(写真=筆者撮影)

ロボアドバイザーに「中の人」!? 会ってきたら、こんな人でした〜アドバイス型編〜

「ロボアド合同記者レクチャー」 リポート・前編

「ロボアドバイザー(通称:ロボアド)」って聞いたことがありますか?

あらためて解説すると、スマホなどでいくつかの簡単な質問に答えるだけで、「ロボット」が私たちにピッタリの資産運用を提案してくれるという新しいサービスです。

でも、どんなロボットにも、そのシステムを開発したり、顧客に提案したりする「中の人」がいるわけで、どんな人たちなのか気になりませんか?

今回は、2017年7月に開かれた「ロボアドバイザー合同記者レクチャー」(会場:FINOLAB)というイベントに潜入。「中の人」たちを直撃してきました!

その模様を前後編でお届けします。

「ロボアドバイザー合同記者レクチャー」って何?

「ロボアドバイザー合同記者レクチャー」は報道関係者を対象に開催されました。

主催したのはなんと、ロボアドサービス提供企業13社。ライバル同士でもある13の会社が、ロボアドをもっと盛り上げようと集まったのです。それだけでもスゴイことですね。

そして今、国内に13社ものロボアドサービス提供企業があることも驚きです。

全13社をご紹介するのも難しいため、今回はその中から数社をピックアップしてお届けします。

「アドバイス型」「投資一任型」の違いって?

リポート前編ではロボアドの「アドバイス型」を、後編では「投資一任型」をご紹介いたします。

カンタンに解説しますと、

  • アドバイス型…投資の助言をしてくれる
  • 投資一任型…投資の助言をしてくれ、さらにその助言に沿った金融商品を継続して自動購入してくれる

というイメージです。

ファッションでいえば、コーディネートについてのアドバイスをくれるのがアドバイス型、さらにそのアドバイスに沿った洋服を継続して自動で購入して家まで送ってくれるのが投資一任型、というイメージでしょうか。

ちなみに投資一任型でも、「プロにすすめてもらったけれど、この色はちょっとね……」など、思うところがあれば、自分でコーデ(資産配分)を変えることもできます。もちろん「やっぱりや~めた!」と、購入しないのも自由です。

ワンクッションがあることで、試しやすくなるというメリットもありそうです。

「アドバイス型」の「中の人」たち

会場には、こんなアドバイス型ロボアドサービスがありました。

★銀行がつくったロボアド「SMART FOLIO」

みずほ銀行の「SMART FOLIO(スマートフォリオ)」は2015年10月に登場。「銀行口座でも使えるロボアド」というのが特徴です。

☆SMART FOLIO「中の人」

imageTitle (写真=筆者撮影)

一言コメント「『SMART FOLIO』はプロが活用する投資手法を無料でアドバイスします。『老後資金として65歳時点で3000万円貯める』等といったオリジナルの投資プランを設定でき、そのラップ達成率に応じて毎月フォローメールをお送りしていますので、見直しのタイミング等も逃しません。また非課税制度制度であるNISA(ニーサ)や、毎月コツコツ投資をする積立投信にも対応しており、毎月1000円からの少額投資が可能です」(東亜里紗さん/個人コンサルティング推進部)

編集部が試しに使ってみたところ、こんな資産配分を提案されました。

  • 国内債券:16%
  • ヘッジ外債:18%
  • 海外債券:3%
  • 国内株式:8%
  • 海外株式:31%
  • 国内REIT:10%
  • 海外REIT:14%

画像縮小

10年後には、資産がどれくらいになっているか?という予想も出てきました。

画像縮小

体験版ならPCやスマホで専用サイトにアクセスするだけで、誰でも利用できます。

★女子向けなアプリを提供「FUND ME」

三菱UFJフィナンシャル・グループのネット証券、カブコム <8703> で利用できるのが、「FUND ME(ファンドミー)」です。

☆FUND ME「中の人」

imageTitle (写真=筆者撮影)

一言コメント「『積立投資』や『複利効果』という言葉をご存知でしょうか?投資はお金がたまってから……と考えてしまいがちですが、毎月コツコツと積立てを行い、日々の価格変動に捉われず、じっくり資産を育ててゆくことも大切です。当社では、通信教育大手のBenesse社が監修したオンライン動画教育コンテンツ『kabu.study(カブスタディ)』もご用意(もちろんFUNDMEの使い方も丁寧にご説明!)していますので、初心者の方でも安心してご利用いただけます」(松永 亜弓さん/ビジネスプロモーションマネージャー)

編集部が試しに使ってみたところ、こんな資産配分を提案されました。

  • 国内株式型…20%
  • 先進国株式型…20%
  • 国内債券型…20%
  • 国内REIT型…15%
  • 先進国債券型…10%
  • 新興国債券型…10%
  • 海外REIT型…5%
  • 新興国株式型…0%

画像縮小

リスクレベルは4段階中「3」ということで、少し高いのかと思いきや、全体の利用者の中ではどうも低いようでした。

画像縮小

スマホアプリ(Android 4以上、iOS 8以上に対応)になっているので、診断結果を保存することができます。回答を変えてみて、いくつかの資産配分を比較してみても楽しいかもしれませんね。

おしゃれな雰囲気のデザインに、「もしかして、女性ユーザーを意識したのでしょうか?」と尋ねたところ、やはり、アプリ開発を手掛けたのは女性社員中心のチームとのことでした。

次回は「投資一任型」の中の人をリポート!

主要なアドバイス型ロボアドを2つご紹介しました。後編では、運用やリバランスなどもお任せできる「投資一任型」のロボアドを、前編同様「中の人」とともにお伝えします!(後編に続く)

▲TOPページへ

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集