特集:つみたてNISAってなんだ?

つみたてNISAと税金の「あまじょっぱいカンケイ」って?!

「非課税」だからこそのデメリットとは?

知識はあまりないけど、若いうちから投資をして将来に備えたい。そんなあなたにぴったりの新制度「つみたてNISA」が、2018年1月から始まります。

この特集では、つみたてNISAの全貌を、投資をまったくしたことのない人でも理解できるくらい丁寧にお届けしています。今回のテーマは「税金」です。

【前回までの記事はこちら!】
知識ゼロでもわかる「つみたてNISA」3つの特徴。そもそもなんで登場したの?
つみたてNISAが働く女性にとってうれしい3つの理由

***

☆登場人物紹介
ほなみ……大学生。老後が不安になって将来に備えて投資をしたいが、投資に関する知識がなくて困っている。
あんずちゃん……DAILY ANDSのゆるキャラ。株とお酒が好物。
あんずちゃんとは?

***

ほなみ「『つみたてNISA』口座では投資信託やETFに投資することができて、しかもその取引には税金がかからないって、以前、言っていましたよね?それってもしかして、『つみたてNISA』じゃない口座で取引をしたら税金がかかるってことですか?」

あんず「そうだね。通常、投資で出た利益に対しては20.315%の税金がかかるよ」

ほなみ「そこがよくわからないです!」

あんず「オッケー。今回は税金について解説するね!」

投資信託やETFにかかる税金って?

<あんずちゃんはまず、投資信託やETFにかかる税金について次のように解説してくれました>

投資信託やETFで出る利益には、主に次の2つがあります。

  • 分配金
  • 譲渡金

そして、もしこのような利益が出た場合には、20.315%の税金がかかり、手元には儲けたお金の8割しか残りません。

imageTitle

20.315%の内訳は、

  • 所得税…15%
  • 復興特別所得税…0.315%(2013年~2037年の25年間限定)
  • 住民税…5%

となっています。

・分配金とは?〜投資家に配られるお金〜

「分配金」とは、運用で出た利益の一部を「おすそ分け」するかのように、投資家たちに配分されるお金のことです。投資信託を運用して利益がでているときに分配される「普通分配金」と、損失が出ているにもかかわらず元本を切り崩して分配される「特別分配金」の2種類があります。「普通分配金」には税金がかかりますが、「特別分配金」には税金がかかりません。利益が出ていないからです。

・譲渡金とは?〜値上がりしたら得られるお金〜

譲渡金とは、投資信託などを売って得たお金のこと。購入した時より高く売ることができた場合、利益が発生するので課税対象になります。

あんず「『つみたてNISA』や『一般NISA』は、投資初心者でも資産形成しやすいようにとつくられた制度だから、そこで儲けた分には税金をかからないんだね」

ほなみ「『つみたてNISA』や『一般NISA』じゃない取引ってどういう種類があるんですか?」

投資信託が購入できる証券口座の種類は?

<次にあんずちゃんは「つみたてNISA」「一般NISA」以外の口座について解説しました>

2017年9月現在、投資信託やETFは、

  • 一般口座
  • 特定口座
  • NISA口座(つみたてNISA口座、ジュニアNISA口座含む)

から購入することができます。

一般口座と特定口座の違いって?

「一般口座」と「特定口座」はズバリ、「投資にかかる税金の計算を証券会社が代理で行ってくれるかどうか」が異なります。

「一般口座」では、顧客が自分で換金差益や分配金による利益を計算し、税務署へ行って税金を支払う必要があります。

一方、「特定口座」では、口座を開設している金融機関が利益を計算してくれます。さらに特別口座には「源泉徴収あり」と「源泉徴収なし」があり、「源泉徴収あり」を選んだ場合、金融機関がそのまま確定申告をしてくれます。「源泉徴収なし」を選んだ場合、確定申告は自分で行う必要があります。

  • 一般口座…自分で利益を計算して、確定申告も自分で行う
  • 特定口座…金融機関が利益を計算して、「源泉徴収あり」であれば金融機関が確定申告を行う、「源泉徴収なし」は自分で確定申告を行う

ほなみ「自分で利益を計算して確定申告もやるなんて大変!金融機関が税金を代理で納めてくれる、『特定口座』の『源泉徴収あり』で決まりですね!」

あんず「ちょっと待って。そうとも限らないんだよ。投資で損失を出した場合、自分で確定申告をした方がおトクなこともあるんだよ」

自分で確定申告をした方がおトクになる場合

あんず「例えば、A証券の口座で50万円の利益が出て、B証券の口座で20万円の損失が出たとしよう」

【A証券の口座で50万円の利益が出て、B証券の口座で20万円の損失が出た場合】
・確定申告しなかった場合
 税金の計算:50万円 × 20.315% = 約10万円

・確定申告をした場合
 税金の計算:(50万円 ー 20万円)× 20.315% = 約6万円

自分で確定申告すると、A証券の利益とB証券の損失を差し引きすることができて、節税になります。このことを損益通算と言います。

あんず損益通算をすると約4万円の節税になるんだよ」

ほなみ「それなら自分で確定申告に行きまーす!笑」

つみたてNISAなら非課税!

あんず「いろいろお話したけれど、この面倒くさい税金のことを一切考えなくていいのが『つみたてNISA』や『一般NISA』だよ!分配金も譲渡金も、非課税だもの」

ほなみ「素敵すぎる」

あんず「ただし、非課税ということで、押さえておくべき注意点が2つあるよ」

非課税だからこその2つの注意点

①つみたてNISA口座で損失を出してしまっても、普通の証券口座で得た利益と損益通算することができません。例えばNISA口座で20万円の損失、他の証券口座で50万円の利益を出した場合、約10万円(50万円✕20.315%)の税金を支払わなければなりません。

②通常の証券口座では、損失は3年間繰り越して損益通算することができました。つみたてNISA口座の損失は、繰り越すことができません。

つみたてNISAの非課税期間を過ぎるとどうなる?

ほなみ「あれ、20年が経った後ってつみたてNISA口座は使えないんですよね。投資信託はどうなっちゃうんですか?」

あんず「ざっくり言うと、20年経つ前に売却するか、そのまま普通口座に移行するかのどちらかを選ぶことになるよ」

・非課税期間内に売却する場合

当然ながら、売却益が出ても税金はかかりません。しかし損失を出している場合でも、損益通算ができないためそのまま売却することになります。

・保有している投資信託やETFを売却せずにそのまま保有する場合

つみたてNISA口座から特定口座もしくは一般口座に移行する必要があります。 特定口座や一般口座に移行した後は、分配金や運用益に20.315%の税金が課されます。

つみたてNISAの非課税は、メリットでもありデメリットでもある

あんず「非課税ということを大きなウリとしている『つみたてNISA』だけど、あくまで嬉しいのは利益が出たときの話し、ということ。もし、NISA口座で損失を出した場合は、税金という側面では少しもったいないんだね」

ほなみ「『つみたてNISA』と税金は、あまじょっぱいカンケイなんですね……」

あんず「こんなふうに、一見、パーフェクトに思える『つみたてNISA』にも欠点があるということ。次回はつみたてNISAのメリットとデメリットを徹底解説するよ。お楽しみに!」(続く)

▲TOPページへ

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集