(画像=Twitterより)

不労所得に教わったこと。「私たちは会社にしがみつかなくてもいい!」

ブロガー「あきんこ」さんインタビュー③

もともと投資にまったく興味はなかったけれど、結婚を機に不動産投資をスタートし、今では夫婦で会社員として働きながら不労所得を得ているアラサーOLブロガー「あきんこ」さんにインタビューをしています。

【前回の記事はこちら】
家賃はムダじゃない!OL投資家が自宅を買わない理由

全4回のうち3回目となる今回は、

  • 投資をスタートさせて変わったこと
  • 投資に対する姿勢の男性と女性の違い

といった内容をお届けします。

「あきんこ」さんプロフィール

あきんこさん
アラサーOL。既婚で夫と1LDKの賃貸に2人で暮らしている。「あきんこの人生を楽しく過ごすためのお金ブログ」を運営。

<不動産について>

  • 夫婦で2戸ずつ計4戸所有
  • いずれも単身者向けのワンルーム
  • 東京都23区内
  • 築5〜10年の築浅物件

imageTitle (画像=DAILY ANDS編集部)

資産について考えるようになって、日々楽しい

ーー実際、資産運用をやろうと思った当時のことをお聞きしたいのですが、ブログでは、勤務先について不安になったというお話もありました。

勤めていた会社の経営状態が悪くなったことがあって、そのときに手当てが少なくなったんです。そんなに大きな打撃ではないんですけど、今までもらっていた手当てがもらえなくなったことが、「将来、大丈夫かな?」って考える大きなきっかけになりました。

ーー今振り返って、ギャップ、というか、当時の自分はこういうことがわかっていなかったな、ということはありますか?

お金を得る方法が、それまでは自分で働いて稼ぐしかないと思っていましたが、そうじゃないやり方があるんだな、っていうことが一つ。あと、世の中の得する人たちって、いろいろなことを知っているんですよね。税金だったり、いろんなことを知っている。自分はそれまで全然意識していなかったと思います。

ーー確かに。知っている人って、なぜそんなにたくさんの情報を知ってるんでしょうね。

資産とか、そういうところに意識を持っている人たちって、自分たちの資産を守りたいと思っているし、どうしたら増やせるかって真剣に考えていると思います。考えているか、考えてないかの差が大きいのかなと思います。

私も自分の資産について意識したことはありませんでした。でも、興味を持ち始めた今のほうが日々、楽しいですよ。ブログを始めたのも大きいんですけどね。

20代の女性に向けた情報を自分で発信

ーーブログっていつから始めたんですか?

今年の2月です。そこからいろんな投資家ブロガーさんたちと知り合って、実際に会ったりもして、飲み仲間もできて、楽しくなったと思います。不思議ですね、リアルと非リアルの世界を分けていたはずが、少しリアルと混ざってきちゃって。

ーーもともとのリアルの方では資産運用の話はしない?

しないですね。会話にも出てこないです。それまでの自分も、絶対投資の話を周りにしませんでした。

ーーブログをやろうと思ったきっかけは何かあったんでしょうか?

私は自分がブログを始めるまで、ブログを全然見たことがありませんでした。でも不動産投資について調べていると、20代の女性に向けたものがないなと思って。ほかの人たちがやってないなら、自分でブログを書いたらおもしろいかな、と思ったんです。男性で40歳とか50歳の人が書かれている資産運用のブログはいっぱいあるんですけど、女性が気楽に読めるようなものはあまりないな、と思いまして。

男性はマニアック、女性は幅広くネタを収集

ーー同じ歳くらいの女性の投資家さんとの出会いはありますか?

ありますよ。同じアラサー仲間みたいなかんじで、オフ会をやったりもします。

ーー女性でだいたいこのくらいの世代の人で、ブロガーさん同士で集まったら、どういう会話になるんですか?

基本的に投資の話やお金の話は多いですね。iDeCoやってる?とか、ふるさと納税何してる?とか。

ーー男性の方のお知り合いもたくさんいらっしゃると思うんですけど、違いはありますか?

全員に当てはまるわけではないのですが、男性の方はマニアック、つまり突き詰めるタイプの方が多いように思います。指数にすごく詳しかったり、データを見て分析することが大好きだったり。一方、女性は深くというよりも幅広くネタを持っていて、女性の勘みたいな、これがなんとなくいいと思ったから投資したとか、感性で投資判断をされる方が多いという印象がありますね。

今を楽しむための投資をしている

ーーわかるような気がします。そう考えると、女性にとって投資ってどういう存在なのでしょうか?あきんこさんご自身の思いでもいいんですけれども。

それをやっていることで今がすごく楽しめるもの、安心して今を楽しむための投資という感じでしょうか。将来のためでもあるんですけど、将来の不安があると今を楽しめないと思っています。私は将来に向けた長期的な投資をやっているんで、将来に対する不安は今はありません。

ーーそれはすごく共感できます。自分の話になってしまうんですが、以前、新聞社に勤めていた時、夜勤や急な休日出勤があったりして、いつまでこの仕事続けられるんだろう……という不安がありました。資産運用していれば、もうちょっと安心できたかもしれません。会社に頼らなくても生きていける自信というか、会社に期待しなくてもいいんだ、という気持ちというか。

そうそう。それはすごくあって、投資を始めてから、会社のことを1歩引いて見られるようになりました。それまで会社にしがみつかなきゃみたいな気持ちがあったんですけど、それが、何かあってもなんとかなるよねっていう、安心感はありますよね。

ーー会社勤めの人は、信用力っていう資産があることもあまり気づかないかもしれません。

そうですね。不動産を買ったときに、会社に勤めているところのメリットをすごく生かせたなっていうのを、はじめて感じました。それまでは、当たり前のように会社に行って、給料もらっているだけだったんですけど、別のところでこんなに生かせるものがあるんだって思いました。使えるものは最大限使いたいなと思います。(④<最終回>に続く)

今回、取材に協力してくれたのは

「あきんこの人生を楽しく過ごすためのお金ブログ」
アラサー会社員のあきんこさんが実体験を交えてお金の知識を紹介するブログ。1年の収支や資金運用計画も公開している。

【前回の記事はこちら】
家賃はムダじゃない!OL投資家が自宅を買わない理由

▲TOPページへ

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集