(写真=Sodan)

年金の受給資格期間が25年から10年に!これによってどう変わる?

制度改正による私たちへの影響について解説します

2017年8月より、年金を受給するのに必要な加入期間が25年から10年に短縮されました。そこで今回は、なぜ制度が改正されるのか?また、制度改正による私たちへの影響について解説したいと思います。

年金受給資格期間が10年に!制度改正の背景とは?

年金,受給資格期間,制度改正 (写真=Sodan)

みなさん、2017年8月から国民年金の受給要件が変わったことをご存知でしょうか?

どのように変わったのかというと、改正前は国民年金を受け取るのに免除期間と納付期間を合算して25年必要でしたが、これが10年に短縮されました。受給要件が25年から10年に短縮されたということは、受給の要件が緩和されたということです。つまり、今回の改正で「初めて国民年金を受給できるようになった!」という方が多く発生することになります。

では、なぜこのような制度変更になったのでしょうか?

大きく、「年金を受け取れない方(無年金者)への救済措置」と「現役世代への加入勧奨」という2つの側面があると言えるでしょう。

まずは、「年金を受け取れない方(無年金者)への救済措置」についてです。たとえば、専業主婦の場合を考えてみたいと思います。現在は、専業主婦の方も第三号被保険者として年金を受給することができますが、かつては自分で年金保険料を納めていないと被保険者になれませんでした。そのため、新卒で入社して数年働いた後に結婚退職した専業主婦の方などの場合、現在年金を受け取れていない……という方も少なくありません。しかし、今回の制度改正によって受給資格期間が10年に短縮されるため、かつては受け取れなかった方も年金を受け取れる可能性が出てくるというわけですね。

次に、「現役世代の加入勧奨」についてです。若い時は、なかなか老後について考えることができませんよね。ところが、年齢を重ねるにつれ、老後の生活がリアルになってくる時が必ず訪れます。その際に、「若い時は年金に未加入だったけれど、だんだん老後が心配になってきたから今から加入したいわ……」なんて考えに至るケースもあるでしょう。こんな時にネックになるのが、「25年」という期間です。「今から納付しても、25年に達しない……」という場合、たとえ年金ニーズがあっても納付はしてくれないでしょう。ところが、25年から10年へと期間が短縮されれば、「今から払えば給付要件を満たせる」という方は年金保険料を納付してくれることが期待されます。

また、受給資格期間の短縮によって、もう50代だから60歳まで10年を切っているという方にもチャンスが訪れます。基本的に、年金は20歳~60歳まで40年かけて納付するものというイメージがありますが、満額納めていない方は60歳~65歳まで任意加入することができるのです。今回の制度改正は、現在年金保険料を納めていない現役世代がこれから年金保険料を納めるためのきっかけにもなり得るというわけですね。

制度改正による注意点とは?

年金,受給資格期間,制度改正 (写真=Sodan)

今回の改正で、すでに年金受給世代の方のうち年金をもらえる人の数も増え、現役世代においても将来的に年金を受け取れる方の裾野は広がると言えそうです。そういう意味でも、とても意味のある制度改正だと思いますが注意点もあります。

それは、年金の受給額です。国民年金は、納付期間によって将来受け取れる額が異なります。当然ですが、40年間きっちり納付した方と、10年しか納めていない方が同じ年金受給額では不公平ですよね。基本的には、期間に応じた受給額となるので、満額受給者(40年納めた方)と比べると、10年間しか納めていない方の年金額は4分の1となります。具体的には、現在の国民年金の満額受給額が779,300円/年ですので、単純に4分の1とすると194,825円/年、月額換算すると約16,235円/月です。とてもではありませんが、国民年金だけで老後生活を送るのは不可能でしょう……。

上記を踏まえて……老後の備えをどう考えるべき?

年金,受給資格期間,制度改正 (写真=Sodan)

前述のとおり、国民年金だけで老後生活を送るのは不可能といえます。よって、制度改正によって新たに年金を受給できるようになったからといって、ご自身で老後の蓄えをしていく必要があることには変わりありません。ぜひ、少しでも早く老後に向けて資金準備をしていくようにしましょう。

その際に、老後までにどれくらい貯める必要があるのか?という目標貯蓄額を出すと、よりリアルになるのでおすすめです。こうした算出をするのにプロのFPはとても有効ですので、ぜひ一度プロのFPに相談してみてくださいね!

ブロードマインド株式会社
執筆者:お金の専門家 平原 直樹
第一種証券外務員を保有するお金のプロ!難しいお金の話を分かりやすく解説します。

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集