無印良品とコラボしたお部屋(提供=UR都市機構)

タワマンより団地のほうが快適!? 実は暮らしやすい団地住まいの魅力

古くさくて住みづらかったのは、もう過去の話!?

どんなところに住むのかはライフスタイルの要。働く女性にとって「自分のお城」とも言える住居には、こだわりや思い入れが強い人が多いはず。そんななか、セレブなイメージのある「タワーマンション」への憧れは根強く残っているようです。

しかしその一方で、「団地」と呼ばれる集合住宅への注目が高まりつつあります。実は、かつての「古い」とか「窮屈」とか、必ずしもいいとは言えないイメージが少しずつ払拭されてきているんです。団地ならではの魅力も改めて評価され始めています。

そこで、全国で1600以上の団地を管理しているUR都市機構(以下、UR)の小川絵美子さんと橘亜希さんに、団地暮らしのいいところについて話を聞きました。

団地暮らし4 お話を伺った小川さんと橘さん(写真=筆者撮影)

洗練された雰囲気の部屋にも住める

団地というと建物が古くて、いまのライフスタイルには合わないのではと思っている人も多いはず。しかし、建物自体は定期的に内装のリノベーションを行っているため、快適な生活に必要な設備は新しいものが揃っているのだそうです。

「キッチンや水廻りなど、消耗品である設備は定期的に新しいものに取り替えています。単身世帯や核家族が増えてきているなかで間取り自体を大きく変えている部屋もあります」(小川さん)

またURでは、無印良品やIKEAイケアといったブランドとコラボレーションして、「団地」というイメージとはかけ離れた、洗練された雰囲気の部屋を作るプロジェクトを行っています。

団地暮らし2 無印良品とコラボしたお部屋(提供=UR都市機構)

「企業とのコラボレーションプロジェクトは、若年層の方々に団地住まいのきっかけになっていただけるよう入居率を高めるため、キャッチーなものを作ろうとしたのがきっかけで始まりました。『MUJI×UR団地リノベーションプロジェクト』では、もともとの柱や梁を活かしつつ、押し入れは襖を取り払ったりったりキッチンと同じ高さのテーブルを備え付けたり、住む人が自由に使い方を工夫できるような部屋になっています」(小川さん)

団地暮らし1 イケアとコラボしたお部屋(提供=UR都市機構)

団地ならではの広々とした間取りに、洗練された雰囲気の内装。ぜひ住みたいと思う物件ばかりです。

また、UR以外の住宅供給公社や民間企業でも、団地のリノベーションを積極的に行っているのだそう。デザイナーが設計を手がけている物件も多くあります。民間の賃貸住宅にはない魅力的な部屋がたくさんあるんですね。

URには働く女性向けに作られた部屋がある!

URが管理している団地には、働く女性向けに企画された「UR COCOCHI」というシリーズがあります。女性がとくに気になる「水廻り」「収納」「セキュリティ」に着目し、「女性目線による心地よい暮らし」をコンセプトに女性職員が企画している部屋なのだそうです。

団地暮らし3 UR COCOCHIのお部屋(提供=UR都市機構))

「水廻りのキレイさや、収納の多さは女性ならではのチェックポイントですよね。さらにひとり暮らしなら、安心安全に暮らせることは最優先事項。現在、関東を中心に11団地に取り入れられています(H28末現在)」(小川さん)

「UR COCOCHI」の部屋はリノベーションによって、清潔感のある洗面台やキッチン、広いクローゼットやシューズボックス、モニター付きインターホンやオートロックなどが備え付けられています。女性ならではのチェックポイントをちゃんと満たしてくれているのがうれしいですね。

共有地から生まれるコミュニティの「ゆるいつながり」

また、団地は女性にとって魅力的な点もあります。それは、周囲の住人と「ゆるいつながり」のコミュニティを築けること。団地内の共有スペースで住民同士の交流が生まれるため、コミュニティが形成されやすくなっているんです。

「敷地の中にある公園や集会所といった共有スペースを使うことで、住民同士が自然と顔見知りになっていくんです。共通の趣味を持つ人たちでサークルを作って、定期的に集会所で集まっている人たちもいます。とはいえ、組合に入らないといけないとか、ご近所づきあいが必須とか、そういう窮屈なつながりではありません。挨拶したり、少し立ち話したりする、ゆるいつながりを作ることができるんです」(橘さん)

核家族の世帯が増えているなかで、コミュニティのなかで生活できる場所はそんなに多くないはず。これが団地暮らしの大きな魅力のひとつです。

とくにマンションで暮らしていると、人と人とのつながりが感じられず少し寂しい思いをすることもあります。あまりにも密接なつながりは窮屈で面倒ですが、団地のなかで生まれる「ゆるいつながり」は、女性のライフスタイルにとって魅力的なポイントとなるのではないでしょうか。

実は、小川さんと橘さんは以前同じ団地に住んでいたことがあるのだといいます。

「ふたりでご飯を食べに行ったことがあったよね。仕事から帰ってきてひと息ついたころ『たまには飲みにでも行こうか』って連絡して」(橘さん)

「団地の1階に韓国料理屋が入っていたから、そこに行ったんだよね。ずっと行きたいと思ってたんだけどひとりでは入りづらかったから……」(小川さん)

帰宅してから、誘い合わせて敷地内や周囲のお店にご飯を食べに行ったり、お酒を飲みに行ったり。想像するだけで楽しそうです。働く女性のひとり暮らしなら、女友だちと一緒に同じ団地に住むという選択肢もありかもしれません。

女性が住む場所の選択肢として団地は大アリ!

人と人とのつながりを感じられ、快適な生活ができる周辺環境が整っている団地暮らし。働く女性が住む場所として、再評価すべき選択肢のひとつと言えるのではないでしょうか。

筆者は個人的に、仲のいい女友だちと同じ団地にお互いひとり暮らしをして、たまに集会所を一緒に使ったり、作りすぎたおかずを分け合ったり、近くまで飲みに出かけたり、そんな生活がとても楽しそうだと感じました。ひとり暮らしをしていると、たまにどうしようもなく寂しくなってしまうときもありますが、同じ敷地内に気の置けない友だちがいると思うと心強い気がします。

次の住まいを探すなら、団地という選択肢もアリかもしれませんね。

▲TOPページへ

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集