(写真=筆者撮影)

「ほったらかし」はNG!? 働く女性が投資で失敗したないためのポイント

「きんゆう女子。学院」入学体験リポート②

「イマドキ女子たちに混じって『お金の勉強』をしてきてもらえませんか?」

とDAILY ANDS編集部から指令を受け、働く女性がお金について学ぶ「きんゆう女子。学院」に入学したフリーライターの筆者。

今回は、2017年6月に東京証券会館の「CAFE SALVADOR BUSINSS SALON」で行われた、第3回目の講義の様子をお届けします。

【前回のリポートはこちら】
働く女性が本気でお金を勉強!「きんゆう女子。学院」入学体験リポート

今回のテーマは「投資信託&騙されない方法」

講義も今回で3回目とあって、始まる前、生徒さん同士でこれまでの講義の感想を話し合ったり、今日のテーマについて話したりと、リラックスした雰囲気です。

今回は、青沼見和先生(日本取引所グループ、広報・IR部)による「投資信託(☆)の種類について」と、関東財務局さんによる「悪い情報から自分の身を守る知識」の2部構成。

昨年に株式投資を経験し、今年から投資信託をスタートした筆者としても、気になるテーマです。

☆投資信託(ファンド)とは?
資産運用の専門家が株や債券などを取りまとめて運用してくれる金融商品。ひとたび資金を預ければ、その道のプロが経済動向や個別の企業についての情報収集をし、タイミングをはかって売買してくれる。ただし、プロが運用することに対する手数料がかかる。商品選びの際はよくチェックしよう。(参考:5分でわかる! 積立投資信託のアウトライン

投資信託には何がある?

前半は、青沼先生におる「投資信託の種類について」の講義。投資信託の種類は、主に下記の4種類があるそうです。

  • 債券投資型(日本・外国の債券)
  • 不動産投資型(日本・外国の不動産)
  • 株式投資型(日本・外国の株式)
  • バランス型(日本・外国の複数の資産に分散投資)

債券投資型<不動産投資型<株式投資型

の順番で、低リスク・低リターン→高リスク・高リターンとなり、高リスクになるほど手数料(信託報酬、☆)の金額が大きくなるそうです。

☆信託報酬(しんたくほうしゅう)とは?
投資信託を保有している間にかかる手数料のこと。継続的にかかるコストなので、初心者はなるべく低いものを選んだ方がよいと言われる。(参考:投資ビギナーのための投資信託キーワード

アクティブ運用とインデックス運用って?

投資信託の運用方法は、積極型運用(アクティブ運用)と指数連動型運用(インデックス運用)の2種類。

以前から「アクティブ運用とインデックス運用の違いって何?」と、イマイチ理解できていなかった私。

「日経平均株価(☆)などの指数に連動した運用を目指すのがインデックス運用。それを上回る運用成果を目指すのが、アクティブ運用です。信託報酬は、アクティブ運用の方が銘柄選択に調査や分析が必要な分、高い傾向にあります」(青沼先生)

と聞いて、ようやく違いを理解できました。

☆日経平均株価とは?
東京証券取引所の第一部に上場している企業のうち、取引がさかんな225社の株価の動きを反映したもののこと。日経平均株価を見れば、その日の日本市場の雰囲気をつかむことができるとされる。(参考:日経平均株価が上がると、私たちにいいことってあるの?

ETFって何の略?

続いて青沼先生が解説したのは、ETF(上場投資信託、☆)について。

実は講義の前、筆者のグループでも

「ETFって何なんだろう?」
「聞いたことはあるけれど、意味が全然分からない!」

という声が聞かれていました。

「ETFとは、

  • Exchange…取引所で
  • Traded…取引される
  • Funds…ファンド、投資信託

の3つの頭文字を取ったもので、『上場投資信託』と呼ばれています」

と、青沼先生。ご自身でも、ETFを保有しているそうです。

ETFの特徴としては、

  • 売買がいつでも可能
  • 少額、低コストによる取引
  • 分散投資が可能
  • 値動きのわかりやすさ

などが挙げられました。

☆ETF(イーティーエフ)とは?
Exchange Traded Fundsの略称で、国内外の取引所に上場し、通常の株式と同様に市場で売買される投資信託のこと。TOPIXや日経平均株価など、特定の指標に連動することを目標に運用されます。信託報酬などの運用コストが比較的低いのも特徴で、個別銘柄による分散投資に比べると、ETFは少額での分散投資が可能です。(参照:SMBC日興証券「ETF [上場投資信託]」)

分配金や利回りが高い「REIT」

次は、REIT(不動産投資信託、リート)について。

REITとは、多くの投資家から集めた資金で、オフィスや商業施設、マンションなど複数の不動産に分散させて投資を行い、家賃収入や売買益を投資家に分配する商品のこと。

不動産に投資をしたいと思った時、必ずしも「現物投資」にこだわるのではなく、REITなどの金融商品を選ぶ選択肢もあるんだな、ということを学びました。

「リバランス」が資産を増やすコツ!

