(写真=筆者撮影)

「がん治療しながら働く」ために本当に必要なことは何か?

8月1日ライフネット生命イベントリポート・前編

「多くのがんサバイバーの声をどうぞ活かしてください」(50代・男性)

ライフネット生命保険はこのほど、がん経験者572人に「日々の生活」「お金」「仕事」などについての実態を調べるアンケートを実施しました。

そして冒頭の言葉は、回答者から寄せられた、切実な声。

医療技術の進歩や早期発見などによって、がんの5年相対生存率は6割以上にアップしています。がんにかかる人の3割は働き世代です。

がん治療をしながら仕事をするには、さまざまな「困りごと」が起きますが、経験者はどんなことに困っており、またもし自分が経験者になったら、それらをどう解決したらいいのでしょう?

この記事では、そのアンケート結果が紹介されたマスコミ向けイベントの様子とともに、アンケートの内容をお伝えします。

終盤では病気治療などでの傷跡や、変化した外見をカバーする、「カバーメーキャップ」の体験もリポートしています。

「働きながら、がん治療をする」時代に

イベントは8月1日、がんを治療しながら働く人のニーズに合わせた「ライフネットのがん保険 ダブルエール」の発表会として都内で開かれました。

ライフネット生命は、2010年に日本で初めて、病気などで働けなくなったときに一定の保険金が支払われる、個人向けの「就業不能保険」を発売しました。

イベントに登壇した岩瀬大輔社長は「支払われた保険金のうち59%が、がんによる就業不能でした」と語ります。(以下、カッコ内は全て岩瀬さん)

がんにかかる人の約3割は、現役世代なのです。そして、東京都福祉保健局「がん患者の就労等に関する実態調査」によれば、がんにかかった75%の人は、退職せず仕事を続けています。

imageTitle (写真=筆者撮影)

がん治療中は「収入が減り、治療費がかかる」

「がん」にはかつて、「死にいたる病」というイメージがありましたが、早期発見ができれば、仕事に就きながら治療、復帰することも可能な病気になっているのです。

そうなると、問題になってくることの一つが「収入」。

「572名のがん経験者の方に行ったアンケートの結果、がんにかかった後では2割くらい収入が減ってしまうことがわかりました」

ライフネット生命のアンケートによると、回答者のがん罹患前の平均年収は415万円だったのに対し、がん罹患後には332万円となっています。

収入減少に至った理由は、次のような結果に。

  • 休職…35%
  • 業務量のセーブ…33%
  • 退職…25%
  • 転職…17%
  • 残業ができなくなった…15%
  • ならし出勤…10%
  • 役職変更や配置転換…10%
  • 流動的な休憩取得…3%
  • その他…18%

健康なときにはなかなか想像できませんが、手術後に体力が落ちる、抗がん剤治療で具合が悪くなってしまうなどで、同じペースで仕事ができないこともあります。

病気を理由に退職した場合はもちろんですが、体調不良や治療で仕事を休む、業務量を減らすなどすることが、収入減につながってしまうのです。役職を降格する、正社員からパート社員勤務に勤務形態を変えた例もありました。

がんなどの病気に罹患した場合、私たちには公的医療保険のサポートもあります。そこで、公的制度で経済的に足りたかどうか?もアンケートでは質問しています。

▽公的制度の利用で、金銭面は足りたかどうか?(緑色は「十分足りた」「どちらかと言えば足りた」、オレンジ色は「どちらかと言えば足りない」「まったく足りない」
imageTitle (画像=プレスリリースより)

全体平均では、「足りた」「足りない」の割合はほぼ半分ずつとなりました。正社員に限って言えば、「十分足りた」(15%)、「どちらかと言えば足りた」(40%)となり、55%の人が「足りた」と答えています。一方で、自営業・自由業の7割、パート・アルバイトの6割が「公的制度では不足」と回答しています。

がん治療中は「日常生活の困りごと」も増える

「治療を続ける中で、日常生活で困ったことも伺ってみました。まず、具合が悪いときには家事全般ができなくなってしまう、買い物にも行かれない、病院に通うのに電車に乗るのも大変だが、タクシーを頼むのはちゅうちょしてしまう、などの声が多く出ました」

▽がん罹患後、女性が生活で困ったこと(複数回答、456人)

  • 治療や体調の相談…43%
  • 外見ケア…43%
  • 買い物…39%
  • 食生活への配慮…39%
  • 通院…37%
  • 炊事…36%
  • 医療情報の取得…31%
  • 掃除…28%
  • 生活費…26%
  • 洗濯…25%
  • 隣人・知人とのコミュニケーション…24%
  • パートナーとのコミュニケーション…23%
  • 親族とのコミュニケーション…20%
  • 育児…19%
  • 家にいることのストレス…18%

▽がん罹患後、男性が生活で困ったこと(複数回答、116人)

