資メディアDAILY ANDSでは、そんな気になるサービス「VALU」を活用している女性3人を集めて座談会を開催中です。

前回は、VALUを始めたきっかけや、VALUの特徴のひとつ「優待」について伺いました。

今回は、他のWebサービスとVALUはどう違うのか?そして大きくニュースにもなった「炎上騒動」ついての皆さんのお考えをお聞きします!

参加者のみなさん

・りりしぇんさん…写真右。本業はアパレル企業に勤めるOL。VALUの優待はコーディネートのアドバイスや食事改善アドバイス。@ulicoooon1
・ともともさん…写真左。フリーのデザイナー。VALUの優待はフォトディレクションアドバイス。@vitamincolor39
・やみさん…写真右から2番目。現役の大学生。グラフィックデザイナー、翻訳家としても活動中。VALUの優待は短文の翻訳。@yamisalmon4
・くすいともこ…写真左から2番目。DAILY ANDS編集長。VALUには登録していない。聞き手。

※@以下はTwitterアカウント
※以下、敬称略

VALUと他のSNSとの違い

くすい:あらためてお聞きしますが、VALUと他のSNSとの違いって何でしょうか?

やみ:まずはお金が絡んでくるってところですよね。例えば、SNSの「いいね!」って気軽に押せちゃいますけど、その人にお金を出すかどうかって高い壁になると思うんです。

りりしぇん:だからこそ、しっかりVALUERさん(バリュアー、自分のVALUを買ってくれた人のこと。株主のようなもの)と向き合わないといけない。Twitterだと気軽にテキトーなツイートもできますし、ずっと更新しないこともできますが、VALUだと投稿頻度や内容に気を遣います。

やみ:わかります。私、VALUでは趣味のことよりも仕事面をアピールしています。例えば、自分がデザインした作品を載せたり、こういった人とお仕事してきましたとか、就活の状況など。

ともとも:私も仕事関連か、Smile Linksの活動を報告したりですね。VALUの中では、「日々ちゃんとやっています」っていうのが伝わることがすごく大事だと思っていて、小さな活動でも報告をすることが大切だと思います。

りりしぇん:「業務」みたいなところありますよね。VALUERさんに対する「報連相」みたいな。例えばちょっとしたことなんですけど、VAの売りが入った時に、ああ、VAって売られるんだ〜ってVALUERさんに相談したんですよ。そしたら、「こういうことをしていったらもっといいよ」と熱心にアドバイスをくださる方がいました。VALUERさんとの絆というか、応援してくれてる方がいるのはすごく嬉しいです。

imageTitle (写真=筆者撮影)

VALUユーザーとTwitterユーザーの違い

やみ:ユーザー属性も、他のSNSとは違う感じがします。みんな秀でたことを持っていて、本当にいろんな人と繋がれるというか。

くすい:VALUならではの出会いってあったりするんですか?

りりしぇん:「VALU総会」っていうのに参加したことがあります。オフ会と株主総会の中間みたいなやつですね。元々Twitterでフォローしていた投資家さんがVALUもやっていて、VALUで総会しますって告知されていて、3VA以上持っていれば参加できたので、会えるんだったら行ってみようと思って、参加したんですよ。

くすい:そのVALU総会の参加者は何名ぐらいいらっしゃったんですか?

りりしぇん:8名ぐらいでした。そのオフ会の参加者に、Twitterのフォロワーが3万以上もある投資家さんも来ていたんですよ。私その人をTwitterでずっと見ていたのですごくびっくりして。他にも、税理士さん、証券ディーラーの方、個人でマッサージの事務所をされている経営者さんなど、普段知り合うことのできない方と会えたのですごい良かったです。

くすい:ご自身のVALU総会は?

りりしぇん:自分ではまだやってないですね。でも、今度VALU女子会をやろうと計画しています。

imageTitle (写真=筆者撮影)

優待で野菜をたくさんもらった!

くすい:VALUって優待が有りますよね?そのへんはどうなんでしょうか。

りりしぇん:優待でお米とか、農家の方で余っているものを配っている方とかもいますよね。

やみ:魚とか野菜を配っている人もいますよね。

りりしぇん:ふるさと納税の「身近版」みたいな(笑)。しかも誰が作っているかわかります。

くすい:「ご近所さんに分ける」みたいな感覚でしょうか?

