(写真=Popova Valeriya/ShutterStock)

美味しくて投資も出来る!新宿伊勢丹「デパ地下」銘柄

お買い物ついでに売れてるお店もチェックしちゃおう

デパ地下はグルメの宝庫。キラキラと美しく並べられたお惣菜を見て回るだけで、気分が上がります。お気に入りをいくつか買って食卓に並べれば、オシャレなホームパーティだってすぐに開けそう。

そんなデパ地下ですが、実は株式の投資先としてチェックしておきたい企業がたくさんあります。そこで、今回はデパ地下に目を向けて、お惣菜からスイーツまで、ホームパーティ向けのおいしいものを探しながら、銘柄のリサーチもしてみましょう。

構造改革真っ只中!まずは伊勢丹へ

やってきたのは、新宿三丁目にある「伊勢丹新宿店」のデパ地下です。地下鉄直結でお買い物できる便利さと、テレビなどでもよく取り上げられるグルメ天国とあって、常にたくさんの人でにぎわう人気ぶり。

伊勢丹新宿店は三越伊勢丹ホールディングス <3099> の旗艦店ですが、この三越伊勢丹ホールディングスは、2017年4月に杉江俊彦新社長が就任してから、経営陣を大幅刷新しての構造改革真っただ中。

同社の株価は低迷続きでしたが、インバウンド需要の復調や、8月に発表されたばかりの第一四半期決算が底堅い内容だったことから、株価の見直し機運が高まる可能性もあります。

まずはサラダのRF-1を展開する「ロック・フィールド」へ

地下1階の入り口から、和菓子・茶の道を抜けて惣菜・弁当コーナーに向かいます。今回のホームパーティはサラダが主役。そこで、独創的なサラダ惣菜で有名なRF1に向かいます。

チョレギ風がクセになる「胡麻油がクセになる 炙りマグロのサラダ」や、冷えた白ワインに合いそうな「炙りホタテとグレープブルーツカルパッチョ風サラダ」など、花束のように美しく盛り付けられたカラフルなサラダにトキめきます。

RF1を展開するロック・フィールド <2910> は、レストランシェフ出身の岩田会長兼社長が1972年に神戸市で設立しました。商品開発力には定評があり、「グリーングルメ」「神戸コロッケ」「いとはん」など、異なったコンセプトで複数のブランドを展開しています。

主力は百貨店ですが、駅ナカへの展開もあります。今期の会社計画では、パック商材の拡充や夕食以外の商品投入で連続最高益を予想。

野菜高騰ともなれば経営状況は厳しくなるかと思えば、実際には「材料を買ってサラダを作るより、サラダを買ったほうがお得」と感じる消費者が多いようです。契約農家から一定価格で調達している同社にとっては、むしろ追い風要因となっているわけですね。

メインディッシュはローストビーフの「柿安本店」

メインディッシュは、RF1の向かいにある柿安ダイニングへ。ここで手に入れたいのは、「こだわりローストビーフサラダ」。 サラダではありますが、ローストビーフのボリューム感がメインディッシュにふさわしいです。

(写真=Fredograf/ShutterStock)

柿安ダイニングを展開する柿安本店<2294> は、三重県桑名市で開店した牛鍋店が発祥の老舗。創業は明治4年です。こだわりの「松坂牛」と「柿安牛」をメインとして、百貨店に精肉、惣菜店などを展開しています。

今期の営業利益の会社予想は微増ですが、アイテム拡充や商品力強化に取り組んだことで、7月に発表された第一四半期の決算では大幅増益で好調。 好採算の和菓子事業や惣菜事業の出店による業績拡大を見込んでおり、株価の一段の成長には出店状況をチェックしていく必要があります。

スイーツはプリンの「モロゾフ」

ラストはスイーツ。エスカレーター脇の洋菓子コーナー、モロゾフへ向かいます。

お目当ては一番人気のカスタードプリン。モロゾフ秘伝のレシピで作られたプリンは、ガラス容器に入っていておもてなしにピッタリ! ズッシリ詰まった重さに期待で胸が高鳴ります。

モロゾフ <2217> は1931年に神戸で創業しました。百貨店向けが中心ですが、駅ナカや空港、高速サービスエリアなどで地域限定商品も展開しており、拡大中。

足元の業績は焼き菓子やプリンの好調で、2017年7月には通期の業績予想を上方修正し、株価は年初来高値を更新しています。洋菓子の原料は輸入品が多いため、円高は原材料費の負担減。同社にとってはプラス要因になっています。

***

ホームパーティ用のお惣菜を手に入れつつ銘柄のリサーチもできて、デパ地下の新しい楽しみ方が一つ増えそうですね。

親しい人とのひととき、とっておきのワインの栓を開け、グラスを傾けつつ、「野菜が高騰したとき、ロック・フィールドの株価はね……」なんて、投資話に花を咲かせてみてはいかがでしょう。

※本記事で紹介する個別の銘柄・企業名は、あくまでも参考として申し述べたもので、銘柄または企業株式等の売買を推奨するものではありません。購入は自己責任でお願いいたします。

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集