(写真=Mocha)

銀行が「絶対」に教えないカードローン問題

他のローンよりも簡単、便利と感じてしまう理由

最近、「過剰に個人へお金を貸し付けている」と話題となっているカードローン。昔から、ずっとあるものなのにどうして問題になっているのかと思っている方もいると思います。

もちろん、使い方に気を付ければ便利な部分もありますが、気をつけなくてはどんどん悪循環となっていくのがカードローンです。

問題となっていても、使っている方は多くいます。それは、他のローンよりも簡単、便利と感じてしまうからです。簡単、便利に感じる理由としては主に4つあります。

カードローン利用者が多い理由(1)

審査基準が緩い

他のローンでは、年収を証明出来る源泉徴収票などが必要となりますが、カードローンの申し込み時に必要なものは身分証、印鑑のみで、収入の確認は基本的に行いません。ただし、申し込み金額が200万円程度の高額となると収入確認がある場合があります。

また、勤務先への在籍確認等もないので、気軽に審査を受ける事ができます。銀行としても、カードローンは稼げるものなので「気軽さ」を押し出しているので注意が必要です。

カードローン利用者が多い理由(2)

学生、主婦、パートでも利用できる

銀行により基準が異なりますが、30万円程度であれば、学生のアルバイトや、パートの方でも利用する事ができます。また、結婚している方であれば本人に収入が無くても、配偶者に収入があれば利用する事が出来ます。

ただし、借りたら必ず毎月返済があります。収入が無いのに返済が出来るかよく考えなくてはいけません。

カードローン利用者が多い理由(3)

即日融資ができる

最近は、銀行の窓口に行かなくても、インターネットで審査依頼をし、手持ちのキャッシュカードにその日のうちにカードローンの機能が付き、ATMで申し込んだその日のうちに借り入れする事も出来ます。 何かあった時、とても便利な機能ではありますが、気軽に使いすぎてしまうので気をつけなくてはいけません。

カードローン利用者が多い理由(4)

ATMで簡単にお金が借りられる

一度カードローンの審査に通れば、その枠内でいつでも簡単にATMでお金を借り入れる事が出来ます。人に接さず、自分の口座からお金を出すように借り入れが出来てしまうので、「借金」という感覚が少なくなってしまいます。

カードローンが問題となっている理由

貸金業法では、借り手の年収の3分の1までが貸し出しの上限となっていますが、この決まりの中で、銀行から借りる個人向けの無担保ローンは対象外となっています。

このため、銀行以外の場所でお金を借りている人が借り入れ額が限界になった時、既に借金があるにも関わらず、さらに銀行の審査が緩いカードローンを利用してしまい、借金が増え、返せなくなっていく人が多くなっている事が問題となっています。

最近では審査基準を厳しくしたり、きちんと年収を確認したりするようにしようという動きが出ています。

カードローンは使わずに、収入の中でやりくりを

簡単、便利なものには必ず裏があります。住宅ローンの金利は、変動金利だと0.6%程度でも利用できる時代なのに、カードローンの金利は14%程度ととても高くなっています。

また、一人で簡単に申し込み出来てしまいますが、申し込みをする前に必ず誰かに相談しましょう。きっと、冷静に考えている人は金利等を考え、借り入れすることを止めると思います。

普段の生活でお金に不安を感じても、カードローンは申し込まないようにしましょう。

田中 麻依
ファイナンシャルプランナー
学習院大学経済学部卒業後、銀行にて住宅ローンや無担保ローン等、個人のローン取次業務に5年間従事。現在は、別会社にて勤務しながら、これまでの経験・知識を活かし、個人として活動中。FP技能士2級、日商簿記2級、証券外務員1種。趣味は、フルート、セルフネイル、旅行。

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集