(写真=Sodan)

ガン保険「一時金」が大事って知ってましたか?

ガン治療の際に役立つ“ガン保険の一時金”ってどんなもの?

日本人の国民病ともいえる「ガン」。ガン治療には、費用と日数がかかることをご存知でしょうか?そこで今回は、ガン治療の際に役立つ“ガン保険の一時金”についてのコラムです。「医療保険に加入しているから心配ないわ!」という方も、ぜひご覧になってみてくださいね。

ガンの治療費は通常の医療保険でカバーできるもの?

ガン治療,ガン保険,一時金 (写真=Sodan)

ガン治療には、費用と日数がかかるといわれています。では、もしもガンに罹患してしまった場合、通常の医療保険で治療費をカバーすることはできるのでしょうか?

答えは、どんな治療を受けることになるのか?で異なります。一般的に、ガンの代表的な治療方法は3つあるといわれています。 1つめは、「手術」です。外科的に病巣を取ってしまうということですね。この場合、数週間程度は病院に入院することになります。

2つめは、「放射線治療」です。ガン細胞に放射線を当てることで、ガン細胞を消滅させたり小さくさせたりする治療のことです。この場合は、入院云々というよりは外来で治療することが一般的です。

3つめは、「抗がん剤治療」です。いわゆる、投薬治療ですね。身体の一部分が対象になる手術や放射線治療と比較すると、広い範囲に効果が期待できます。抗がん剤治療の場合、初めの1クールだけ入院し2クール目以降は外来で治療したり、最初から外来治療というケースもあります。

上記のことから、手術以外の治療方法になった場合、入院せずに外来で治療することが多くなるということがわかりますね。一般的に、医療保険は入院と手術が保障対象となりますので、ガン治療の場合は注意が必要です。抗がん剤や放射線治療の場合は、医療保険から全く給付が受けられないなんて恐れも……。

そう考えると、日本人の2人に1人はガンに罹患すると言われている時代ですので、医療保険とは別にガン保険に加入しておくほうが安心ですね!

ガン保険を選ぶ際のポイントは2つ!

ガン治療,ガン保険,一時金 (写真=Sodan)

それでは、ガン保険への加入を検討する場合、どのような点に注目すれば良いのでしょうか?

1つめは、ガンと診断された場合に一時金(診断給付金ともいいます)が出るタイプの保険を選ぶということです。たとえば、通常の医療保険は、入院日数や手術内容などが記載された診断書をもとに、保険会社に請求することになります。そのため、実際に給付金を受け取るのは退院後になります。しかし、当然ながら退院時には治療費を支払う必要があるので、医療保険に加入していても、一時的にご自身で治療費を立て替えることになるというわけです。そのため、医療保険だけだと、貯蓄があまりない方はお金の面においても不安が残りますよね。

さて、一時金が給付されるタイプのガン保険の場合はどうでしょうか?

当たり前ですが、病巣が発見されガンと診断された後に、入院を含めた治療が行われます。そのため、ガンと診断されたタイミングで一時金を受け取ることができれば、退院時の支払いにあてることができるので、安心して治療に望むことができますよね。

2つめは、外来の治療に対しても保障してくれる商品を選ぶということです。前述のとおり、ガン治療は入院よりも外来がメインになってきています。よって、医療保険のように入院・手術だけが対象のものを選んでしまうと、結局のところ給付対象外となってしまいますよね。そのため、ガン保険に加入する際は、外来も保障してくれる商品を選ぶと良いでしょう。

いかがでしたでしょうか?ガン保険の重要性および、選ぶ際のポイントについてご理解いただけましたか?Sodanでは、ガン保険を含め、各種保険に詳しいファイナンシャルプランナー(FP)に無料で相談できるサービスをご用意しております。ご興味ある方は、下記よりぜひ利用してみてくださいね!

ブロードマインド株式会社
執筆者:お金の専門家 平原 直樹
第一種証券外務員を保有するお金のプロ!難しいお金の話を分かりやすく解説します。

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集