青沼先生は投資の順番として、

  • 投資信託(インデックス運用)
  • 投資信託(アクティブ運用)
  • 株式など個別銘柄

の順番で行うのがおすすめだと言います。

確かに、株はチャートの見方や買い時などを学んだり、値動きなどをチェックする必要があるのに比べて、投資信託は購入後、特にやることがないため、投資初心者にとっては良さそうです。「個別銘柄を購入するのは、ある程度投資の勉強をしてからの方が良いと思います」(青沼先生)

ただし、投資後はそのまま「放置」するのではなく、「リバランス(配分の調整)」を行うことが大切なのだとか。

「例えば現在REITに投資をしていても、2020年の東京オリンピックが終了した後には、不動産市況が変化するかもしれないですよね。投資した後は半年に1回くらいのペースで、資産配分を見直しましょう」(青沼先生)

長期投資の場合、「投資後は何もしなくて良いかな」と考えていた筆者にとって、意外な言葉でした。

確かに、世の中の情勢に左右されるリスクが少なからずある金融商品。年に2回は「今の資産配分で大丈夫かな?」と、チェックをしようと決意しました。

「資産配分のシュミレーション」に苦戦!

講義の後は、「自分が資産配分をするなら、どのような割合にするか」というポートフォリオ作りを、グループごとに分かれて挑戦。

とはいえ筆者も含め生徒さんの多数が、投資未経験者や初心者。

「資産配分って難しい!」
「何をどれくらいの割合で配分すればいいのか分からない」
「投資をしたことがないからイメージが湧かない…」

という声が、あちこちで聞かれました。

私も、「自分だったらどうするかな?」と悩みながら、考えてみました。

imageTitle (写真=筆者撮影)

筆者が考えた資産配分は、

  • 預貯金…40%
  • 投資信託…35%
  • REIT…10%
  • 日本株…15%

です。

「もしもの時のために、預貯金はある程度持っておきたい。投資信託などのように、長期投資を前提とした金融商品の割合も多めにしつつ、自分の好きな会社の個別株も持ちたいな」

などと考えました。「自分のお金をどう配分するか考えるのって、難しいんだな」と、改めて思いました。

その他の生徒さんからは、

「少しでも多く、野心的にお金を貯めて投資したい」
「外貨積立や海外株にも、いずれは積極的にチャレンジしてみたい」

などの声が聞かれました。

「自分のお金をどう運用するか?」について、改めて考えるきっかけとなったようです。

投資の世界には、ルールを破る人がいる

後半は、関東財務局さんのお話。講義テーマは、「悪い情報から自分の身を守る知識」です。

「投資の世界には、ルールを破る人がいます」(関東財務局担当者)

担当者さんによると、投資のトラブルで多いのは、

  • 未公開株などの話を持ちかけて代金を支払ってしまった
  • 取引を行っていた業者と急に連絡がつかなくなった。調べてみると、海外無登録業者だった

……など。大手証券会社の名前をかたったり、電話番号を詐称して連絡をしてきたりする悪質な業者もいるそうです。

関東財務局さんでは投資のトラブルに関する電話相談を受け付けているそうです。

投資でだまされないための3つのポイント

この日の講義で教わった、投資で騙されないために必要なポイントは次の通りです。

  • 複数の金融商品やサービスを比較するなど、情報収集を怠らないこと
  • 信頼できる機関から、金融に関する正しい情報を得ること(金融広報中央委員会が運営する「知るぽると」など)
  • 自分が理解できない金融商品の購入は避けること

「投資の世界では、知識のなさなどにつけこんでくる悪い人がいます。みなさんには安心して投資を楽しんでもらいたいので、悪い情報には注意してください。万が一投資でトラブルに遭遇した場合は一人で悩まず、公的機関の相談窓口などにご連絡してください」(担当者)

メリハリある環境でお金について学べました

今回は投資信託に関する具体的なお話や、投資でだまされないための対策などがテーマだったため、生徒さんたちもしっかりとメモをとったり質問をするなど、真剣モードで講義に参加していました。

ただ、講義のところどころでは笑いが起きたり、講師の先生方や鈴木さん、生徒さんたちの和やかなムードが随所に感じられ、メリハリのある雰囲気で学ぶことができました。

「きんゆう女子。学院」入学体験リポート、最終回となる次回は、卒業式の様子をリポートします!(「きんゆう女子。学院」入学体験リポート③に続く)

▲TOPページへ

この記事をシェアする

個性的な連載で「投資」を身近に

一つのテーマを深掘り、おすすめ特集