アクセサリーのシェアリングサービスで届いた3点セット(写真=筆者撮影)

シェアに月2万5000円。現代キャリア女性の「ものを持たない暮らし」

服やアクセサリー、ブランドバッグ、PCも

洋服やアクセサリーはもちろん、ブランドバッグもPCも。

2017年の日本はありとあらゆるものが「シェア」できます。

都内の外資系企業でPRを担当する弓子さん(42歳、仮名)もシェアリングサービスをよく活用する女性の一人。サービスにかかるお金は月々2万5000円。

「お金がないからシェア」するのではなく、「お金をかけてシェア」する、その意味とは?

現代キャリア女性の「ものを持たないライフスタイル」に迫ってみました。

実家からの引っ越しで「ものの多さ」にがく然

かつて「物欲の塊」だった弓子さんが、初めてシェアリングサービスを利用したのは30代半ばの頃。都内の実家から引っ越しをしたことでした。

「そろそろ実家から出ようと思ってはいたのですが、当時のサラリーでは実家より不便な場所にしか住めないことは明らかで。初期投資にそれほどお金をかけずに一人暮らしする方法を模索していたところ、友人の経営するシェアハウスへお誘いをいただきました」

東急東横線の駅から徒歩5分、部屋は6畳の和室でした。

ところが、いざ引っ越しをする時になって弓子さんは自分の持ちものの量にがく然とします。「靴や服、バッグ、本……目の前に並べてみると、あまりの多さにショックを受けました」

お気に入りだけを残したつもりでも、引越し先の広い収納スペースはいっぱいに。この経験で「自分は予想外にものを持っている。でも、活かしきれているのだろうか」という問題意識が生まれました。

住まいは購入。「持たない」ことに固執はしていない

シェアハウス生活を経て、弓子さんはそのうち、実家近くにマンションを購入しました。

「一番は親の勧めでしたが、同年代の友人たちから『今までいくらの家賃を払い続けてきたのだろう? マンションの頭金くらいになったかも』という話を聞いて、賃貸より分譲のほうがいいのかも、と感じたところもありました」

このことからも、弓子さんが、ものを「絶対に所有する」「絶対に所有したくない」と決めているわけではないことが分かります。

流行りものは借りるに限る

弓子さんはPRという仕事柄、人に見られる立場であり、「自分の見せ方」をよく知っている人たちと働いています。

「まわりの人たちはとてもおしゃれで、ダイヤの一点ものとかではなく、今どきのアクセサリーを身につけています」

でも「もの」本来の価値を考えたとき、流行りものを買うのはちょっともったいない。ですから弓子さんは、ひたすらティファニーのダイヤのピアスをしているといった状態でした。

あるとき、たまたま見ていたニュース番組で、シェアリングサービスの特集を見て興味を持ちました。月およそ7000円、3000円、と手ごろだったこともあり、早速申し込んでみることに。

サービスによって詳細は異なりますが、服やアクセサリーを3点、といった具合に、リクエストに応じてその人に似合いそうなものをプロが選び、定額配送してくれるといったものです。

「選んでもらった服装で会社に行ったら、周りの人から『今年の流行ですよね』と言われました。これはいいなって思ったんです」

imageTitle ある月に届いたアイテム。手持ちの服とも合わせやすそうです(写真=筆者撮影)

自分が持っている定番品とコーディネート

弓子さんは、「これ、いいよ」と周囲に情報を教えたところ、さっそく部下の女性も洋服のシェアリングサービスを始めました。ところが当時はサービス開始直後だったせいか、小柄なその女性に合う服は少なかったようです。

「私は標準体型なので、たくさんの種類から選べました。今は大丈夫だと思うのですが、自分の体型によって、合う、合わないはあるかもしれませんね」

大人の女性に向けては、こんなアドバイスも。

「私が利用しているサービスで届く服は、正直、ちょっとカジュアルなブランドです。それだけではどうかな、と思ったら、手持ちのちょっといいブランドものと合わせてみては。全体が底上げされて見えますし、ほどよく『いまどき』な感じが出ますよ」

ものと出会った瞬間を買う

弓子さんは、今では服とアクセサリーに加えて、ハイブランドのバッグ、最新のパソコンのリースで月額2万5000円を払っています。

マンション購入の際は「毎月の家賃がロスになる」が動機になったという話でした。シェアやリースでお金を払うことは、ムダとは考えないのでしょうか?

「住まいとの違いは、その『もの』が長い間使えるかということだと思います」と弓子さん。

例えば60万円の高級バッグは、買うときは満足感が高くても、それ1つだけを一生、ずっと持つ人は少ないでしょう。そのバッグに感じたトキメキも時とともに減少してきます。

私たちは案外、モノを買っているのではなく、モノを買った瞬間の高揚感を買っているのかもしれない。であれば、月額7000円といったお金を払って「モノと出会う回数」を増やし、満足感を得るほうがいい、と弓子さんは考えます。

パソコンも、月5000円程度でリースして定期的に替えることができれば、常に最新の機能が使えます。ですから、買うよりは結果的に「高あがり」になったとしても、リースのほうがいいという考えです。

imageTitle 大人気のBAO BAO ISSEY MIYAKE/ LUCENT BASIC TOTE。「借りる」からこそ色で冒険できます(写真=筆者撮影)

プロによるアドバイスも得難いサービス

弓子さんがシェアリングサービスを利用している理由の一つに、一部のサービスが行っている「プロの見立て」という要素もあります。

「服やアクセサリーをスタイリストが見立ててくれるサービスには、それだけで価値があると思っています。自分では挑戦したことがないタイプの服が届き、それが意外に似合ったときの喜びや、こんな風に合わせるといいというアドバイスをいただいて、やってみたらうまくいったなど、活かしかたによって得るものは大きいですよ」

弓子さんが月額2万5000円で買っているのは、そのものと出会った瞬間の喜びであり、専門家のアドバイスでもあるのです。

imageTitle パソコンも、月5000円程度でリースするサービスを利用(写真=筆者撮影)

所有とシェア。メリハリのある暮らし

「私は新卒で入った会社で、お給料がとてもよかったんです。理由は月 120時間も残業していたからです」と弓子さん。

「夜中の12時まで残業して、朝7時半に会社に行かなければならないような生活でした 。 人がどんどん辞め、私のような元気なメンバーにしわ寄せが来たのです」

ストレス解消は週末のショッピング。しかも月曜日の会話は「週末、何を買いました?」で始まり、「5000円のストッキング買っちゃった」「やっちゃいましたね~」のようなやりとりも、よくあったとか。

そんな「物欲まみれ」の生活から、30代半ばに「ものがありすぎる」ことにはっと気づいたことで、やがてシェアリングサービスの利用へ。「持たなくても満足できるものは、持たない」という選択は、自然な流れだったと弓子さんは振り返ります。

「今後は、カーシェアを利用して行動範囲を広げたいと思っていますし、高級家具のリースを利用して、部屋の模様替えをするのもいいですね。両方とも、自分にとっては、所有しなくても使えれば満足できるものなので」

一方で、所有して大切にしていきたいものもあります。

「最初のボーナスで買ったロレックスのヨットマスターは、大切なものです。最近は、ヴァン クリーフ&アーペルのスウィート アルハンブラのピアスを定価で買いました。長く身に着けていきたいですね」

(弓子さんへのインタビュー、おわり)

▲TOPページへ

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集