(写真=5 second Studio/Shutterstock.com)

ワイン投資って知ってますか?その歴史から取引方法まで

数十年の熟成を待って価値が跳ね上がるワインを探す

日本におけるワインの流通量は、ここ数十年で飛躍的に伸びています。デパートやレストランだけでなく、居酒屋にも置かれるようになってきましたし、ワインコーナーにかなりの面積を割いているスーパーも増えてきました。

これらは、普段飲みのお酒としてワインを選ぶ人が増えてきたことの表れですが、それだけでなく、「ワイン愛好家」と呼ばれるほどワイン通の人々も、年々増えているといいます。

ワインが他のお酒とは違う存在とされるのは、その長い歴史と、多種多様な種類が世界中で作られているという背景が理由の一つでしょう。ワインの奥深い世界に深くハマりあまり、熱狂的なコレクターになったという人も、世界中に大勢存在します。

そんなワインだからこそ、実は投資の世界でも大変魅力的な資産になっていることをご存じでしょうか? 今回は「ワイン投資」について詳しく解説していきます。

ワインに投資するとは?

「ワイン投資」とは、比較的若いワインを投資用として購入し、熟成させて価値を高めてから売却して利益を得るという投資方法です。

ワインにはそれぞれ飲み頃があります。特に高級ワインと呼ばれるものは、長期熟成させることでより味わい深くなり、価値が上がると言われています。さらに、ワインは1年の製造量が限られており、通常、高級ワインには収穫した年号(ヴィンテージ)が付けられます。

ワインは嗜好品ですから、古いヴィンテージであるほど年々消費され、絶対量は少なくなっていきます。これが希少価値を生み、価格をさらに押し上げるわけです。

ワイン投資のメリット

ワイン投資には次のような4つのメリットがあります。

メリット1.「実物資産」であること

ワインは、そのもの自体に価値がある「実物資産」です。株式投資のように、会社が倒産したら株券の価値がゼロになってしまうということがありません。

それも、高級ワインの価値は過去25年で年平均15%の上昇が見られるなど、非常に注目度の高い資産なのです。つまり、ワイン投資は価値が下がるリスクが低く、長期的な価値の上昇の見込みが高いといっていいでしょう。

メリット2.インフレに強い

「インフレ」とはお金の価値が下がること。お金の価値が下がれば、相対的にモノの価値は上がります。実物資産がインフレに強いと言われる理由ですね。

簡単に言うと、通常1万円で買えるワインが突然1万5000円に値上がりしたとします。これが「インフレが起きている状況」で、このワインの価値はインフレによって5000円上がったということになります。

ワイン投資はインフレ対策にもつながりますので、ハイパーインフレが起こっている新興国の富豪などからも非常に人気があります。

メリット3.分散投資の選択肢の一つとして有力

資産形成するうえで、分散投資はリスク低減の重要な要素です。実物資産であるワインは、分散投資の選択肢の一つとしても有力だと言われています。

メリット4.運用の手間がかからない

ワイン投資は、現物を購入して保管場所を確保できたら、あとは価値が上がるのを待つだけ。投資のやり方としては非常にシンプルです。金融の専門知識が必要というわけでもなく、運用の手間がかからないのは魅力ですね。

ワインの価値を左右する3つの要因

それでは、実物資産であるワインの価値は何によって決められるのでしょうか。大きく言うと、

  1. ヴィンテージ(生産年)
  2. 生産者・ブランド
  3. 保存状態

この3つが価値を左右します。

【ヴィンテージ(生産年)】

ワインの原料であるぶどうの収穫は1年に一度。生産量や味は、その年の天候などによって大きく左右されます。

いわゆる「当たり年」と呼ばれるヴィンテージのワインは長期熟成にも向いているため、投資向きのワインとなります。

なお、当たり年は地域によって異なるため、地域ごとのヴィンテージのランクをまとめた情報も公開されています。

【生産者・ブランド】

ワイン愛好家に人気のある生産者や、ボルドーの1級ワインなどの格付けものは、特に価値が高くなる傾向にあります。

【保存状態】

ワインは非常にデリケートです。振動と光が遮断でき、においの影響がなく、適切な温度と湿度で管理することが求められます。保管状態が悪ければ味に影響が出ますし、保管温度が高過ぎると膨張し、吹きこぼれが起こってしまいます。