ともとも:まさにそんな感じですね。私、ある農家さんのVALUを買っていたんですが、優待を使ってみたら9種類の野菜がたくさん入っていました。最近、「薄く、広く」というつながりのツールが増えている中で、VALUはすごくつながりが「濃い」なと思いました。そこが新鮮だった部分もあります。

優待って実際使われるの?

くすい:皆さん、ご自身の優待が使われたことはありますか?

やみ:VA数に応じて翻訳をやってあげます、というのを出していました。実際TwitterのDMからこれをやって欲しいって感じで依頼が来ましたね。

くすい:その時はどんな依頼だったんですか?

やみ:英語の教科書っぽい日常会話の翻訳でした。あとは、アニメ系のイベントにブースを出している方から、自分の作品のコンセプトを英語に変えてほしいという依頼もありましたね。普段の仕事だと、契約書とか堅苦しい難しい文章ばかり扱っているので、そういう楽しい依頼が来るとやる気も出ます。

くすい:面白いですね。使う人も、わざわざ業者さんに頼めないちょっとした翻訳を気軽に頼めたりするからいいですよね。ともともさんはどうですか?

ともとも:私が出している優待は、例えば、販促物とかに使う写真で、どれを使ったら見てもらいやすいのかとか、売れやすくなるかというアドバイスをするというもの。あとは組写真を作ってあげる優待とかですね。名刺のデザインを出したこともあります。たら、優待利用はまだないんですよ。どちらかというと、自分のことを応援してくれる人たちが、それぞれのんびり見てくれているっていう感じです。

りりしぇん:私もスタイリングで1件ありましたが、ともともさんに近くて、意外と優待使う人は少ないですね。あと、優待じゃなくて、VA持っている方限定のお知らせとかがいいんじゃないかなと思いますね。例えばVALUERさん限定記事で、私が働いているところの取引先のシークレットセールの招待状を案内したり。VALUERさんにだけお知らせしたほうが、価値が出てくるかなって思って。

くすい:なるほど!確かにそれはいいですね。実は優待って、あまり関係ないんですかね?

ともとも:利用する人はそんなにいない印象です。バリバリやっている方だともしかしたらやっているかもしれませんが、私自身はそこまで出ないし、私の周りもそんな感じです。

imageTitle (写真=筆者撮影)

私たちがVALU炎上騒動に思うこと

くすい:かなり話題になった炎上騒動について聞きたいんですが、あの騒動についてはみなさんどういう受け止め方なんですか?

りりしぇん:「いつか、絶対起こるだろうな」って思っていました。例えば、自分の価格を上げていきたいなら知り合いに頼んで買ってもらうこともできるわけじゃないですか。簡単に言ったら「インサイダー取引」ですよね。そういうことができてしまう仕組みなので。

くすい:なるほど。みなさんはヒカルさんのVAは買ってはなかったですか?

りりしぇん:買ってなかったですね。

ともとも:自分が応援しなくても、もう十分応援されてるから、と思って。(笑)

やみ:私も買ってないです。

imageTitle (写真=筆者撮影)

VALU炎上騒動、その後の影響

くすい:なるほど。みなさん、直接損害はなかったと思うんですけど、騒動による影響は何かありましたか?

りりしぇん:時価総額はすごく下がりました。1VAが2500〜2800円だったんですけど、一気に下がって、今は700円です。

やみ:私は、その時から売れなくなりましたね。

ともとも:私は以前からあまり売れたことがないので、そのままビットコインの相場通りに変動しているって感じですね。

くすい: VALU内の雰囲気などは、騒動の後、どうですか?

りりしぇん:ユーザーは増えているんじゃないかな?話題になったので。でも、売買は減っている気がします。

ともとも:ある意味、騒動によってユーザーが「ふるいにかけられた感」がありますよね。

くすい:「ふるいにかけられた」ってどういうことでしょう?教えてください!(後編<最終回>に続く)

▲最新記事はTOPページから

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集