  • 食生活への配慮…53%
  • 治療や体調の相談…46%
  • 医療情報の取得…35%
  • 通院…34%
  • 生活費…28%
  • パートナーとのコミュニケーション…24%
  • 親族とのコミュニケーション…21%
  • 外見ケア…19%
  • 隣人・知人とのコミュニケーション…21%
  • 育児…16%
  • 炊事…11%
  • 買い物…11%
  • 家にいることのストレス…11%
  • 掃除…9%
  • 洗濯…7%

抗がん剤治療のために顔がむくんでしまうなど、女性からは、手術や治療で外見が変わってしまう場合の悩みもありました。こうした外見のケアは、働く上では大切なポイントになってきそうです。

新しい保険の生活支援サービス

こうした、患者の声をくみ上げて生まれた「ライフネットのがん保険 ダブルエール」では、働きながらがんを治療する「サバイバーシップ支援サービス」を設けました。

会場には、この支援サービスで提携している企業の中から、タクシー会社「日本交通」の川鍋一朗会長、家事サポートサービスの「ベアーズ」の高橋ゆき取締役副社長も駆けつけていました。

この支援サービスで、日本交通では、介護などの資格を持ったドライバーが、病院などへのお出かけをサポートします。ベアーズでは、家事全般からベビーシッター、買い物代行や通院時の付き添いなどを行います。

このほかにも、支援サービスには、病気を抱える人のニーズをよくとらえているサービスがラインナップされていました。例えば、カットしてあり、あとは調理するだけの野菜を届けてくれる宅配サービスです。

健康な状態では「そんな面倒なことをしなくても、できあいの料理を届けてくれればいいのに」と思うかもしれません。しかし病気のときは、小さなことで自信をなくしてしまいがちです。食材を包丁で切るという、健康ならできて当たり前のことができなくても、調理して完成させることが、小さな達成感につながったりもします。そんなニーズもあるのかなと筆者は感じました。

「この商品の販売で、がん保険のあり方を変えていきたいと思います」と岩瀬さんは締めくくりました。

imageTitle (写真=筆者撮影)

「カバーメーキャップ」を体験

会場には、「サバイバーシップ支援サービス」に参加している、「資生堂 ライフクオリティ ビューティーセンター」がブースを出していましたので、カバーメーキャップを体験してみました。

まず簡単なものから。筆者の腕のほくろを、専用のファンデーションでカバーしてもらいました。よ~く見るとファンデがのっていることは分かりますが、人の腕をじっくり見る人はまれですから、これだけでも「ほくろ」を隠す効果はありそうです。

imageTitle (写真=筆者撮影)

落とすときは油性のクレンジングで、通常のメイクと同じ要領で落とします。

「青あざ」はどこまでカバーできるか

次に、青い「あざ」のような色を腕につけたうえで、そこをカバーする方法を実演してもらました。

まず、元の腕と、そこに「あざ」に見立てた青い色を付けます。次に、カバーしたい部分の色によって、専用のファンデーション、今回は「青」をカバーする専用のファンデーションを「あざ」の上に、押さえるように塗っていきます。

毛穴の部分には色が残りがちなので、チップで色を埋め込み、パウダーをはたいた後、ブラシでパウダーを落として完成です。

青い「あざ」のあったとき(カバー前)と、カバー後の比較です。さらに、右手と左手で違和感がないように、調整の「色合わせ」を行うこともあるとのことでした。

imageTitle (写真=筆者撮影)

ぱっと見、どこにアザがあったのか全くわかりませんね!

同センターでは、訪れた人が自分でもできるようになるために、こうしたメイクアップのレッスンを行っています。

カバーメーキャップの実例を写真で見せてもらいましたが、手術による傷跡やあざなどをカバーするメイクの力に驚きました。病気や治療で顔面がゆがんでしまった人のために、眉の描き方などを工夫して、自然な印象にするメイクなどの例もありました。

筆者もいくつか病気の経験がありますが、仕事など社会と接しているときは、病気のことは忘れて集中したい、と思います。そうした意味からも、病気で外見に変化が生じ、治療をしながら社会生活を送るのにあたっては、このサービスは性別や年齢を問わず必要だと感じました。

同センターは東京・銀座に完全予約制のサロンを持っています。全国のカウンセリング店舗でもカバーメーキャップの相談ができるようです。

imageTitle (写真=筆者撮影)

次回は、治療と仕事を両立する、だいたひかるさんが登場

新商品発表会の後半は、乳がんの治療と仕事を両立するだいたひかるさんが、病気と仕事の両立などについて語ってくれました。病気発見のきっかけ、お金の話、心の支えになったパートナーの存在、そして仕事に感じている新たなモチベーションなど、など。後編もぜひご一読いただきたいと思います!(後編に続く)

imageTitle (写真=筆者撮影)

▲TOPページへ

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集