このような保管上の失敗は大幅に価値を下げる要因となるため、細心の注意を払わなければなりません。投資目的であれば、自宅のワインセラーで保管するのは避け、業者による専用の倉庫や地下セラーなどを使用しましょう。

ワイン投資って知ってますか? (写真=FreeProd33/Shutterstock.com)

ワイン投資の歴史

ヨーロッパの人々の暮らしに、ワインは昔から欠かせないものでした。飲酒用としてはもちろんですが、貴族や富豪を中心に、古くから投資の対象でもありました。

フランスでは銀行融資の担保として扱われたり、年金運用や相続税対策に活用されるなど、ワインはさまざまなシーンで活躍しています。ヨーロッパの国々にとってワインはれっきとした資産の一つなのです。

1990年代ごろからは、アメリカや中国、日本などでも、投資目的でワインを利用する動きが活発化しています。

ワイン投資で取り引きされるワインの例

一般に投資用ワインとして取り引きされているのは、フランスのボルドーやブルゴーニュ、シャンパーニュなどの銘柄です。最近では、ドイツの貴腐ワインやアメリカ、カリフォルニア産の高級ワインも注目されています。

特に、5大シャトーと呼ばれるボルドーの1級ワインや、有名生産者が製造するワインはブランド価値が非常に高く、投資用としても人気があります。

日本でも人気の高額ワインを2つ紹介しましょう。

高級ワインの代名詞「ロマネ・コンティ」

日本でも非常に有名な「ロマネ・コンティ」も、高値で取り引きされる高級ワインの代表格です。

2017年現在は、名実ともに高額ワイン世界一。2016年から2年続けて、世界で最も高額なワインとしてランキングされています。平均取引価格は約165万円とか。

2011年には、スイスの高級ワインオークションで1945年もののロマネ・コンティが約1000万円で落札されたというニュースもありました。そこまでいくと、1滴いくらになることか……。恐ろしくて、飲むにも飲めませんね。

神の手を持つ醸造家・ジャイエ氏のワイン

「ブルゴーニュの神様」とまで呼ばれた醸造家、アンリ・ジャイエ氏が特級畑から造った赤ワイン「リシュブール」は、2015年まで5年間、世界の高額ワインランキングで1位を独占していました。

1985年ものの平均取引価格は、なんと約190万円!

アンリ・ジャイエ氏はもともと、非常に評価が高く人気のあった醸造家ですが、2006年に死去されてからは、もう二度と手に入らないとして価値が高騰したようです。

2016年以降はワイン高額ランキングから名前が消えていますが、日本では現在でも非常に人気の高い銘柄です。

ワイン投資のリスク

ワイン投資を始める際には、リスクもしっかりと押さえておきましょう。

リスク1.短期的な投資には向かない

ワイン投資は、株のデイトレードやFXのように、短期的な利益が求められるタイプのものではありません。

ワインの価値は10年〜30年と年月をへて、年代物となってから上昇していきます。購入してから少なくとも5年以上は、じっくりと熟成させる忍耐力が必要となるでしょう。

リスク2.ワインの知識と目利きが必要

ワインの世界は非常に奥深く、知識も経験も求められることから、ワイン投資はハードルが高いと言われています。

さらに、以前は海外で問題にもなったことがある「偽ワイン」の危険性もあります。これは、安物ワインのボトルに高級ワインのラベルを貼り替えてワインの価値を偽るもので、非常に悪質な詐欺といっていいでしょう。

