(写真=ノーロード投資信託徹底ガイド)

非課税NISA口座が課税される!危ない盲点,カテゴリ

NISA口座なのに、分配金に課税されて激怒

うちの妻、当サイトの姉妹サイトであるETFの森の中の、管理人妻の投資しているもののページを見て頂くと分かる通り、現在はETF(上場投資信託)を使って配当金(分配金)狙いの投資をしています。(3月末時点の運用成績を掲載してますが、現在はマイ転しています)

で、つい先日、投資をしているNISA口座をめぐってかなり笑える出来事がありました。私は大笑いしましたが当の本人は激怒していて、余計に面白かったです。

しかし、世の中には同じ目に合っている人は多数おられると思いますので、妻が激怒した内容を記しておきましょう。

(2016年7月4日追加)

NISA口座なのに、株(今回はETF)の分配金が、税金で引かれている

最初に異変に気が付いたのは、僕です。妻が「分配金が出るようになった。少ないなあ。」とボヤイテいたので、計算書を見せてもらったのです。

「まあ分配金利回りがだいたい3%を超えるあたりで買っているので、こんなもんでしょう。投資金額が大きくて投資利回りが10%を超えるような不動産投資とは違うんだ。」などと説明しておきましたが、数日後に計算書を見て、「ん??なんで税金が引かれてるんだ?」と。

気が付いた時点で、確か1月末か2月くらいだったと思います。僕は細かい人間ではありませんがアバウトなわけでもないので、「NISA口座なのに分配金に課税されるのは変だな」と直感しましたが、この口座は妻のお金という事もあり、いったんすっかり忘れました・笑。

NISA口座,課税,非課税,分配金 (写真=ノーロード投資信託徹底ガイド

で、思い出したのが再度計算書を見せてもらった3月。ETFの森に運用成績を載せた時です。この時妻に向かって「NISA口座なのに分配金に課税されているのは何かミスがあるので、SBI証券に問い合わせしておくと良いよ」と言いました。

が、妻は聞いているのか聞いていないのか、パソコンを見ながらトレードしている最中だったので、特に反応はしませんでした。

うちの妻、お金にがめついんですよ。とにかく余計なお金を支払うなどというのは我慢ならないはずで、すぐに何か行動すると思ったんですけどね、・・・そこからさらに3か月たって、6月になってまたもや分配金に課税されている状況が発覚したわけです。

みるみるうちに機嫌が悪くなってゆく妻

またも届いている分配金の計算書を見て妻に一言。「3か月前に、これおかしいでしょと言ったよね。まだ何も確認していなかったのか?」と。

「NISAってのは国が無税にしてやるというからこの口座で投資をしているのに、20%も引かれていたら話が違う。この分はお前のお金がどぶに捨てられているに等しいぞ」と。

今回は、妻の反応がまるで違いました。「あなた、そんな大事な事を何で今まで黙っていたのよ?」と。

僕:「何言ってんだ、3か月前に言っただろ、これは変だぞって。」
妻:「いや、私がこんな大事な事を聞いていない訳がない。」
僕:「僕が言った時、お前トレードしていたから、右から入って左に抜けてたんだろ。」
妻:「仮にそうだったとしても、どうして何度も言わなかったのさ。」
僕:「いやいや、お前がこんな話をまさか聞き漏らすとは思わなかったし。」
妻:「いや、あなたやっぱり言ってない。言ったつもりになってる。ボケはじめた。」
僕:「なに妙な事言ってるんだ!聞いたことを忘れるお前が痴呆化してるよ。」

と、NISA口座のせいで、とんだ夫婦の会話が繰り広げられたのです。だいたい自分のNISA口座なのに、「あんたが全部管理すればいいっしょ」とか言い放ってましたw

しかし、まあこれで終わりにする妻ではありません。一通り私に文句を言ってから、速攻でSBI証券のカスタマーセンターに電話をし始めました。決めた後の行動は異様に早いんですよね、妻って。

で、SBI証券から説明を受けて、激怒する妻

この項では、SBI証券から説明を受けた事を記しましょう。

お客様はNISAを開設された時に、説明書きに書かれている配当金の受け取り方法を、郵便受け取りか証券口座比例配分方式のいずれを選択されたでしょうか? 郵便受け取りになさると、分配金から税金が引かれてしまいます。受け取り方法の設定は、ログイン後のマイページより変更することができます。郵便での受け取りになさいますと、信託銀行のほうでNISAかどうかの判断が付きませんでこのような事になってしまいます。配当金の受け取りを証券口座に変更されますと、SBI証券の現金残高の部分に入金されます。

この説明を受けた後、SBI証券オペレーターに向かって妻が放った言葉が本当に笑えました。

「返してください!私の税金を、返してください!!」

SBI証券のオペレーターも、「ああ、またこういう分かってない客からの電話だ」と思いながらも、淡々と説明したんでしょうね・笑。ご苦労様としか言えませんね。

電話を切った後、妻の怒りはまたも私に・・・。

「だいたい何よ、NISA口座開くときに、郵便受け取りにすると税金が引かれますなんて、私全然見てないですから!! もしもそう書いてあったとしても、お金にうるさい私が気が付かないくらいだから、世の中のおじいちゃんやおばあちゃんは全員税金支払ってるわよ。こんな事が許されていいのかい???税金泥棒でしょ!!」

NISA口座,課税,非課税,分配金 (写真=ノーロード投資信託徹底ガイド

えーと、僕からすると、どうしてわざわざ郵便局に出向いて分配金を受け取るという昔ながらの方法を選択したのか、全く意味が分かりません・笑。てっきりそうやって現ナマを受け取りながらニヤニヤしたいだけなのかと思ってましたよ。

妻の怒りも分かりますけどね。NISA口座開設ページの注意書きに、小さい文字でちょろっと書いているだけですしね。かなり多くの人がこれを見逃して、税金を支払っているかもしれませんね。特に年配の人は。・・・妻も爺さん婆さんの仲間じゃねえか。。。

まあでも、向こう5年間にわたって税金を支払う羽目にならず、半年で気が付いてよかったじゃないですかと、僕は妙にポジティブなんですけどね。(妻は自分のお金で「実害」に合っているので、今でも癪に障るようです・笑)

結論・NISA口座で配当金や分配金を受け取る時は、必ず証券口座入金に

さて結論はもうお分かりの通り。

NISA口座で分配金を無税で受け取るには、絶対必ず、「証券口座に入金」にする事。じゃないと未来永劫20%強を課税されます。「銀行口座に入金」とした場合も税金を取られますから、要注意です。

もちろんこれをお読みのあなたは、こんなアホな間違いはしていないと思いますが、もしかしたらあなたの親が、あるいはあなたの子供が、分配金に課税されているかもしれません。

NISA口座はとにかく税金が引かれていては、100%意味がありません。すぐに分配金に対して課税がなされていないか、念のためにチェックしてみる事をおススメします。

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集