生産者と直接やりとりをする、もしくは、投資用ワインを扱う優良な会社を選ぶ目を持つことが、一番のリスク回避策となります。

リスク3.為替リスク

ワイン投資で取り引きされるワインのほとんどが、フランスを中心としたヨーロッパ諸国、アメリカ産です。購入時と売却時の為替差によって、利益が大きく左右されます。

リスク4.ワイン購入費のほか諸経費がかかる

ワイン投資は、一般的な金融商品に比べて各種手数料が比較的高くつきます。購入時と売却時の手数料、ほぼ必須となる倉庫保管料など、ワイン現物の購入費以外の諸経費が多いのです。さらに、売却益も課税対象となります。

ワイン投資の始め方

ワイン投資の基礎知識がひと通り分かったところで、次は、実際どのようにして始めたらいいのかを見ていきましょう。

ワイン投資は基本的に

  1. 買い付け=投資用ワインを探して現物を購入する
  2. 保管=ワインの保管場所を見つける
  3. 売却=価値が上がったときに売却する

という流れで行います。

1. 買い付け

投資用ワインは、次のような方法で見つけることができます。

  • 海外のワイナリーから直接買い付ける
  • ワイン商から購入する
  • 海外のワインファンドを利用する
  • ワインオークションで購入する

資本力のある海外の投資家などは、直接生産者と取り引きをしたり、樽ごと買い付けたりしています。また、海外では投資用ワイン専門のファンドがあり、一般の投資家の中にはワインファンドを利用している人もいます。

語学、とりわけフランス語や英語が堪能で、十分なワインの知識があれば、海外のワイナリーと直接やりとりして購入してもよいでしょう。しかし、これから始めようという場合は、信頼性の高いワイン商から購入するのがスタンダードなやり方です。半ケース、1ケースから投資できるので、ビギナーの方でも始めやすいというメリットもあります。

ワイン商の中でも世界的に有名なのが「ベリー・ブラザーズ&ラット(BB&R社)」です。17世紀創業のイギリスの名門ワイン商で、英国王室御用達という信頼性の高さに加え、日本支店があることも大きな魅力。

日本支店サイトでは日本語で情報収集できますし、ワイン投資についてのアドバイスを電話やメールで直接求めることも可能です。

何より、ワイン現物の購入だけでなく、保管や売却まで一貫してお願いできますから、投資家にとって非常に頼もしい存在といえますね。

ワインファンドについては、日本初のワイン専門ファンドとして注目を集めていたヴァンネットが2016年に破綻したため、世界の投資用ワインを扱うワイン専門ファンドは、2017年現在、日本に存在しません。

オークションは、掘り出しものを見つけるには有効な手段ですが、ビギナーの方は避けたほうが無難でしょう。ワインは本物と偽物の判断が難しい商品で、高級ワインには偽物も少なからず存在するからです。

いずれにしても、ワインの買い付けには相応の知識と目利きが必要になるため、ワイン投資は、ある程度上級者向けと言っていいかもしれません。

ワイン投資にかかる費用は、最低でも100万〜200万円程度は用意しておきたいところです。

2. 保管

ワインは非常にデリケートです。先にも述べましたが、振動、光、適切でない温度・湿度はワインの大敵。輸送時の振動でさえダメージとなる可能性があり、買い付けをした場所に保管用倉庫があるというのがベストです。

保管料は1ケース(フルボトル12本)で年間2000円程度から。一般的に、保管料には万が一破損した場合の保険料も含まれています。

3. 売却

購入したワインは値上がりを待ってワイン商に売却し、その差額が利益となります。また、個人で有名オークションにかけることも可能です。

思ったほど値上がりしなくても……

ワイン投資は、保管料をなど多くの諸経費に加えて為替リスクもあり、他の投資と同じ……いや、それ以上のリスクがあるかもしれません。

けれども、ワイン好きの方であれば、趣味を実益にできるというメリットも。期待したほど値上がらなければ、自分で楽しめばいいのです。自分で選び抜いたワインが、年月をへて熟成し、どのような味わいになっているか、それを堪能するのもまた一興というもの。

そう考えれば、ワイン愛好家にとってワイン投資に「損」はないとも言えるでしょう。

ワイン投資は、関連書籍も多数出ているので、ワイン好きの方、ユニークな投資に興味のある方は、この機会に検討してみても面白いのではないでしょうか。

▲TOPページへ

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集